家を購入してからは返済地獄だ!

住宅ローンの審査を通過させる事がこんなに人生を大変にするとは思わなかった。

こんな声がマイホーム購入後に聞こえてくるのが当たり前になってきた。

借り入れ額が多すぎた事が原因なのか?

月々の返済額とボーナス併用のバランスを間違えたせい?

マイホームに住んでから、生活がどんどん厳しい状況に変わっていく。

そんな時に、近年日本では、異常気象や竜巻、突風、台風などの影響における被害が毎年ニュースなどで話題になっている。

被害に遭う前は、記事やニュースを見て、大変そうだと思う立場。

しかし、実際に現実に自分がその被害を受けたとなったらどうすればいい?

住宅ローン返済だけでも辛いのに、その上、地震や津波による被害にまであったらこの先の残りのローン返済はどうすればいいのか?

こんな悩みに困らないようにするために、多くの人が住宅ローンを組む際に火災保険や地震保険といった保険に加入をする。

今もう保険の払いは終えている状態。

でもリフォームや修理にかかる費用が想像以上の見積り額になると困る!

個人がこれからの返済と災害による被害も両方をカバーするためにすべきことは何か?

この点を今回の記事でご紹介していきます。

住宅ローン返済がきつい時の地震被害対処

 

もう既に返済中のローンですら、生活的に厳しい状態の中で災害による被害の修復にかかる費用を心配する。

こんな時には、まず何から取り掛かるべきなのか?

私が外資から学資や医療まですべての保険の担当になってもらっている専門家と話をした時の話をご紹介していきます。

災害による被害は専門家にチェックしてもらう

まずは住宅ローンの返済を最優先。

しかし、実際に今目の前にある被害の状況に対しても何か対処をしなければいけない。

このような被災した状態で被害者は家だけでなく、車や家財道具など様々な内容について確認をしなければいけない。

そうした中でまずやるべきことは、以下の流れ。

地震や津波による被害状況を第三者機関に確認をしてもらう。

この時に相談する窓口も可能な限り、市区町村とは違う会社に依頼する事が大切。

なぜか?

同じエリアでの地震などの影響を受けた場合、スムーズな対応は期待できない。

想像以上に待っている時間がかかる。

その間に、さらに事態が深刻化する可能性もある。

だったら、被災したエリアとは可能な限り関係ない地域で管理を行っている会社に被害の状況診断を依頼する。

これが最優先となります。

地震や災害などの被害における制度把握は困難

家を失ってしまったという事態が発生した際には、どの程度の保険が利用できるのか?

全損とか一部損壊、半壊なんて文字があるのを知っていても結果的に自分たちの今の状況はどの内容なのか?

こうした点を個人はほとんど知らない。

制度のガイドラインが公開されていたとしても、その文章を読んだ者が全員その制度について正しく把握できるとも限らない。

土地と家屋における被害の状況と地震保険や火災保険の対象区分。

たったこれだけでも、自分たちの家で失ったものの対象に対して、どんな時に加入した意味と価値があるのかが分からない。

このような状況だからこそ、まずは自分で調べる前に、第三者に購入した時に加入した保険証券の番号だけは伝えられる準備が大切。

その上で、最低限支払いを止めてくれるような手続きを銀行がしてくれるのかどうかはその時の流れに任せるしかない。

 

住宅ローン返済がきつい時の地震被害と資金調達

 

契約を済ませて、購入に必要なすべての費用や手続きが完了した状況になってから急に住まいに影響を与えるような規模の災害に見舞われた。

そんな時、国は何をしてくれる?

資金は回収可能な対象から先に相談

車、金庫、金やプラチナなどの資産。

有価証券などさまざまな金額の規模の内容が住まいの中には残っている事も多い。

事業を営む人にとっては、一定の重要書類は自宅に保管しているという事も珍しい母市ではないはず。

しかし、手元に何も残っていない。

このようなケースでは、各保険や支払いの対象に対して、必ず次のような確認を取れるようにしておく事が大切。

  • スマホやクラウドサービスでの自分の契約番号などを手元に用意する。
  • 車なども保険によるカバーが期待できる内容は全て各窓口に連絡を済ませる。
  • 家屋本体については、変に自分たちで対応しないでまずは何が起こっているのかを第三者に確認してもらう。

この3つを準備して、最後にその状況と今後を考える必要がある。

保険による支援もほとんど期待できない。⇒売却査定を依頼。

不動産に価値がない⇒売却も難しい。

という回答の流れを知っておく必要がある。

マンションと戸建では、こういう時の被害の度合いは、大きく異なる事もある。

同じ新築からの年数に資産の価値を出すとしても、大きく資産価値や支援の対応の回答が異なる事がある。

きちんと、今の自分たちの被害の対象なら、いったいどの程度の金額の補償がカバーされているのか?

もし直したいと思ったら、そのメリットはあるのか?

このような先を見据えた検討をしなければいけない。

その資金調達が整った後は、どうするのか?

 

住宅ローンがきつい時震災被害後の返済計画

 

東日本大震災のような被害が一体この先いつどこで起こるのかなんてことを多くの人が心配している。

完済するまでの猶予がある程度長い場合は、保険の適用に応じて、その後の可能な限りの返済を続ける道を選ぶケースもある。

地震保険カバー分を何に使うべきか?

もちろん、住宅の中の被害を確認してもらったら、すぐにトラブル内容に応じて対処を開始するに決まっている。

こんなことをイメージしている人がいるなら、ちょっと待ってほしいのです。

最近は、被害の規模などが全く把握できない状態では、なかなか債務免除などの措置もどの程度の期間で応じるのか?

その対象の具体的な条件は何か?

こうした内容はほかの家屋や貯金などの状況も含めた可能な限りの平均を知らなければ再建するなどの措置も物件の税金の免除も難しい。

だったら、まずは自宅の住宅ローン返済分だけは支援金でも払える準備だけ済ませておく。

これが無理をしない今を乗り切るために最初に考えなければいけないこと。

救済という話はどこまでカバーされるのか?

津波による被害や問題はどこまで広がったのか?

火災の規模や地盤沈下などの影響は?

とにかく把握しなければいけないことが各運営機関ごとに数多く存在する。

こうした中で急にすべての補償が個人のもとに大至急対応される可能性は低い。

だとしたら、自分たちが得をする考え方は何か?

この答えは、融資というカテゴリに対して、返済困難を可能な限り回避しようとすること。

正直、診断が出た後に、新しい家を新たな場所で建てる事も考えられるかもしれない。

復興するまで自分たちは今の土地を晴れたくないという人もいるはず。

そうした人生の設計にも自己資金は、100万円たんいで少しでも返済に必要な内容にしばらくの間は残すべき。

仕事ができない。

関係各所に申し立てをしたくてもルールも不明で、窓口も損害を受けて閉鎖された状態。

こんな状態になってしまったら、とにかく自動車ローンや家のローン控除などとにかく全ての返済に対してのカバーだけを考える。

まずは、簡単に第三者によって地震保険の申請書類を作成してもらう。

そして、手に入る金額を手元に保管をしておく。

この先に何に使うのかをじっくり考える。

これがやるべきことだと私は伝えたいのです。

その他の方法として、弁護士会などを含めて無料相談で活用するのも1つの方法と言える。

とにかく、他人に相談をして資金調達方法を知る。

これが最初に行動する価値がある内容だと思いませんか?

今回の記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。