スポンサーリンク


今の家を手放す勇気が必要な時が来ているのかもしれない!

思い切ってもう今の家を査定に出してみてみようかな!

住宅ローン返済が厳しい状況が差し迫った時にこんな気持ちになる人もいる。

でも、車の査定と同じような感覚で自分で査定に出すようなことが出来るのか?

どこに相談するべきなのか?

こんな悩みを持つ人も多いはず。

実際に私も自分の所有する一戸を実際に査定に出しました。

その体験をもとにして実際の簡単にできる方法をご紹介していきたいと思います。

私が相談したのが、↓


スポンサーリンク

マンション売却は車の一括査定と同じ

マンション査定方法

スポンサーリンク


別に専門的に知識を必要とする事なんてありません。

今の時代なら、スマホ1台で充分依頼は完了します。

マンション売却の手順

マンション売却の手順というのは以下の順番になって成立していきます。

  1. 無料査定一括依頼

    自分の所有しているマンションの物件の住所や部屋番号、所有面積などを入力して相談対応可能な会社に一斉に配信してくれます。

  2. 不動産買取を行う各社からの電話又はメールでの連絡

    住まいのエリア出のマンション買取を行う会社の営業から随時査定の見積もりを出す方法についての連絡が届きます。

  3. 実際の査定額が提示されます。

このように、あなたは実際に見積もりの依頼を出す感覚で1社に見積もり相談を依頼したらそれだけであとは色々な会社が対応してくれるのです。

 

マンション査定後は売却必須?

マンション売却方法の流れ

どんな商品でも最初からもうすぐに買い取ってくれなければ困るという人ばかりではありません。

相手の会社も同じです。

会社としても相手の需要に合わせてすぐに売却が確定する物件なら動き出しもスムーズ。

しかし、ただ、他社との競合を比較する見積もりを依頼している人の場合は、ある程度条件提示のみにとどまることもあります。

つまり、最初から売却前提という人のほうが少ないのも現実だそうです。

相続問題も含めて売却依頼は多い

マンション売却方法を悩む人の中には、相続税対策として不動産投資を行ってきた人の物件を遺族が査定に出すというケースもある時代。

  • 現金化するといくらくらいになる資産価値があるのか?
  • 賃貸化していくならどのくらいの収益が生み出せる物件価値があるのか?
  • リフォームやリノベーションをするべきなのか?

このように細かな物件の状況や条件を知りたいという人も少なくない。

結果的に、マンションの売却方法というのは、かなり簡単にしておかないと相談先が不明な人が困ってしまう現実も出てきているのです。

 

マンション売却方法はネットか店舗か?

マンション売却方法ネットと店舗比較

札幌、仙台、東京、横浜、川崎、大宮、名古屋、大阪、広島、福岡など人口が各エリアごとで多い地域もありますよね。

物件の種類によっては、新潟や船橋、23区に近い東京都内などもさまざまな投資物件などがあると思います。

このような場所には、不動産買取の会社も多いと思います。

しかし、実際に私は店舗よりもネットの方がお勧めと今回の相談体験の中から聞くことが出来ました。

その理由をご紹介していきます。

マンション査定は地域関係ない

マンション売却というのは、ニーズの変化にも関係があるそうです。

会社の中でも引っ越し・転勤・法人、個人などいろいろな人が日本国内のいろいろなエリアの物件を探しています。

買取を行う会社は、売買ができて初めて利益確定となります。

つまりは、法人などの得意先からの依頼があなたの住むエリアの物件を探しているというのは、正直日本全国無作為に探さないとわからないのです。

反対に、地域に絞り込みすぎた時には、需要があるかどうかがそのエリアでしかわからない。

結果的に、需要がないなら、安い査定で上手に売れ残りを防止する。

このような考え方が出てくる可能性もあります。

マンション査定額が倍以上になる現実

私が実際に出した物件の査定では、以下のような差が生まれました。

A社2730万円

B社1350万円

この差は何?

しかし、この小手はわかりません。

でもこれだけの差が実際に出てくるのです。

しかも、先ほどの事例同様に、A社は、全国対応の会社で、B社は、地元の不動産業では名前が知られている会社でした。

全く査定に関する考え方も価値観も違う。

この現実を見て、やはり全国査定をしておくことの重要性を改めて知ることが出来ました。

あなたももし、住宅ローンの借り換えなども検討が難しい状況でしたら、まずは早めに一括査定をして将来の選択肢を作ることも大切だと思います。

スポンサーリンク