スポンサーリンク

住宅ローン返済中の人がハマる辛い現実。

家のローンだから、購入する時に金利が低い今がチャンス!

こんな勢い任せで組んだ住宅ローン。

その先に何を思う?

「無理なローンを組んでしまった」

こんな家を買うくらいなら、もっと収入に見合うローン組んで月々の支払いを減らしておけばよかった。

もう審査が終わって、生活が始まってしまったら時すでに遅し。

返済中の生活にもろに直撃してくる月々のローンの支払い。

結局、自分で選んだ事だから、もうどうする事も出来ない。

でも、35年という長い時間の返済が求められる。

私もマンションを当時自分で買った時に、こういうことを考えることなく組めるなら組む!

こんな気持ちから何も未来を見ずに購入を決意。

年収500万の時期に2700万の住宅ローンを組みました。

年収の5倍がボーダーライン。

この言葉を特に独身の購入検討者にも特に伝えたい。

更に、子どもがいる又は将来欲しいと思っている家族にはこうした悲劇を招くことは絶対に避けなければいけない事。

しかし、実際にこういうケースがマンションにも非常に多いのも現実です。

住宅ローン払えない。

この悩みを抱える方の悲痛な叫びについては、過去にも以下のような内容を書いてきました。

住宅ローン審査後の生活が一気に辛い、苦しいなどの状態になるのは、本当に些細な事に気が付くかどうかの積み重ね。

結果的に、家族を幸せにするためのマイホームが不安と返済の不透明さを考える時間にさせている家庭も実際にある。

今回の記事は、無理なローンを組んでしまった。

この言葉を購入後に考える必要が無い形で住宅ローンを組むために現在の貯蓄や将来の貯金の計画を含めて以下の項目でご紹介しています。

無理なローンを組んでしまった典型例

無理なローンを組んでしまった防止策

無理なローンを組んでしまった時の対処

現在多くの方が無謀という言葉も出しているほどなぜかマイホームに対して、買ってしまえば何とかなる。

こんな考え方になっている事が多くなっているような兆しもある。

計画的に進めれば変なことになるリスクは少ないはずの不動産購入。

マイホームを手にして数ヶ月、数年で厳しい家計の状況に追い込まれるのは必ず理由がある。

まずは、理由を知り、そして、その後の対処も含めてご覧ください。


スポンサーリンク

無理なローンを組んでしまった典型例

無理なローンを組んでしまった

マイホームに住み、生活を送るだけで、そんな厳しい畳用になってしまうのか?

無謀。

まさにこの言葉に尽きると私は思っています。

まずは、無理なローンを組んでしまったと思う家庭に多い典型例をご紹介していきます。

無理なローンを組んでしまった始まり

単純に、まず最初に銀行に相談をする時、毎月の希望額をのほうを優先して考えている人が多い。

できるだけこれからのリフォームや教育にかかる費用を考えようと思っていた。

この考え方そのものは決して間違っているとは言わない。

しかし、この結論のほうが先になって、結局は頭金の費用は高いと思ってしまい、買った時には全く出す事をしなかった。

むしろ、頭金が用意っ出来ない状況と言われても不思議が無い状況での受託ローン審査を決意した。

この計画は、マンションに限らず、一戸建てでも毎月の返済でいくら変動金利が安い時期でも組む時の心構えが甘いと思う。

何故なのかをご紹介していきます。

無理なローンを組んでしまったマンション生活編

私も無理を感じたのはマンション購入後の生活。

10年。

この時間の中で、十分暮らしていく事は可能と考える基準が甘い。

多くの人が賃貸と同じような家賃で返済が可能だったからマンションを買うことを決意していることが多い。

しかし、マンションを買うということは、単純に土地を含めた個性資産税も払う事が必要になる。

更に、修繕積立費、管理費、駐車場、駐輪場、インターネット利用料金等全て使う使わないを問わず、徴収されていく。

この生活を少しでも計算ミスしていると、年間で簡単に普段の貯金に回していた資金を食いつぶす。

貯金を残したはずの住宅ローン返済開始時期。

それがあっという間に少しずつ赤字を積み重ね、次第に暮らしの生活費にまで直面してくる。

無理なローンを組んでしまった子どもの予定

結果的に十分な暮らしを自分たちが送れる目安は当然その家庭によりあって当たり前。

老後までの長い時間35年を支払いする事を約束して買う家という存在。

本当に大丈夫?と言いたくなるのが、仕事と家計と価格と繰り上げ返済。

たったこれだけで考えている人に問題が浮上する典型例がある。

それは、子どもの数。

双子、三つ子などの状況は予定なし。

確かにかなり可能性が低い事なのかもしれない。

しかし、その分、子どもの教育に関わる問題は、大学までの進学期間とボーナスなどを含めた貯金にちょっとどころではない条件変更をもたらす。

子どもの学費を貯めるために学資保険を採用する家計の見直しも多い。

現実は?

ちょっとそんな負担を求められても今の借り入れからもボーナス負担を入れているからもう限界。

駐車場代なら、車を手放せば良いかもしれない。

しかし、会社に通勤として利用しているなら、レンタカーを借りるのも現実的な考え方ではなくなってくる。

実際なら、子どもは2人までと考えていた家庭が目の前に自分の子供が一気に増えた現実。

こうした事も実際に産婦人科などのママたちが驚きを隠せない状態になっている光家などからもうかがえる。

こうした事を借り入れをしてからちょっとなんてことを言っても時すでに遅し。

いくら会社が安定していても簡単に家計的には火の車状態に落下する。

こういう状況にならないためには何を意識しておくべきなのか?

スポンサーリンク

無理なローンを組んでしまった防止策

無理なローンを組んでしまった回避策

では自分がこれから住宅ローン審査などに手をつけ、住宅購入を目の前に計画を立てようとするなら、何を気をつけておくべきか?

いくら不動産の会社の人と仲良くなっても銀行の担当と顔見知りになっても何も借り手になった後の苦労の相談には乗ってくれない。

実際、固定でも変動金利でも一度審査を通過させてからは、実際にほいほい変更する事も出来ないのが現実。

実際の計算を建てる時、自分がどの程度の覚悟や予算で計画を立てる事がやっていけると確信を持つことが出来る状況につながるのか?

この点を体験からご紹介していきます。

無理なローンを組んでしまった防止策1.口座残高

いくら家を買うために今ある貯金から一部を頭金で払いたいと思った時も必ず残る口座残高の情報をしっかり別に避けられるくらいの余裕が必要。

その予算は、マンション購入を考えるなら、まずは100万は必須。

この計算の根拠は?

実際に住宅ローン控除等を受け取るとしても、それは、来年度の話。

あくまで自分が新築マションでも中古でも住居を買い、住み続けて支払いを続ける人になる為には、家賃以外にかかる諸経費の将来に備える。

私もマンション購入の時代に、年収500万で5倍弱なら簡単と思っていた。

しかし、実際には自分の生活の中で、娯楽関連にかかるお金を計算してるつもりで考えていなかった。

全てを犠牲にして住宅ローン返済のために仕事してると思う環境は本当に精神的に辛いし負担がかかる。

なにやってるの?

こんな言葉を自らに言いたくなった経験も嫌なほどしてきた。

結果的に、家賃がかかる程度の計算では絶対に後悔する。

もっと、次の時代の月数千円が上がった時の住居に必要な経費を全て簡単に払える自分を想像できなければ限界は近いと思った方が良い。

余裕。

この言葉を夫婦で言っていられるのは、車の保険とか地震保険、火災保険などの事を考えて言うのではない。

住んでからの月々ではなく、年間費用を全て踏まえたことを意味して言う事が出来るのか?

この答えを住んでから何とかする感じで!なんてご主人が軽い感覚でいるなら、もう違うどころの感じで反くなってくる。

正直、世帯年収とか優遇とかそんな事で何とかなると思ってる家庭が変える不動産は無いと言っておくべきだと私は思う。

 

無理なローンを組んでしまった時の対処

今もうすでに大変な状態になってしまっている家庭の家計を見ている方もいる。

その場合、家を出る事をどこかで考えているほど将来に焦りを感じている状況の方も含まれてくる。

子育てに対する負担。

共働きが一番最後の子が落ち着くまではできないと二人の子供を持った事で出てくる夫婦の会話。

将来は子供が大学をに行きたいと意見を言ってくる事もほぼ確かな時代。

結局は、もうその夢すら持っていられない現実を突きつけられた現実。

完全に失敗なのは誰から見ても確かな状態。

こうした時、結婚して子供がいる者ですら、家庭を崩壊させようとする人もいる。

こんな状態になってまで、今の生活を維持する事に、どうにかしなければいけないと考えた時には私は誰に相談するべきかを伝えたい。

無理なローンを組んでしまった時の相談相手

この場合は、しょうがない。

年齢も今の家庭の事情も一切考慮している余裕もないし、子どもが何歳ということも関係しない。

まずは、しっかり自分たちの状況をしっかり1度誰かに相談するべきタイミングが訪れている状況だと思う。

そして、その誰に相談を持ち掛け、アドバイスを受けるべきかの答えは、私は弁護士しかないと思う。

頭でいくら考えたところで、結局は今の状況からたくさんの資金が生まれてくる事も無いし、いきなり繰り上げ返済を一括で払える状況も生まれない。

まして、このままどうにでもなれとなってしまうのもまた違う。

やはり今から次の新しい生活を始めるためにすべき事。

これは、弁護士相談がどこでも今の時代は、無料相談を行っている場所が各市町村単位でも存在している。

もう今の現実をもっと厳しく考えた方が良い。

そして、聞かされた内容をどんどん実行する。

そして、どこまで自分たちの理想が叶うのか?

この点も早めにいろいろな制度を利用する事も含めて、選択肢を増やす事が重要。

まだ人生は長いし、趣味や娯楽を全て家の為に出費を抑えて生活市s続ける。

こんな苦しい事はありまえんよね?

もっと家族が笑って暮らせる一般的な元の家庭の関係を取り戻すためには、今はざんだかをふくめてしっかり相談。

これが、ニュースや報道の関係でもやはり身の上話などでも出てきている。

この動画はバブル時期のローンを組んだ人の苦労話。

家を手放すのは簡単ですが、それしか方法が無いのかを含めてしっかり今を知る事が最も大切なのではないでしょうか?

スポンサーリンク