スポンサーリンク


35歳。

確かに住宅ローンを組むには、もうそろそろ定年後も返済期間になることを意識しなければ行けない時期に突入。

しかし、このタイミングでまだ独身。

今付き合ってる彼女も付き合う予定の女性もいない。

そんなタイミングで家を買うってなんのため?

この答えに、婚活の自分ん情報に持ち家ありと記入を出来るという事を答える人がいる。

でもコレって何か今の時代の流れに合っていないと思いませんか?

実際に私も独身時代に20代で新築マンションを購入した。

しかし、私にはマンションを買う理由が明確に決まっていた。

独身女性がマンションを購入するという流れが都心以外のエリアでも増えている。

しかし、このお金の使い方は何の為?

女性と男性の独身が自分の家を買うという行動には何かが決定的に違う。

私自身も実際に住宅ローンを独身で組んだ時にはローン貧乏の名にふさわしい地獄のような毎日を過ごしてきた時があった。

この経験を活かし、是非35歳独身で家を買うという人に、必要以上に住宅にこだわってほしくないという気持ちから今回の記事を書いています。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

さらに、今まさに住宅ローン返済がきつい、厳しい、苦しいと嘆く人に相談するべき相手の選び方を自らの体験を軸に公開しています。

今回の記事では、35歳独身が家を買うという流れで特に男性が一戸建てを購入する時の物件購入について、以下の項目でご紹介しています。

35歳独身男が家を買う価値に多い誤解

35歳独身男が家を買うのは婚活前後?

35歳独身男が家を買う時の物件選び方

スポンサーリンク

自分がこの先に今の賃貸中の物件を出て、お金を貯めたからこそ、家賃生活から持ち家の生活に変えたいと思っているなら、ちょっと待った!

せっかくそこまで真剣にお金関連の必要な時の準備が出来ているあなたなら、きちんと会社の今やローンのメリットも見つけられるはず。

でも、それとは違う買った後の婚活や結婚、恋愛という条件に対して気を付けておくべき情報をご紹介していきます。


スポンサーリンク

35歳独身男が家を買う価値に多い誤解

35歳独身家を買う

確かに今の時代に持ち家を購入しているというのはメリットと思う女性もいるかもしれない。

しかし、住宅という大きなお金を動かす時の決断に対して、女性がどう思っているのかを知ってほしい。

35歳独身男が買った家の価値

正直、ローンがある。

たったこれだけで収入における年収の額よりも最初から借金がある人となってしまうことをポイントにしているだろうか?

今の時代は車1台でさえ、どのように買っておくべきかを悩む時代。

会社に毎日通勤で使うという条件やその車種が欲しい理由などもきちんと必要としている。

つまり、ポイントとなるのは、年収の高い低いよりその内容を選ぶことで生じるローンなどの支払いを必要とする生活。

毎月の暮らしにも不明な点が多い中で、いきなり最初から用意された暮らしの基盤を全て一緒に使う。

これが女性から見て、魅力的に感じる暮らしになるのだろうか?

むしろ、多くの女性は、将来自分たちも一緒に選びたいと思っている事の方が多くなっていることをどこまで考えているのか?

自己満足の先に売却の可能性

自分が毎月の暮らしに必要な金銭感覚をどこまで持っていたのか?

この答えによっては、大きく暮らしの中で費用であれこれが足りないとなってしまっているケースもある。

すると、結婚してからの生活では、毎月の暮らしに必要な生活費や貯蓄などが難しい状態になっているけーすもあったりする。

こんな計画の中にいる人が実際持ち家だと言われても何も説得力も計画性も疑われてしまう。

頭金などの資金管理

貯蓄や口座残高。

こうした内容が、彼女が出来た後の結婚式も実際に計画出来るのか?

こんな内容にまで発展していく事は考えてあるのだろうか?

 

35歳独身男が家を買うのは婚活前後?

35歳独身家を買う事に女性の反応は

エリアによっては、十分住宅ローン控除などを受ければ生活には困らないという事もあるのかもしれない。

しかし、結婚する時には夫婦としてお互いが仕事を探しやすい環境を求められることもある。

「主婦の仕事」

このキーワードやイメージをきちんと知識としても収集出来た状況ですか?

独身男が買いに急いだ物件価値

結局部屋も徐々に時代が進化したら、その時代にあった最新が登場してくる。

最近何か変わったことがあるのか?

今から家を建てると、前のイメージとは違う何が手に入る?

このような事を全く理解しないままただ買える時に買った。

女性は知識がなかったとしてもシステムキッチンやトイレ1個でも部屋のイメージがある。

いくら仕事が落ち着いて資産を持つ力があったとしてもマイホーム建築は女性の中でももちろん夢や希望を持っている。

その選択を一切できない状態。

もう提供されてしまっている物を使うしかない状態。

この状況から考えた時、新築でも価格的にも中古マンションという選択肢は?

管理費があるとしても子どもを育てる上でのセキュリティなどの問題は?

問題は徐々に増えていく。

このような内容を見たいと思っている事を考えたら今自分がそのまま返済まで決断してしまうことは本当に得と言えるのだろうか?

 

35歳独身男が家を買う時の物件選び方

35歳独身家を買う男女の差

せめて一人暮らしの延長で、賃貸で家賃の支払いをする必要がない物件購入を検討するなら、以下のような内容を考えてみて欲しい。

中古マンション相場やデータ調査

将来は自分たちで住むもよし、賃貸化することも可能。

このように、いくらでも運用を出来る契約の方が後に借入があると思っても家賃で返済が可能という事もある。

独身女性が単世帯でマンションを購入しようと思っているのもこのような時代の流れ。

住みやすいけど子どもが生まれるまでと考えて、次は通学や習い事に便利なファミリー向けに目を向ける。

このように、資産活用という点と固定資産税などの税金とのバランスを考えている人は多い。

つまりは、独身女性と男性で比較をすると、きちんと保険を含めて探す、住む、売るまでのプロセスを選択の範囲していることは女性の一人の方が多い。

500万円から1000万円など一生の返済の不安を抱え続ける必要がない住居を購入。

将来に親が困った際には住まわせてあげることももちろん考慮。

このように、自分の負担が可能な範囲でできるだけ安い物件をリフォームなどをしながら住まいにしていく。

あくまでも35年住み続けるという事を考えない。

5年から10年をタイミングの一つの区切りとして、長期にも運用できる状況。

このような便利を追及して、自分のライフスタイルにより見直しが可能な物件を買う。

これが、これからの時代に相手の意見を聞く上では欠かせない時代に入ると私は考えている。

結果的にあなたがもし一戸建てを先に購入して退職した後の安心をもらえる事を期待しているとしたら?

正直この答えは、1度すべてを見直して、いきなり長期の35年返済計画をしない方法を考える事を私はお勧めしたい。

スポンサーリンク