スポンサーリンク


住宅ローンを組む人の多くがなぜか頭金が必要と考える。

年収と物件の価格から審査が通るか不安な人ほど申込金額が多い事が何か好都合になるのかと考える。

しかし、そんなことはどうでもいい情報であることを私は銀行の担当者からの説明を受けた。

結局は、自己資金があるかないかなんてことは住宅ローンの審査で通過する事には関係ない。

頭金が多い人が通るという情報を鵜呑みにするほうが危険。

むしろ得を考えられる人はかなり所得が多いごく一部の人の住宅の取得のケースに限るのです。

これまでにも住宅ローン4000万の借り入れについては以下のような内容をご紹介してきました。

年収650万4000万住宅ローンはきつい

スポンサーリンク

住宅ローン4000万年収650万は無謀?理想はいくらくらい稼ぐ人?現実体験記

住宅ローン4000万借りるにはどうすればいい

住宅ローン4000万借りるには年収いくらが無難?返済地獄体験者からの忠告

不動産を取得するというのは一生に一回という人も多い。

だからこそ、情報を大切にしていろいろなサイトを見て少しでも得をする方法を探そうとする。

しかし、そもそも情報としていくら探しても無難にきちんと生活を送るための生活は実際に経験をしている人以上の情報を持つ人はいないと私は体験からも痛感した。

私自身は4000万円以上の住宅ローンを組んでいる生活をしていた。

しかし、今の自分と同じお金の感覚でファイナンシャルプランナーがライターをしているサイトを見たことがない。

つまりは、毎月いくらの返済があるという情報以外の住まいを持った事がない人の内容では家を管理する資金は空想上。

あくまで毎月いくらを用意するのが必要なのかは不動産情報サイト程度の内容しかわからない人が書いている。

これでは、25年、30年、35年の人生を決める決断をさせるような情報になっていないと感じる。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

実際に今暮らしの中で家計が赤字や返済がきつい,厳しい,カツカツという人が相談するべき相手とそうではない相手の見極め方。

こうした内容を全て体験したからこそ伝えたい視点でご紹介しています。

今回の記事では、住宅ローンで4000万に対する頭金をいくら用意するべきか?

この答えに対して誤解をしている人や失敗を経験している人の原因を以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン4000万頭金失敗典型例

住宅ローン4000万頭金誤解注意点

住宅ローン4000万頭金無難な計画

あなたにもある程度この先に必要なお金があるはずです。

すぐに資金として出費することも可能な額もあるはず。

今からの35年間を考える時には何を考えなければいけないのか?

この答えをリアルな返済生活を送る人の視点でご紹介していきます。


スポンサーリンク

住宅ローン4000万頭金失敗典型例

住宅ローン4000万頭金

ある程度とかいくらという言葉を借りる前から考えるのはまずは無駄と思ってください。

頭金の関連における失敗している人の特徴をまずは知ってほしい。

住宅ローン4000万頭金の意味

マイホームを一戸建てでもマンションでも借りる前に頭金を用意しようとする人は、一円でも多く払う事を意識している人もいる。

自分の生活よりも頭金を出すメリットを勘違いしている。

賃貸生活の期間に家を買うために貯金をしてきた事の努力や達成感を味わいたい気持ちもあるかもしれない。

借入金の比率の為の頭金

フラット35は、確かに借入金の比率や期間に応じて金利が変わる仕組みがある。

そのため、少しでも頭金を入れる方がメリットを感じると思う人もいる。

でもそもそも1%以上の金利が固定された状況を35年や30年という期間で返す事は変動金利よりも高い金利で借り入れをするという事。

この点から今預金を残す事と総返済額といろいろなケースを比較してフラット35を使うべきかを悩んでいない人も多い。

新築注文住宅を購入する人の多くは、少しでも将来の金利上昇リスクを考える事が大切みたいな事を見ているかもしれない。

しかし、そんな情報から500万円の貯金から400万円という1割の頭金をまとめて出費する方がリスクが高いと思わないのでしょうか?

 

住宅ローン4000万頭金誤解注意点

住宅ローン4000万頭金の誤解

ネット上で情報を探している人の中には、以下のような文字を過剰に意識していると感じる対象も多い。

  • 一般的
  • 平均
  • ランキング
  • 注目

こんな文字に群がるように自分もなるべく他の人と同じような事をして仲間に加わる事を理想とするケースがある。

情報化社会だから、他人と価値観が異なり、特異的な行動を行っていることに怯えるのでしょうか?

そもそも頭金不要の時代に何を求める?

あなたが病気になったら誰が代わりに返済を行ってくれる?

希望退職募集を会社が行った時にはどうやって生活する?

精神的なうつなどで自分が今の会社を退職したら?

マンションなら自然災害などの影響で修繕積立日の見直しが行われたらどうする?

漫画い位置に備えるというのは、金利を含めた総額を見直す事ではない。

インテリアや家電を新築用に準備する費用だけでもない。

火災保険も値上げをしている時代。

円の価値も安定しない中で、全体の出費は税金を含めて上がる時代。

過去と今の時点でも大きく家計の構成は変わっている。

項目ごとに比較をしていけば、子どもの成長に合わせて最低限以下の項目は上がる。

  • 教育費
  • スマホなどの通信費
  • 通学に必要な交通費

このような内容は結婚して子供を持つ時点で全て10年15年の間には訪れる。

こうした事に加えて自分たちの体力も気にしなければいけない。

だったら、今後の大丈夫の根拠は何?

これはその事象が発生した時点での貯蓄の残高をチェックする事ではないでしょうか?

あくまで月々の返済額の設定も当然大切になりますが、頭金を多くして3000円、5000円が安くなる事が本当に大事ですか?

 

住宅ローン4000万頭金無難な計画

住宅ローン4000万頭金の考え方

家を建てる人も将来は借り換えを検討する人も全て物件の価格を払うだけでは生活は成り立たない。

あくまで頭金を低くしても貯金を残す。

繰り上げ返済をプロも推奨しない時代

先日、ファイナンシャルプランナーとして講師を務める業界のプロと私の専門分野との相談を兼ねて面談をしてきました。

その時、家計の今後の人生設計プランを少し話をしてきた。

この時、借り換えや繰り上げ返済など結局は親になった時点では検討するのはあまり意味がないほうが多い現実。

むしろ、35年問題なく無理なく返済を支払い続けて貯金を残す事を少しでもみんなが意識してほしいと語り合いました。

この計算は私自身も住まいを維持してきて試算とは違う実際の家計の計算をしていて時間が経過した中で感じたのです。

子供は大学に行く頃には、4年制でも家賃や仕送り、学費を含めれば、1400万円はほしい。

6年制であれば、2000万円は欲しい。

この教育費の総額の一部となる金額を家を買うために頭金に投資する意味は何?

これが私が伝えたい内容です。

自己資金を残すメリットは大きい

今後の時代は、円とドルの2つで自己資金を管理する方が手堅い。

総資産を1000万円もつなら、500万円は常にドルで保有する。

このような形の方が何かあった際にはきちんと対応ができる。

あくまで自己資金があればこのような人生設計もできる。

なのに、とりあえずの大きな買い物に焦点を合わせて、貯金があったから相場的に高い首都圏の物件だし買う価値ある。

こんなことに子供には借金の一部にしかならない全額を出して子育ての教育費が足りないと嘆く親になるのか?

100万円は頭金の価値とするよりも教育費で残す方が価値があるのでは?

同じお金をなにに使う?

これが暮らしの中でもいろいろな負担の状況を確認して多くの人が節約の対象を選び出している。

なのに、頭金が少ない状態で家を買ったら損のように考える人が増えている。

これって本当のリスクを考える事に何か現金の使い方そのもののポイントがずれ始めているように私は感じるんです。

年収600万から800万が将来持つべき不安

今後借り入れをしてからの融資実行を経て、今後の給料も考える。

この時、あなたはこういう視点を頭に描きながら余裕を考えているだろうか?

過去よりも税金を支払う額は850万円世帯が一番痛手となるような税制改革が進んでいる内容。

このような内容を今の年収よりさらに上回ることに期待して借り入れをしているなら、正直もっと収入と税金の今後を見据える動きが必要。

現在買える物件を探す中でも首都圏の中にもAIにより徐々に資産価値が上がるエリアと下がるエリアが顕著になっている。

将来の家計は上がり、税金も上がり、資産価値が3000万円前後まで減る。

こんな物件を手にしてしまったらあなたは売却する事も難しい事態に追い込まれるのでは?

だったら、500万円でも600万円でも手元に残し、何かあった時には売却もできるようなマイホームを管理する方が妥当なのでは?

この程度の思考を用意しなければ、正直マンション購入後の投資や運用方法などいくらでも選択のある時代には生き残れない。

スポンサーリンク