スポンサーリンク


住宅ローンが払えらない。

もう限界かもしれない。

毎月の返済がもう今の自分たちでは残った金額をすべて一括なんてこともできない。

でも積極的に売却をしたいわけでもない。

銀行の方から、いつ競売の相談が来ても不思議はない状態まで来ている気がする。

競売が決定する前に何かできることないのか?

今の自分たちでもすぐにできることを知りたい。

切実な状況に追い込まれてしまった時、まずは客観的な立場の人空の意見に耳を傾けることが必要。

そして、自己破産という言葉や督促という行動の中でも無料で相談ができるという状況を少しd芽生知ってほしい。

毎月の返済だけでなく、ボーナス加算をしている人も悩みを持つ。

住宅ローンボーナス払い払えない対策

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

住宅ローン払えない時自己破産回避術

住宅ローンが払えない時自己破産前の選択肢マンション編

住宅ローン生活苦ブログを見る時の注意点もご紹介しています。

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

もう残り少ない時間の中で対応が求められる。

債権者となる金融機関からの通知などが届く前にできることを行う。

借金を返済できないという事態に対して、どこか督促状などで仕方ないしなし崩しに裁判所の指示に従うしかないのかと言えば違います。

当サイトは、住宅ローンが払えないと悩む方のために、少しでも住み続ける為の方法が手続き次第で存在するということを含めてご紹介していきたいと思い、運営しています。

今回は、住宅ローンが払えない時競売寸前という状況の中でいち早く行動を起こせる方法をご紹介していきます。


スポンサーリンク

住宅ローン払えない時競売は大損

まずは銀行が督促状などを出しながらすぐに手続きを行うような行動を摂る先に、競売開始になったらいかに損なのかをご紹介していきます。

競売は不動産会社主体の落札

一般的に物件を売買する時には、どこか査定額も売れます!的に強気に査定を出すのが、不動産買取の査定額。

しかし、競売となると話は全く違う。

正直債権の残りの額に届かなくても関係ない。

一般的な市場価値以下でも落札が行われることも多い。

つまりは、あなたが残債額をいくらにしている状況であるかなどということは関係ない。

銀行からすれば、遅延や延滞の期間は、第三者機関からの代位弁済を受けているし、基本何も痛いこともない。

むしろ、自宅を売却して価格の査定がついた部分だけでも回収できる事が最善の策となっていく。

このような流れがあるからこそ、物件保有者の立場は自宅が安値で売買されていくだけのデメリットしかないのです。

そこで、少しでもメリットを作るためには、残債が残ることのない程度の金額で売らなければいけない。

だからこそ、急いで行動してほしいと言わせていただきたい。

回収業者が出てきてしまったら、もうとどまることなくどんどん流れが進んでしまう。

だったら、1日どころか1分でも早くまずは任意売却という自分が不動産会社に直接買取の査定を出すことが重要になる。

無料査定ならノムコム!

住宅ローン払えない競売前の相談のコツ

住宅ローン払えない競売

残債が残る物件でも売らなければいけない事情があった場合は、すぐに業者の回答が欲しい。

回答が出るのが遅くなればそれだけ自分で支払う額も当然増える。

債務整理をしても差し押さえとなった先で個人再生などを弁護士に依頼し無ければいけない人も増える。

その先の引っ越しでは家賃の制限も入る。

流れ的にはどんどんお金の残りの残高だけではなく、失うことばかりが続いていく。

生活ができればよいくらいの状況になってしまう。

実際に処分を検討することも当然心の中ではつらいし苦しい気持ちを抱える事になる。

子供がいる場合でも放置して何食わぬ顔で、お引越しすることになったで通るようなお子様だけではない。

強制的な手続きが進めば当然子供でも実際には気が付くこともあるはず。

だからこそ、子供に言えない後ろめたい気持ちになる前に事前に査定を急いでもらう。

住宅ローン払えない旨も合わせて相談

できるだけ業者に買取査定を依頼するときにも以下のような内容を伝えよう。

任意整理を希望している。

いつ立ち退き催告が来てもおか市区ない現実も伝える。

できるだけ早くいくらになるのかを査定を出して欲しいし、その後の売っていけるかどうかも相談したい。

このような事前相談があることで、もしかしたら、全額が回収できる買取額がつく可能性もある。

だからこそ、急いでほしい。

あなたの人生で、ここまでいろいろなことが同時に行われていくことは経験がないと思うくらいに事が早い。

ぜひ少しでも自分にとっては条件が良い状況を引き出しましょう。

その後に、債務者としてだけでなく、売却を決める部分を含めて銀行にも相談ができる環境を作る。

これが今できる無料相談であり、ネット1つで可能なやり方。

スポンサーリンク