スポンサーリンク

住宅購入の時に多くの人が以下の情報を何度もいろいろなサイトを見て確認をしている。

  • 毎月の家賃と月々の返済額という計算。
  • 住宅ローンの金利の計算
  • 住宅ローン借入可能額と年収の計算
  • 自分の老後に至る期間までの問題。
  • 新築購入に必要な頭金や諸経費などの目安

いくら物件が安いと言っても、数千万から車1台という価格まで結果的には支払いを継続するような状態の金額が多い。

そして、今の自分の生活に必要なお金だけでなく、老後の自分たちの貯金を含めてシミュレーションをしておく必要もある。

ローンを組んだ後の生活が怖くてマイホーム購入には手を出せないという人の声があっても何も不思議はない。

しかし、我が家も含めて、今後の新築の物件が減っていく可能性が高いような地方の場合は?

家が古いことで家賃は安いかもしれないが、その分光熱費は高い。

そして、暑い寒いの典型例のような家でずっと生活をするのは辛い。

このような条件から解放されたい人から一戸建てやマンションを購入する事が可能かを見極めている。

あなたは銀行からの借入可能額を過信していませんか?

住宅ローン借りすぎた

スポンサーリンク

住宅ローン借りすぎた後悔原因|給料に対する割合を間違えた悲劇と現実体験記

頭金なし住宅ローン後悔

頭金なし住宅ローン後悔が多い理由は簡単!破産予備軍になるな!

これまでにも家のローンの月々の悩みについては以下のような内容をご紹介してきました。

そして、ローンを月々車と家で払う時に多い悩みについてご紹介しています。

ローン月々車と家どっちが優先?繰り上げ返済に多い悩み

生活がきつい、苦しいと思う人と安定した暮らしを継続する人には決定的な差があります。

ローン月々返済額
ローン月々返済額

ローン月々返済額家のシミュレーション後悔注意‼体験記

ローンは車も家も全て含めていくらになると厳しいのか?

ローン月々いくらの悩みまとめ

ローン月々いくら?住宅購入前の見直し方計算式に多い失敗後悔体験記まとめ

ローン月々計算

ローン月々計算

ローン月々計算で家計を火の車にしない準備失敗と反省体験記

ローン月々7万と年収目安

ローン月々7万は年収いくらならが返済可能?住宅購入苦労体験者が語る

ローン月々10万が可能な年収目安

ローン月々10万住宅購入が可能な年収目安|家計詳細付で体験者が解説

破綻予備軍にならないための内容も書いています。

住宅ローン破綻予備軍

住宅ローン破綻予備軍になるな!地獄を見たから伝えたい実体験

今の時代は、家電でも車でも購入の時に多くの人が借入という文字に慣れてしまっている。

スマホなどの割賦販売もそもそも分割払いという借入を行っている一つであることを多くの人がサービスとして受け入れている。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

実際に、住宅ローンが払えない時に一戸建て、マンションそれぞれがどのような対処が可能となっているのか?

このような内容を実際に不動産を注文住宅とマンションの両方を購入したからこそ伝えたい内容をご紹介しています。

今回の記事では、ローン月々の目安で不動産購入を検討する上で注意するべきことを以下の項目でご紹介しています。

ローン月々目安と確認事項

ローン月々目安と誤解注意

ローン月々目安と借りる額

自分の家を買うのは一生に一回だと思って、次がないつもりで計画をする人も多い。

しかし、地方で家を買うなら、正直私は2度でも3度でも可能だと思います。

暮らしの条件が異なる将来のことも考える上で考える重要性を含めてご紹介しています。


スポンサーリンク

ローン月々目安と確認事項

ローン月々目安家の購入

まずは自分たちの生活費や月収や年収に応じていくらくらいなら家計に対して影響がないのか?

この答えを出す時に、詳細の生活費を計算する条件を抜きにして、私が一度辛い経験をしたからこそ伝えたい目安をご紹介していきます。

ローン月々目安住宅の割合

家のローンを払う事を金利を含めて計画を立てるなら、私は年収200万円の人も1000万以上の人も同じだと思ています。

その答えは、年収の20~25%を上限とするという事。

この中には、マンションの場合では、修繕積立費、管理費、サービス料、駐車場、駐輪場費用などの諸経費を含めて計算する必要がある。

一戸建てでもできるだけ、20%から23%に収めるのが理想。

なぜこのような期間も年齢も住まいの地域の情報もない段階での目安が出てくるのか?

この答えは、自分自身が、住宅ローンがきつい、払えないなどの悩みに直面する手前の生活を送った経験者だから。

ローン月々目安住宅に多い誤解

今の自分たちが住む家の家賃をどのくらいの期間住み続けたか?

この答えが、3、4年となってくると生活の基盤もできたように感じている人も多い。

しかし、住宅を購入した時には、次の様に賃貸にはかからない必要経費が発生している。

比較対象項目 賃貸 不動産購入後
家賃 あり ローンで返済あり
インターネットサービス費用 込みの物件もあり 個別で契約必須
固定資産税 なし あり

 

火災保険 なし あり
地震保険 なし あり
駐車場費用 込みの物件もあり マンションは別途必須
一戸建ても家の条件次第
修繕費 なし あり
駐輪場 なしも多い なし

ありなしのバランスを考えても支払いが家を買う方が圧倒的に多い。

これが月々いくら多くなるのか?

この計算を毎月の収入の中でのみ見ておくことが大切になります。

 

ローン月々目安と誤解注意

ローン月々目安注意点

家を買ったところで、今の家計なら大丈夫。

少しくらいなら金利が安い時期には無理をしても大丈夫なはず。

このような先を見据えた中でも今ある条件の自分たちが購入した後にさらにお金がかからないように負担分を増やす人も多い。

しかし、この計画は根本的に間違いだと私は伝えたい。

ローン月々目安は年収では見ない

そうなると、毎月とボーナスを含めた収入のアンバランスな人が平均とすると失敗する。

出来るだけ毎月の固定の給料の範囲内での出費をする計画を私はおすすめしている。

なぜか?

そもそも家賃を支払っている環境は圧倒的にボーナス負担がない状況が多い中で生活をしている。

この点を自分の家を探したい時だけは、大幅に変更する。

これでは、明らかにボーナス分の負担はちょっとボーナスカット分が発生しただけで一気に想定と違う結果になっていく。

だからこそ、まずは計画という時点では、家族で毎月同じ費用を払い続けられるのか?

この不安を何より先に考えておく必要がある。

ローン月々目安は頭金と関連が強い

頭金は無理という人も最近は物件を購入する時に借入が可能になってきた。

返済負担率も銀行やフラット35で許された範囲であれば、誰でも審査の利用は可能。

このような状況があるからこそ、まずは審査が通るのかをやってみるという人がいる。

しかし、実際に今のライフプランから出てきた貯金額というのが、余裕を示すシミュレーションの答えだ。

この基準を自分たちで資金計画として全く立てる状況が出来ていなかった状態だったのか?

これが購入する前の参考にするべき計画者のポイントと言える。

会社が変わるとか転職したタイミング。

こうした経験をしたことを考えると、どこか妥協したいというのも気持ちがわからないわけではない。

しかし、こうした情報は、あくまで借入を行った後の住宅ローンを返済する期間でも同じ結果を想定しなければいけない。

だからこそ、今の結果に基づく使い続けた金額と年数から導き出された貯金が答えといえる。

最後には、残債の一括という考え方が60歳65歳等の定年時には求められる。

こうした時に、ボーナスを別に保管可能な状況を作る。

これが、新築でも中古でも負担を考えた理想通りの人生を歩む上では必要な選択だと私は伝えたい。

 

ローン月々目安と借りる額

ローン月々目安理想

ではこれまでの支出のバランスから考えた私が理想として伝えたい目安を年収別にご紹介していきます。

年収と月々返済額目安シミュレーション

年収 月々返済額目安 年間返済額目安
年収200万 41600円 50万円
年収300万 62,500円 75万円
年収400万 83,300円 100万円
年収500万 104,100円 125万円
年収600万 125,000円 150万円
年収700万 145,800円 175万円
年収800万 166,600円 200万円
年収900万 187,500円 225万円
年収1000万 208,300円 250万円
スポンサーリンク

上記金額は、全て年収の25%で上限として私が自分の人生で歩んできた返済期間や買ってからの生活の経験から出した答え。

これなら、全国の金融機関を問わず、自分の住まいを手に入れた後にも一通りの子育てのための計画も立てられるはずです。

理想の実現に向けた大きな変化

自分たちの購入後の生活に対して、それぞれの家庭環境にもし以下のような変化があったらどうなる?

大きく環境や条件が変わったことで焦らないための準備が必要なのは以下のようなタイミング。

  • 共働きの奥さんの妊娠や出産
  • 子どもの学資保険等に加入する問題。
  • 生命保険などに加入する
  • 車の買い替えなどにローンを組む

このようなケースはもちろんどこに住んでいても多くの人が検討sるう試算の中に含まれる計画。

さらに、消費税増税や市県民税などの税額変化。

こう思っていくと、返せる金額の目安としては、妥当なことが徐々に数字を見て実感できると思います。

 

お金の情報は何から取得する?

 

ファイナンシャルプランナー

ライター

いろいろな人がネット上で情報を掲載している。

しかし、実際にその記事を書いている人は、どんな生活を送る人?

妻帯者?(私は既婚者です)

子どもが何人?(私は2人の子育てをしている)

共働きの仕事の状況は?(我が家は私のみが働く立場)

このような条件をきちんと掲載しているのかどうかが重要になる。

机上の空論はいくらでも何でも出すことが出来る。

しかし、リアルに子育てをしているのか?

車の買い替え。

子どもの進学、進級、習い事の変化。

このような生活の中でのお金の変化に対して直面した時に慌てないための情報はリアルタイムを語れる人空の情報が重要。

実際の生活をもう子育ても終了した人が伝える住宅の購入金額計算はやはり何か感覚的な部分がずれていることも多い。

やはり、自分がこれからどんな生活を考えなければいけないのか?

私の場合は、40代の生き方を考えておかなければいけない時間にこの記事を書いています。

ローンが終わるまでは70歳という状況。

でも今はきっちり毎月の返済をしながら、年間100万円程度の貯金を徹底している。

このような実践をしているからこそ、支払いについても解説をしているのです。

ぜひあなたの家計もすべての項目ごとに算出しながら、計算を出してみてください。

スポンサーリンク