スポンサーリンク


住宅ローン頭金なしの銀行の選び方についてご紹介しています。

住宅ローン頭木梨の銀行選びについて、数ある検索結果からこのページにご訪問いただきありがとうございます。

住宅を購入する時、人によっては、急に浮上した話でまだ何も住宅用に資金を用意していなかったという人もいるはず。

物件をたまたま分譲や建売、モデルハウスの販売や期間限定の価格が落ちた時など狙い目と思う人も多い。

これまでにも頭金なしの住宅ローンについては、以下のような内容をご紹介してきました。

これまでにも私は頭金なしの住宅ローンについて以下のような内容をご紹介してきました。

頭金なし住宅ローン中古マンション選び方

スポンサーリンク

頭金なしマンション購入は無謀?独身購入の悲劇体験記

頭金なし一戸建て貯金額

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?

頭金なし中古家を買う選び方

頭金なしで家を買う中古で後悔する簡単な理由

頭金なし住宅ローン2500万と年収目安

頭金なし住宅ローン2500万の安全確認ポイント|苦悩体験記

頭金なし住宅ローン2000万無難な年収

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収

頭金なし住宅ローン1500万後悔

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

銀行は、審査が通る条件さクリアしてしまえば、借りることは可能になる。

しかし、35年という長い期間を用意した返済計画には、計算しておくべきことが多い。

私のサイトは、住宅ローンが払えないという悩みを持つ破綻予備軍にならない為の準備から実際に今資金がショート寸前の人が用意する情報をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、頭金なし住宅ローンで銀行を選ぶ時の情報を精査する上でのポイントを以下の目次でご紹介しています。

頭金なし住宅ローン銀行の選び方

頭金なし住宅ローン銀行への注意

頭金なし住宅ローン銀行への準備

利用する前には、つい変動金利や固定金利、保証料などの支払いに関わる項目ばかりを考えてしまう人が多い。

しかし、これだけでは、大きな誤認が生まれる可能性は高い。

利用した後の返済で重要なのは、無理なローンを組んでしまったと感じないための計画。

ネットの情報をどこまで調べても安心が無いという人は↓

実際に返済翌日に口座残高数百円生活をしてきたからこそ伝えたい自己負担と審査準備についてご紹介していきます。


スポンサーリンク

頭金なし住宅ローン銀行の選び方

頭金なし住宅ローン銀行選び方

マイホームを購入する人は、たいていが年収を問わず銀行や金融機関が用意する住宅ローンを利用する。

ただいくらを借りるとか今の家賃と同じくらいの毎月の返済額を借りれば心配がないと思う人も多い。

しかし、今後の貯金を考えたり、子供の養育費などを考えた時に事前の銀行を選ぶ時に比較してほしいポイントがある。

頭金なし住宅ローン銀行比較1.返済

特に将来のお金を考える時に重要なのは、繰り上げ返済の手数料。

保証料などを毎月の返済に上乗せすることが出来ても、実際に返済期間を短縮したり、毎月の費用負担を軽くするために効果があるのは、繰り上げ返済。

この繰り上げ返済をする時にも手数料がかかる銀行も多い。

しかし、一部の銀行は、繰り上げ返済手数料は、無料になる。

たったこれだけの事でも将来の負担になることは多い。

貯金に回すか、5000円の手数料を払うのかと考えると、2回で1万円の出費が必要になる。

こういう細かな点も借り換えなどを検討する前の段階だからこそ重要になる。

頭金なし住宅ローン銀行比較2.口座利用

口座利用の手数料も細かな出費として大きく影響が出る可能性がある。

単純に振り込みをすることが子供の教育関係の支払いで利用する時には増えてくる。

  • 指定の金融機関への振込手数料の違い。
  • 入金や出金などの回数制限。
  • ネットバンク口座の利用料。

実際に私も自分がローンを組んでから、ネットからの口座利用が安いと聞いていたのに、全く機能しないということがあって非常に困ったこともありました。

やはり、仕組みをしっかりと確立している事が融資を受ける前に必ず毎月お金は何かに動いていくので、ローンの金利よりも日々の生活に負担を与えないことを考えることも重要です。

頭金なし住宅ローン銀行比較3.審査難易度

銀行の金利や手数料や保証料を比較したら、以下のような銀行は確かに人気です。

  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • 三井住友信託銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行

しかし、審査の難易度は、大きく違う。

以下のような特徴があります。

金利が高い 金利は標準的 金利が低い
地方銀行
信用金庫
都市銀行
メガバンク
ネットバンク
審査が通りやすい 審査は平均的 審査が通りにくい

このように差が出やすいのが、特徴。

 

頭金なし住宅ローン銀行への注意

頭金なし住宅ローン銀行比較

少しでも融資を受けやすい銀行を探したい。

通る可能性が高い銀行を見つけ出したい。

このように考える人に多い誤認やよくある失敗の典型例をまとmてご紹介していきます。

頭金なし住宅ローン銀行探すサンプル例

特に住宅ローン審査を受ける時、多いこんな事例の人も多い。

借入金額3500万円

返済期間35年間

変動又は短期固定金利

年齢40歳男性、既婚者

扶養家族2人

製造業

勤続年数2年以上

このような条件では、もろに影響を受ける可能性もある。

現在の自分の年齢や返済完了時年齢は、銀行により条件が異なります。

必ずこの点も比較をしていきながら、年収の借入可能な返済負担率が高い銀行選びのようなことをしないことが重要。

住宅ローン頭金なしと保険

銀行を選ぶ時には、自己負担が大きくなることをできるだけ避ける動きも強い。

しかし、実際に以下のような時の対処はどうする?

  • 病気や疾病により失業や休業を余儀なくされた状況。
  • 同じ病気でも診察後の診断に対してゆるい銀行はどこ?

このように考えていくと以下のような違いも出てくる。

銀行A 銀行B 銀行C
団信加入 無料 金利に0.2%上乗せ 金利に0.4%上乗せ
年齢制限 なし 満50歳まで 満45歳まで
保証内容 すべての病気やケガにより就業不能状態が12か月経過後 がんは診断確定で残高ゼロへ 全疾病やケガでの入院時に3ヶ月返済免除
配偶者 なし 女性特有がん診断で100万円 がん保険と8大疾病保障は原因を問わず入院時一時金10万円

このような内容があったら、金融機関を考える時、自分の家系的な心配を含めて何を安心として支払いをしていくのかも大切。

家の問題だけでなく、病気やケガによる補償を何をどこまで住宅ローンでリスクをカバーするべきか?

将来の保証を検討する事が借入金以外の金額を見据える将来設計には非常に大切になります。

住宅ローン頭金なしと手続き

結果的に今自分の手持ちでかかる費用をできる限り最小化したい。

これが頭金なしの状況で考えておきたい人が望む状態。

なのに、何度も銀行に足を運ぶ状況は、確実に以下のような負担がかかる。

  • 相談窓口に足を運ぶまでの交通費(ガソリン代含む)
  • 団体信用生命保険に対する診断適用の店舗の指定など。
  • ATMなどの取り扱い店舗が少ない銀行を選ぶと振込などの手続きも節約が難しい

借り入れ後の生活で2018年もガソリン代が一時期160円、170円を超えるというちょっとした買い物に行くのも判断が難しいような生活シーンも出てきた。

できる限り、こういう事項にもすぐに対処ができる状況を考えることが毎月の負担が少ない状況を作るためには必要になる。

できるだけ先を見据えて選ぶ事が住宅ローンを組む時には大切。

住宅ローン頭金なしと事務手数料

不動産にはいろいろな事務手続きが必要になります。

不動産取得に対する司法書士などへの報酬。

銀行の書類作成にかかる諸経費。

収入印紙などを含めたら、細かい銀額が必然的にかかる内容があります。

このような費用は出来るだけ抑えておきたい内容。

余裕がないとか少しでも子どものために今の生活でも出費を低くし設定しておきたいなら、できるだけ事務手数料も最初の段階で内容を確認しておくことが大切です。

このように考えていくと、なかなか個人が簡単に比較したり検討するのは難しいということもよくわかってくると思います。

ですが、一度申し込みをして審査を通過してからではもう手遅れになってしまいます。

ですから、私はまずは全く初心者で保険なども加入したことがないという人には、保険相談を軸に相談することが大切だと伝えたい。

 

頭金なし住宅ローン銀行への準備

頭金なし住宅ローン銀行選びのコツ

いろいろ試算とか言われても新築の内容になるとしても管理として固定資産税などの含めていろいろ今後必要な経費はある。

さらに、引っ越しを伴い子どもが通う学校の平均的な習い事の要する費用も想像ができない。

このような時には、まずはfp(ファイナンシャルプランナー)にいったい何をどこまで想定しておくべきなのかを内容から確認する事が大切。

やはり、手にできる情報は、調べ方によって限界がある。

さらに、仕事を終えてからの自分の時間に探す事は、精神的にも疲れやすい状況も生み出す。

結果的に、審査基準以外のライフプランの特徴を知らないまま審査基準を見ていても本来知るべき情報を調べていないことも多い。

住宅ローン頭金なし銀行の対応

結局は、自分でいくらしっかり調べていても、担保についての特徴もライフプランのあれこれもわからない。

結果的に無料相談をしてもリアルを追求する説明とは違う。

ただ単に支払うべきことや必要書類や転職を予定しない状況でも手元の預金残高などを銀行が調べたいだけ。

正直、誰が相談するにしても、今後の自分たちの破綻しない原因として考えると価値が低い。

だったら、300万円、500万円などの年収で手元に残すべき生活費や今後の子供の成長に合わせて用意する内容を家計の管理から知る方が大切。

住宅ローン頭金なしと余裕のあり方

実際に子どもの教育費も進学や進級にあわせて上がる。

今後に上がる項目でも以下のような内容が一般の生活でやはり絶対に長期に支払う状況になってくる。

  • 消費税や市県民税や住民税などの税金。
  • 住宅ローン減税を終了する5年間、10年間経過した後の変化。
  • 必然的に年をとる先に必要な貯金額。

このような内容をまずは家系の見直し相談を含めて対応してもらうのが大切。

私がご紹介するのは、↓

保険と言っても、全体の見直しをしっかりとしてくれるいわば家計の見直し相談。

実際に地震保険や火災保険や団信など住宅ローンにもさまざまな保険があります。

自分たちが月々の生活を考えていくなら、まずは何を優先して特約などを選ぶべきかを知っておくことが本来の住宅ローンでの失敗後悔対策になる。

この考え方に気付いていただけたらと思います。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。