こんな悩みを抱えていませんか?

  • 住宅ローンの支払いが厳しい
  • もう生活が限界!
  • 生活が成り立たない状態
  • 家計の見直しは困難

住宅ローン審査を通過させる時と同じ仕事で年収も変わらないのになぜ?

今からどうすればいいのかわからない。

「こんな状況になるなら、家なんて買うんじゃなかった!」

そんな悩みに対して、まずやっておくべきことを自らの体験からご案内しています。

住宅ローンが払えない時の流れ

何もしないまま放置していると、いずれは以下のような流れになるのが一般的。

  1. 延滞や遅延などの状況に至る

    銀行からの支払い請求についての書面が届くようになります。

  2. 催告書などの到着

    支払期限や一括返済、保証会社を通じての代位弁済、個人信用情報の登録等さまざまな内容が記載された用紙が届くようになります。

  3. 3ヶ月以上経過したら?

    滞納を続けている状態で、期限を完全に決められた状態になってしまいます。こうなると一括返済をするしか方法がなくなってきます。

    最後には、代位弁済通知書という書面に代わり、保証会社があなたに代わって住宅ローンの残債を払ってくれたから、今度は保証会社があなたに請求をしますよという最終ステージに変わります。

     

  4. 競売開始
  5. 裁判所の執行員による現況調査
  6. 期間中入札の通知
  7. 競売スタート

 

住宅ローンが払えない時の対処法

今支払いが困難という人の中には、いろいろな事情があります。

  • 夫がリストラや病気で失業中
  • ペアローンを組んだ妻が妊娠、出産で仕事を退職している
  • 離婚をして共有名義になっている

このように自分たちの状況が変わったことを説明したいと思ってもどのように話せばよいのかわからないということは多いです。

残された選択肢

  • 競売の入札だけは避けたい。
  • 解決するまで時間の余裕があるなら早めに対処法を知っておく必要がある。
  • 保証会社の代位弁済の後でも競売の申し立て前であればチャンスはある。
  • 任意売却をしたほうが得する可能性はある。
  • 自己破産をするべきかどうかは任意売却等の査定次第と言って看護ではない。

多くの人が、自分の家を失うことばかり考えてしまいがち。

リースバックという形なら、自分たちが住み続けることも可能になります。

任意売却をする際のポイント

任意売却等の専門会社であるだけでは不十分。

不動産の査定額は売却することに対して強みがある会社を選ぶことが重要です。

「お困り不動産どうする」

この会社なら、共有持ち分や立ち退きの問題、任意売却などさまざまな選択について、一括査定により多くの会社から見積もりを取ることが可能になります。

買取専門会社である強み

この会社の強みは、業界初のとなる買取専門会社。

  • 仲介会社に話をしても話が進まない
  • 査定額に納得ができない

このような悩みを抱えた状況でも時間に追われて納得できないがそのまま手放すというケースは多いです。

こういう事例にならないようにするには、買取に強い会社に任意売却を含めた相談をすることが重要です。