スポンサーリンク


家を買う時の頭金の金額は人により違う。

住宅ローンを組むのは、別に頭金なしでも審査の申込は可能。

マイホームを購入するタイミングは物件とのめぐりあわせという事もある。

特に、分譲マンションや建売、分譲地等は全く予期せぬ段階で知ったという人も多い。

自分たちの希望する学区エリアだった。

平均よりも価格が少し安い気がした。

家のサイズとしても坪数や駐車場の台数情報がちょうどよい。

生活を考えた時にも周辺情報も便利そうだ。

このように、金利が安い高い以外のさまざまな要素を元に一戸建てやマンションを買う予定がない時にも巡り合う可能性は十分にある。

しかし、本当に頭金の金額はいくらでも構わないのか?

支払いを途中で求められるようなことは無いのか?

今スグに資金を用意する事が難しいとか貯金が少なくなる事に対して抵抗を感じる人も多くなった。

実際に新築一戸建て購入情報をいくら見ても、資金として何万頭金を用意するなんて記事はどこにも出ていない。

実際に建売住宅を見つけてしまった時、少しでも欲しいと思ったら自分が何をどう進めていくべきなのか?

頭金以外に見ておくべき項目は無いのか?

諸費用ゼロと書かれた不動産情報誌を鵜呑みにしても問題は無いのか?

いろいろな考え方を持つ時に賃貸から持ち家に住み替えを考える時のポイントをご紹介していきます。

これまでにも住宅ローン頭金というなやみについては、以下のような内容をご紹介してきました。

ローン月々返済額

スポンサーリンク

ローン月々返済額家のシミュレーション後悔注意

ローン月々家と車

ローン月々車と家どっちが優先?繰り上げ返済に多い悩み


住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン借りすぎた

住宅ローン借りすぎた後悔原因|給料に対する割合を間違えた悲劇と現実体験記

住宅ローンギリギリの生活と失敗思考

住宅ローンでギリギリの生活者が2019にやるべきこと

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローンに後悔する人のブログに多い共通点。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う間に見る時のチェックポイント

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

実際に、ローンを払えなくなった先に出てくる用語も正しく知っておくことが大切。

住宅ローン滞納

滞納とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

滞納、延滞、遅延いずれも毎月の月々の返済額すら難しい現実。

そもそも頭金なしで住宅ローンを組むという発想もあまりよいことではないこともご紹介しています。

頭金なし住宅ローン中古マンション選び方

頭金なしマンション購入は無謀?独身購入の悲劇体験記

頭金なし一戸建て貯金額

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?

頭金なし中古家を買う選び方

頭金なしで家を買う中古で後悔する簡単な理由

頭金なし住宅ローン銀行選び方

住宅ローン頭金なし銀行選びに必要なデータ

頭金なし住宅ローン2500万と年収目安

頭金なし住宅ローン2500万の安全確認ポイント|苦悩体験記

頭金なし住宅ローン2000万無難な年収

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収

頭金なし住宅ローン1500万後悔

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

中古マンションや注文住宅の頭金は物件価格の2割が相場という事を書いている時期もあった。

しかし、今の時代はそんな金額を別で用意している者が購入前に多いかと言えばそんなことはない。

貯金の余裕がないなら家は買うものではないという考え方も一理ある。

こうした中で、私自身が住宅ローン貧乏の地獄の日々を経験したからこそ伝えたい内容をご紹介しています。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

さらに、今の生活が苦しい,厳しい,カツカツ,ギリギリと思っている人に、だ絵に相談するのが得なのかを実際の体験からご紹介しています。

今回の記事では、建売頭金相場を考える時、購入する時期には貯金をいくらくらい残して置くべきなのか?

実際にマンションを購入した際にも注文住宅を購入した際にも感じた内容を以下の項目でご紹介しています。

建売頭金相場は実際決まってる?

建売頭金相場と貯金のバランス

建売頭金相場と銀行の借入注意点

もちろん、購入方法としてフルローンという方法を取り扱う銀行や金融機関もある。

だからこそ少ない時間の中でも検討しようと思う人が選び出せるのです。

しかし、実際に返済を開始してから、計画をもっと慎重に対応するべきだった。

こんな悩みを抱えてほしくないからこそ伝えておきたい内容をご紹介しています。


スポンサーリンク

建売頭金相場は実際決まってる?

建売住宅頭金相場

正直、別に建売住宅の頭金相場なんてそう簡単に出てくることはありません。

なぜそう言えるのか?

実際の違いの大きさを考えて比較すればその差は歴然なのです。

物件価格差が大きすぎる現実

建売住宅には、高い物件なら、4000万円以上。

しかし、安い物件なら、1000万円台でも出てくる。

これだけ販売されている価格の差が出てくるのです

もちろん、地域的な土地の価格差もあります。

それに、その地方に住むようにしようと思う平均年収のターゲットも異なります。

当然、購入した後の生活水準の物価の違いも全く違う。

このような違いをいろいろあることが、一口に建売購入計画というくくりで考えられたとしてもデータの用意するターゲットが広すぎてしまうのです。

頭金より月々返済シミュレーションが重要

単純に車関連の分割払いのシミュレーションでも最近は、頭金を出すケースと出さないケースが分かれている。

例えば頭金を150万円出して購入する車。

250万円、300万円を出す選び方の負担を考えた提案。

いろいろ一口に買えると言える内容からもある程度違いが出てきている。

このような人たちは実際に欲しい時には何を選び方でポイントにするのか?

その答えが、月々の返済額で買えるかどうかを見極める。

これは、残価設定という選択肢を使ったり、車検代のセットの予算をあらかじめ最初の払える金額に組み込んだりすることで買える可能性を広げようとする。

これと同じように、あくまで月々のローン返済額を軸にシミュレーションした金額を提示してあたかも買えるように見せる事が多いのが建売住宅。

この先に車でも家でも資産だからこそどちらも欠かせない負担がある。

それが、税金。

 

建売頭金相場と貯金のバランス

建売住宅頭金相場と貯蓄

実際に自分の貯金をいくら残し、頭金をいくら入れるべきか?

こんな悩みを気にしている人がいるなら、是非銀行の金利比較よりも家計の負担になる可能性が高い内容に注目しよう。

購入後すぐに訪れる支払が頭金反省の理由

実際に自分たちにしばらくは大きな出費がないという時間もある。

しかし、そうした時、ただ単に住宅ローン返済だけを計画していると以下のような支払いを後になって突きつけられてしまう。

  • 火災保険や地震保険
  • カーテンや家具などの買い替え
  • エアコンなど部屋数に応じた家電製品の追加購入
  • インターネット回線

このような金額を沈滞の土地とは全く違う契約や自分たちの家の中の住まいで足りない、少ない分の補充も必要になっていく。

このような生活に必要なものを検討するのは実際に楽しいと思える事もあるかもしれない。

しかし、選び出して、実際増えていくと、新築向けの用意がまとめられた上で引っ越しなどのサービスも使った時の一覧を見たら?

あっという間に貯金が一気になくなっていた。

こんな事が起こる可能性があるのです。

あくまで頭金なしでも月々の前の引っ越しまでの将来の出費額をきちんと一覧にする。

この条件をある程度明確化しておかないと不動産会社はそのままでも住めるという表現しかしない事も多いですから要注意。

不動産会社の営業の常套句

実際に戸建を購入したこともない。

ただそれぞれの家を売りやすくするだけのおすすめの話。

こんな事しか話の中で出てこないのが本当に怖い。

購入して実際に建売住宅と注文住宅で変わってくる部分が何か?

今後の生活の中で、購入者にかかる契約後の負担は毎月何が新しい利用として増えるのか?

浄化槽やインターネット回線だけでなく、ガス併用やオール電化などいろいろな利用する方式が違うことも多い。

こうした生活の条件が変わる内容に、営業はほとんど変わらない。

支払も特に手間がかかるほどの内容はない。

こんな話しをして、あくまで今の収入ならリスクも特に考えなくても購入ができる。

こうした現金をすぐに用意しなくても融資が下りれば結果的に買えるというある意味教育のような話が多い。

でも、きちんと手元に残しておくべき金額を計算し、出費を抑え、来年までの予算をきちんと出ているわけではない。

この疑問を多くの人が自己管理に基づき、計算し算出していくと誤差は、20万円から40万円にまでふくらむかのうせいがあるわけです。

 

建売頭金相場と銀行の借入注意点

建売住宅頭金相場と借入金

あくまで人生の中での最大の買い物とも言えるマイホームを買うという行動。

実際に買える時に買っておくべきと考える人が、中古住宅や中古マンションを選ぶケースも増えている。

当然リフォームなどにもお金がかかり、日常生活で使っていかなければいけない家計もある。

このように考えたら、家族の生活費への負担を出さないように考える上で、融資を受けるポイントをご紹介していきます。

事務手数料等は全て現金

銀行での審査を受ける時には一定の事務手数料が必要になることも多い。

このような時にも以下のような選択肢が用意されているケースも増えている。

全てをローンに一括して月々の分割を使って支払いが可能。

このような負担が本当に最初は何も出すものがないという情報があると、ある程度35年の覚悟が出来ている人は選び方としても安心と思ってしまうこともある。

登記や司法書士などの手数料などは、ある程度現金ですぐに払える負担をきちんと最初から考えておいてほしい。

このような費用の負担を出すことも渋る状態では正直頭金なしで家を買うのを諦めた方が良いと思います。

単純に、私は新築マンションでも一戸建てでも必ずこう伝えている。

月々の返済額ではなく、1年間で年収の20%以下ですべての月々の支払額を払う予定にしておくことが大切。

さらに、100万円はせめて貯金が欲しい。

この2つはどうしても購入後に関係各所の支払いに応じる時にすぐに出すことが出来る状況を作る為に必要になります。

この価格をもしあなたの預貯金がマイホーム購入前に下回るなら、まずはいったん見送るべき。

車の保険料や車検代。

次の買い替えまでのサイクル。

家電製品の買い替え。

このような内容に必要な平均額の方が今の状況では、頭金を知るよりも大切になると思います。

この計算をした上で、その他の子どもの教育費や生命保険に必要なお金もストックが出来ている。

このような状況になってはじめて自分たちの今からの物件に払う価格と同等の家を考えられるのです。

せめて、自分の家を維持していく上で、年間20万から40万が額面に載っていないローン以外の支払いとして可能。

これが、1つの大きな答えとしての目安になると思います。

スポンサーリンク