スポンサーリンク

人生で一番大きな買い物と言えば?

この答えに、多くの人から出る言葉が、住宅(不動産)。

念願のマイホーム。

夢のマイホーム。

人生40年ほどの社会人人生に対して、35年間という返済期間を要する。

まさに人生をかけた投資ともいえる。

2019年8月に発表されている住宅ローン金利は据え置きどころか金融機関はさらに金利を下げている現実。

この金利なら払えるはず。

実際に金融機関に相談して、老後の支払いを含めて相談している人は多い。

しかし、購入した後になぜか多くの人が支払いが厳しい、きついという事態にハマる!

なぜこんな事になってしまうの?

最初に受け取った返済計画の通りのはずなのに!

この理由をご紹介していきます。

これまでにも住宅ローンが払えない悩みをご紹介してきました。

リストラ住宅ローン払えない

スポンサーリンク

リストラで住宅ローン払えない時はどうする?対処法

住宅ローン払えない賃貸

住宅ローン払えない時賃貸化は簡単?一戸建てに多い誤解や注意点体験記

住宅ローン払えない時自己破産回避術

住宅ローンが払えない時自己破産前の選択肢マンション編

住宅ローン払えない老後破産予備軍

住宅ローン払えない老後破産前の簡単な準備

住宅ローン払えない競売

住宅ローン払えない時競売目前で可能な無料相談選択肢

住宅ローン払えない売る

住宅ローン払えない時売るメリット|残債ありマンション体験

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべきこと

同じような金額を支払う人がいるのに、売却や競売を余儀なくされる人がいる。

「約2割が年金の時期になって、何かしらの救済が必要というケースが予想されている。」

こんな言葉を知人のファイナンシャルプランナーと話をしたのが、2019年7月。

住宅を賃貸で一生暮らす生活も大変。

だから、家を先に買って老後の心配をしなくてもよい準備をしたはずなのに。

お金がない、足りない。

こんな状況になってしまう人が増える要因をご紹介していきます。

今回の記事では、高齢者が住宅ローンを払えない状況になる前の原因につながる行動を以下の項目でご紹介しています。

高齢者が住宅ローンを払えない原因

高齢者で住宅ローンが払えないの防止策

高齢者で住宅ローンが払えない相談

必ず多くの内容には理由や原因がある。


スポンサーリンク

高齢者が住宅ローンを払えない原因

 

本当なら退職金が無くても払い終わる。

いくつか原因があるので1つ1つ細かくご紹介していきます。

高齢者と住宅ローン返済の苦労原因1.借金

月々の給料でやりくりができる返済計画。

ボーナス払いを含めた返済の計画。

これは、当時の暮らしと仕事の年収や月収をベースに考えた事。

しかし、この計画の時に年収に対しての返済比率はどうなっていたのだろう?

返済負担率という言葉がある。

住宅ローン審査においては、金利を3%で想定した上で、事前審査や本審査を行う銀行も出てきた。

この位厳しい状況になっても返済可能なのかを見ている。

なぜか?

当然、家族の状況も変わる。

  • 教育
  • 家具家電

いろいろな事に借金をする可能性がある。

この状況が将来の返済に影響をするかどうか?

ここまで見て、実際に審査は進んでいる。

なのに、自分が住宅ローン審査に通った後に常にいろいろな借金をする。

こんな生活を繰り返していたら、いつまでたっても貯金ができない。

口座の残高は?

年々減っていく人が多い。

このまま老後を迎えたら当然収入は年金のみとなり、返済は厳しい状況に追い込まれる。

まずは借金を増やさない努力が必要。

高齢者と住宅ローン返済の苦労原因2.仕事

生涯年収なんて言葉がある。

一方で、定年まで同じ会社で面倒を見ることは無理という言葉を企業が口にしている。

つまりは、同じ年収で稼ぎ続ける人は少ないというのがこれからの未来の現実。

なのに、自宅のために抱えた返済額は?

一定の額を稼ぎ続けることを前提とした計画。

毎月の給料は月収いくら?

ボーナスはこのくらいあるから支払うのは可能。

こんな流れで考える人が多い。

これからの住宅ローンは、今を基準に考えてはいけない。

常に余裕のある返済計画が必須。

支払額は、可能な限り下げる事が重要。

高齢者と住宅ローン返済の苦労原因3.想定

厚生年金、国民年金。

いずれの場合でも将来もらえる金額を期待していた人は多い。

65歳前後になってからようやく自分の年金受給額を調べる人もいる。

これではもう遅い。

実際に夫婦で手にする額はどのくらい?

この答えに対して、「額面として月額12万円前後を期待していた。」

では実態は?

「年金が月額7万円しかなかった」

これが現実。

無料で情報を提供しているのに、将来の事を心配していると言いながら現実を見ていない。

この行動の結末が、思っていたのと違うというケースが非常に多い。

 

高齢者で住宅ローンが払えないの防止策

 

ここまでの内容を目にして、実に当たり前の事を言っていると思っている人は多い。

しかし、その当たり前の事が、どうしても35年という長い人生の中では、頭に残っている人が少ない。

働き続けている期間に、きちんと老後の資金を作る。

これが、本来の計画にあったはずが、実際にはできていない。

この現実を今一度頭に入れておく事が重要。

高齢者になる前の期間にやるべき事

当然家族を養う事には減額したくてもできないことが多い。

この先、インフレが止まらない状況になれば、物価の価値が上がり、紙幣の価値は落ちていく。

実質的な値上げの動きが止まらない。

家計の負担はますます財布のひもをきつくしなければいけない。

ではどうする?

私たちが実践しているのは、医療費の余分な出費を防ぐこと。

具体的には、外貨による生命保険の加入と祝い金の受け取り。

何のための契約なのか?

健康でいられる期間が長いと医療費はかからない。

しかし、その健康に対して、誰もお祝い金をくれるなんてことはない。

だったら、この結果に対して少しでもバックしてもらえる環境を用意する。

さらに、生命保険も考え方がある。

人生において、若い段階であればあるほど安いのも生命保険の特徴。

この時期に万が一の病気やケガになって長期療養が必要になったらどうする?

例えば、住宅ローン返済に関係しない「うつ」。

その対処に必要な通院費や交通費などの負担はどこからねん出される?

この答えとして、きちんと自分たちの負担を減らす考え方を持つ必要がある。

最後に、積立を行うという考え方。

支払を続けて最後に完済をしたらどうなるのか?

この答えとして、住宅ローンを組む状態は、家賃や居住費が必要ない暮らしが手に入る。

生命保険は?

一定額を完済することでその支払い完済後に一定の金利が発生する。

これが純粋な利益としてバックされる仕組み。

年金も退職金も期待できない。

だったら、一定の額が老後の前に出る仕組みをもらう事が大切なのではないでしょうか?

 

高齢者で住宅ローンが払えない相談

 

実際にもうあれこれ手を考えるのも難しい。

売却なのか競売なのか?

はたまた自己破産しかないのか?

家を手放すとその後はどうなるのか?

こんな不安を抱えて生きている人もいる。

もちろん免責を逃れる事は不可能。

必ず何かしら苦労がある。

でも人生どこのタイミングで会ったとしても、必ず今の苦労よりも楽になる方法があるという事を知ってほしい。

その方法を知るためには誰に相談をするべきか?

弁護士を選ぶ事が重要

今の自分の住まいがどこなのか?

自分の住むエリアにそんなことを対応してくれる弁護士はいるのか?

こんな不安を持つ人は、1つ覚えておいてほしい事がある。

それが、無料で出張をしてくれる弁護士相談があること。

全国各地に弁護士が出張する。

そして、その担当は関東で、きちんと数多くの実績を持つ。

こういう先生に相談ができると頼もしいと思いませんか?

私が推奨している弁護士については、

住宅ローン返済に困ったらどうする?体験者が語る

自分一人で抱え込んでも頭が混乱する。

必ず一度は弁護士に相談する。

このことを頭に入れておくことも大切です。

今回の内容は以上。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク