スポンサーリンク

持ち家を買う時には多くの人が住宅ローンを組む。

住宅購入におけるローンの計算式はネット上ではいろいろな金融機関や銀行が用意をしている。

しかし、本当の意味で、生活に密着した月々の返済イメージはなかなか持つことができない。

  • 三千万のローンで月々の返済額はいくら?
  • 二千万のローンなら借入可能額になりそうと言われたけど大丈夫?
  • 1500万なら、月々の支払いもそんなに大変ではないのか?
  • 4000万のマンションローンは月々いくらを想定するべき?

どの内容もきちんと将来を考えている計画にも見える。

しかし、実際にその想定はマイホームを購入する時しか見えていないと思うことも多い。

車のローンのように残価設定をして、月々の支払いを減らすことが出来るような仕組みではない。

将来の計画を立てることは非常に重要。

住宅ローン教育費苦しい時の対処法

スポンサーリンク

住宅ローンと教育費で苦しい時どうすればいい?夫婦でまずやるべきこと!体験記

建売でも分譲でも注文住宅でもマンションでも一度購入してからは、必ずかかわるローン以外の支払いも出てくる。

太陽光発電も別で月々のローンを組む人もいる。

だとしたら、何を用意して、どう返済をしていくべきなのか?

このような悩みについて、私自身の体験を含めて各記事でご紹介しています。


スポンサーリンク

ローン月々いくら?の基準

 

家の毎月お金がかかる項目はいろいろあります。

そして、ローンを組む前にまずはチェックしておくべき金額をご紹介していきます。

毎月固定費の明確化

あなたの家の維持管理には、以下のような出費がありませんか?

  • 家賃や住宅ローンという居住費
  • ウォーターサーバーなどの飲食代の固定費
  • スマホ等の通信端末を含めたインターネット回線費用
  • 車、生命保険、学資保険などの保険の支払い。
  • 毎月の子供の教育資金

現在の出費をすべての関連ごとに区分けして明確化する。

これがローンを計画する前には絶対に必要なシミュレーションの前提条件。

それぞれの項目が、節約できる対象なのか?

もっと安くする方法は実在するのか?

今のサービスを利用するメリットは何か?

このように、現状の選択について、きちんと見直す方法も含めて検討できる状況が大切です。

物件を購入する住宅ローンとの問題

家を買うためにローンを借り、毎月の返済費用を今の収入から行う。

この時には、以下のような変更条件の確認も欠かせない。

例えば、以下のような変化が影響する。

  • 一戸建てとマンションでは、インターネット回線の軸も違う。
  • 火災保険や地震保険料も異なる。
  • 物件の立地などにより固定資産税の額も異なる。
  • 駐車場を借りる人は、周辺の情報を収集する。
  • 浄化槽や上下水道などの水道料金の条件。

以上のような内容はとても簡単な今の生活条件から照らし合わせるだけで見えてくること。

それを審査を受けるまで全く見ていない状態になる人は、審査が通過した後で、こんなはずではなかった。

このような声を口にする事が多い。

まずは全国どこに住まいを持つとしても、自分が気になるエリアは、金利や期間は後回し。

その前に、きちんと自分が新築でどんな費用を払う必要があるのか?

この点を明確化すること今から将来を考える上でも大切になります。

新築購入後の子どもの成長

私は家を買う時には、ローン控除なんて事を一切あてにしないで考える。

この視点を非常に大切にしている。

固定金利、変動金利、フラット35なんて対象も関係ない。

とにかく自分が、これからの家族に必要な資金を3年、5年、7年、10年という期間の中でそれぞれに求められる資金分を予備にストックできる条件。

この答えが求められると伝えている。

例えば、以下のような対象をきちんと新築でも中古を選び出す場合でも問われる。

  • 幼稚園、保育園の通園費用。
  • 小学校、中学、高校までの通学に必要な駐輪場や小遣い目安も今考える。
  • 家の修繕の可能性やリフォームという選択が必要な結果に対しての準備も必要なはず。

特に中古の場合は、知識がない人が購入した結果、その場は購入できるかもしれないが、その後の修理や修繕が重なった際は?

たったこれだけで、今と同じ生活を送ることは不可能になる。

このような可能性は十分に考えておく必要がある。

一通り物件を見たら、まずは自分の欲しい場所とその周辺情報の子育ての情報を照らし合わせる。

これは、今必要でなくてもいずれは必ず通る道のはず。

だったら、将来を先に見据えた回答を約10年を周期に回答をすぐできる状態が理想なのです。

 

ローン月々車と家の購入後の返済

ローン月々いくら

家のローンは、完済まで続く中での支払いで上下する内容がある。

車のローンは、完済まで数年間の中だけで何とかなる。

この違いはかなり大きい。

そして、ローンを月々車と家で払う時に多い悩みについてご紹介しています。

ローン月々車と家どっちが優先?繰り上げ返済に多い悩み

生活がきつい、苦しいと思う人と安定した暮らしを継続する人には決定的な差があります。

ローン月々返済額

ローン月々返済額

ローン月々返済額家のシミュレーション後悔注意‼体験記

ローン月々計算

ローン月々計算

ローン月々計算で家計を火の車にしない準備失敗と反省体験記

ローン月々目安

ローン月々目安理想

ローン月々目安|家の返済額の理想を苦労体験者が語る

ローン月々7万

ローン月々7万と年収目安

ローン月々7万は年収いくらならが返済可能?住宅購入苦労体験者が語る

ローン月々10万

ローン月々10万が可能な年収目安

ローン月々10万住宅購入が可能な年収目安|家計詳細付で体験者が解説

 

ローン月々いくら?破綻防止策

 

私は、自分の生き地獄を経験したからこそ、今はもうあの過去の経験だけは繰り返さないと行動に気を付けている。

その計算は、きちんと計算式が成り立っている。

毎月のローンを含めた固定の返済や出費額は、年収の25%以内に必ず抑える。

不動産だけではありません。

車も保険も幼稚園の費用も全て払っての予算。

それが、上限25%以下なら必ずどんな人でも払っていけると確信しています。

しかし、この数字を35年だからと余裕を持ってしまう人があまりにも多い。

その典型例が以下のような事例だ。

  • 銀行で借入可能額は年収の30%や35%と書いてあったから。
  • ボーナス併用払いなら毎月の返済額が少なくて払っていけると思ったから。
  • 夫婦共働きなら無理はないと思ったから。
  • 今の家賃と同じなら払っていけると思ったから。
  • 新築に住んだ方が、将来の家賃の心配がないメリットがあると思って。

こんな一過性の比較ばかりを意識している人ほど生活が苦しい、きつい、厳しいという言葉を口にしている。

教育を過去と比較しても高いと思ったこと

もちろん、少子高齢化という理由からも最近は、いろいろな価格が下がっていることもある。

しかし、家計に与える影響力は高い推移を実感する過程も多いはず。

2018年までは消費税は8%だった。

2019年からは世帯を問わず、消費税は10%になる。

たったこれだけでも、出費に合わせて、その分の細かな支払う額の塵積って山となるが始まる。

保険料でもなんでもすべてこうした細かな数字の判断の誤算を合わせてみると月数千円支払う額が多いとなっていく。

年間2万の単位でのずれは、10年で、20万になっていく。

この額は、最大でかかる家計への負担状況の把握不足のほうが多い。

ただ単に、事情が発生したたびに支払っておかなければいけない内容も必ずある。

一般の生活の中でも故障、修理、修繕、保険料の値上がりなど他にもさまざまな事情で今以上に出費が増える事がある。

月々の危険な目安体験記

私が伝えたい毎月の諸経費などのランニングコストを含めた支払額の目安を年収別で以下のリストでまとめました。

年収 月々のローン返済額(固定費含めて)
年収200万円 月5万円
年収250万円 月6万2500円
年収300万円 月7万5000円
年収350万円 月8万7500円
年収400万円 月10万円
年収450万円 月11万2500円
年収450万円 月12万5000円
年収500万円 月13万7500円

上記の金額はあくまで、食費もスマホ代も車の保険も全てをひっくるめた家計の総出費。

この範囲に達しているような状態では、ほぼ家を買っても維持が出来ません。

3年以内には、旅行、各家電の買い替え、子どものお祝い(プレゼント、お年玉)などはほぼ節約対象としているはずです。

あくまでこの条件も上限。

これ以上になっているなら、いくらの額を問わずして、それは何かあった時の対応も不可。

早急に見直し可能なポイントを見つけて金額を修正する必要があります。

この流れが約10年という時間の範囲で常に保たれているなら、老後の準備も含めて可能になっていくと思います。

我が家は実際に今は毎月20万円の貯金。

この状況から、今度は、65歳での1500万円になる継続型の積立保険に加入しました。

これが、夫婦いずれどちらかが亡くなった際にも子供たちに残せる準備。

そして、葬儀の費用などは別途月1500円程度で積み立てております。

最後まで子供に迷惑をかけないで生きていくために何を用意するべきか?

こんな答えを常に考えたお金を計算していくと、楽しいですよ。

実際に家を買うタイミングにはいろいろな意見があります。

教育費を先に用意してから家を買うべき?(知恵袋)

夫婦収入と子ども4人でやっていける目安はいくらか?(おしえてgoo)

スポンサーリンク