スポンサーリンク


住宅ローンボーナス払い払えないかも!

住宅ローン返済の支払いについて、ボーナス併用を選択する人もいる。

毎月の月々支払額を抑えて払える分はメリットになる。

もちろん、ボーナスが多く、毎月の給料の手取りが少ないという偏りの強い人には有効に活用できるケースもある。

しかし、一方で、以下のような場合は、ボーナス払い払えないかもということが起こる可能性がある。

毎月月々返済額もいっぱいいっぱいの状態になっている。

ボーナス分を加算させるのに、会社のボーナスが予定より減額されてしまった。

生活の中で予期せぬ事態が発生して、急遽出費にボーナスを使うしかなかった。

多くの人が、借り入れした後の給料や状況に応じたお金を使わなければいけない事情に遭遇する。

この時、まずは慌てずに処理をすることが非常に大切になる。

実際に住宅ローンが払えないという悩みに陥る時に多い悩みを以下のような記事でもご紹介しています。

住宅ローン貧乏地獄


スポンサーリンク


住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローン生活苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策注意点

住宅ローン生活苦しい相談

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローン大変ブログ

住宅ローン大変ブログ

住宅ローン大変ブログで見抜く現実と対策準備

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う前に見る時のチェックポイント

実際に、ローンを払えなくなった先に出てくる用語も正しく知っておくことが大切。

住宅ローン滞納

滞納とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

あくまで銀行の人はもしあなたが何か問題を抱えた状況であったら助けてくれるのか?

この様な点も記事の中で、体験から誤解が多いと思う内容を含めてご紹介していきます。

私のサイトは、住宅ローン払えないということbに陥りやすい方が実際に体験している事が多い悩みやその時の対処法をご紹介したいと思い運営しております。

サイト管理人JKと申します。

今回の記事では、住宅ローンボーナス払い払えない事態にやるべき事とやるべきではない事について、以下の項目を使ってご紹介していきます。

住宅ローンボーナス払い払えない時誤解注意点

住宅ローンボーナス払い払えない時成功ルート

あなたはこれからの支払いの中で何を必要としているのか?

今回の分の悩みを解消すれば良いのか?

こうした点を含めてまずは滞納や延滞、売却なんて流れにならないためにじっくりご覧ください。


スポンサーリンク

住宅ローンボーナス払い払えない時誤解注意点

住宅ローンボーナス払い払えない

スポンサーリンク

今まさに次のボーナスの時にはボーナス払いが払えない可能性が出てきた。

月々を何とかやりくりして生活してきた。

でももうギリギリの状況が続いている。

そして、もう次のボーナス払いの後からは、子供が幼稚園や進学等でこれまでと違う場所に通うことでまたお金がかかるようになる。

こんな状況にな立たされている人もいるはず。

しかし、こんな時でも無情にも時は流れていく。

どうにかなる状況があればいい。

でももう借入をした後は、待ったなしの状況で収入に関わらず引き落とし日が来れば、お金は引き落とされる。

家の問題が厳しいからとか大変だから考慮してもらう。

こんな対応を相談したら解決できるのか?

まずは何とかしたいと思った時の考え方に対して、住宅だからこその誤解が多い注意点をご紹介していきます。

住宅ローンボーナス払い払えない時誤解が多い問題解消視点

銀行で組んだ住宅ローン。

組む前には少しでも何とかしてほしいと必死に無料の相談で何度もお願いをした。

そして、ようやく審査も通過して、その先に利用をすることも出来た。

こんな体験をした後になると、多くの人はこんなことを考えるようになる。

「あの時と同じようにまた銀行の人に相談したらなんとか融通をきかせて対応してくれるかもしれない」

正直、銀行の人は何度でも無料で相談をすることはできる。

ただ、この時、多くの人は、借りる前の状況を想定した相手の印象を持っている。

しかし、審査の前は、銀行からしたら、あなたは顧客となり、利益をもたらす可能性がある候補。

逆に審査の後は?

もうあなたは住宅ローンを組んだ借金を背負った利用している人でしかない。

立場はもうそれ以上でもそれ以下でもない。

借りた借金はしっかり返してもらう。

ただこれしか銀行の人は考えていないのが現実。

返済期間に入れば、銀行とあなたは、単純に債権者と債務者の関係でしかないのです。

つまりは、何をどうあなたが思っていたとしても関係ない。

結局は借りたお金を返してもらえない返済能力のない可能性のある人ということに対して、銀行が次の行動を検討する情報をみすみす私に行くような状況を作る事になる。

もう少し、あなたは誰を信用するべきか?をしっかり見抜く必要がある状況に立たされている。

これが、最初の誤解における注意点。

住宅ローンボーナス払い払えない時に多い相談内容

ボーナス払いの時の金額をもう少し返済額を調整してもらうことはできないだろうか?

借金の分の返済を月々の分は返済が可能。

でも、ボーナス加算分がちょっと今の状況では多く感じている。

このような状況の中で、自分の理由を含めて余裕がないから加算分だけは何とか検討してもらえないだろうか?

このような内容を事例的に考えている人も多いはず。

しかし、この情報も相手からしたら、結局は以下のような判断がされてしまう可能性の方が高い。

  • ボーナス加算分が難しいということは毎月も余裕がない事は明白。
  • 一括で払えるわけでもない感じの事も言われている。
  • この先の判断として支払いが難しい、困難となる予想が十分可能な感じに現在はなっている。

このような状況で、理由とか何とかではなく、現実から子供の事情も一切を考慮対象として考えてくれない。

つまりは、あなたが自分で計画した事よりも多くの出費をし続けた生活をしていただけの事。

私は別にあなたに対して、この情報を先に伝える事が人でなしとかそういう事で肩入れをしているわけでない。

私自身が現実として、このようにもう少しシビアに現実の問題に直面した方が良いという言葉を過去に経験した時に言われたことがきっかけでご紹介しています。

 

住宅ローンボーナス払い払えない時成功ルート

住宅ローンボーナス払い払えない対策

今あなたが実際にボーナス払いは払えない額になりそうだ。

この様になった時には、素直に成功ルートをまず1回だけは切り抜けるように考えた方が良いと私は思う。

現実的な考え方をご紹介したいと思います。

住宅ローンボーナス払い払えない時は額次第

金額次第により、一時しのぎの考え方は大きく異なる。

例えばの考え方ですが、臨時にスグにでも誰かにお金を借りたい。

しかし、来月の給料分があれば、今月は急な出費が多かっただけで回復できる。

この様になった場合は、私は銀行に相談するよりも30日無金利のキャッシングなどを使うことをおすすめしたい。

最も簡単なのがプロミスでの借入。

スポンサーリンク

30日は金利が必要ない。

この契約条件がある分だけかなり違う。

銀行にはそのような対応をする選択はほぼ与えられる事はない。

1日でも遅れたら、延滞金を即取るように手配がされていく。

銀行も確かに、貸した期間できっちり利益を出すのが仕事になっている。

しかし、このプロミスなら、ボーナスの払いで不足して来月までの時間で対応が可能になる。

だとしたら、もう会社も銀行も相談ができないからこそという話。

親に相談が出来るような時なら、多くの人はこうして検索もしないまま自分で相談しているはず。

しかし、その選択が難しいから悩む。

だったら、借金を借金して返すなんてことを考えるよりもまずは、自分がこの1回を乗り切った後に、次の準備は毎月の生活からどう考えるかをじっくり検討していくべきなのではないでしょうか?

その先の事はどうやって相談するのかは今後私も今相談が出来る相手を作っている所ですので詳しくは今後にご紹介していきます。

まず必要なのは、今回を乗り切る事。

これだけを考えてひとまず借り換えではなく、支払い不足分の額を補填する。

これが今の生活の中ですぐできる方法で、給料的な内容にも信用も瑕がつきにくい方法なのではないでしょうか?

でも30日以内の返済が難しいとなっているなら、これは全く話が変わってきます。

この場合は、専門の弁護士等に相談する方が良いと思います。

または、間に合うのなら、月々の支払う金額を変更する。

ただこれは、月々の影響がさらに高まるので、ある程度毎月余裕がある状況が無ければ実質的には困難。

やはりパートの回数の見直しなんて大きな決断をするのは個人としては私はあまりお勧めできない。

身体をそこまで酷使した状況を作るよりももっとより家族が健康で続けられる方法を見つけ出すことが重要ではないでしょうか?

スポンサーリンク