スポンサーリンク

住宅ローン返済と子育ての期間が同時という人はかなり多いはず。

家計におけるお金の管理は、しっかり事前に家を購入する前に計算が完了している。

住宅ローンシミュレーションも何度も見直した。

このような人もなぜか子どもが私立、公立という高校、大学の費用を支払うと気にになって返済が厳しい、家計が大変と言っているケースが増えている。

子どもにかかる年間の教育費用の平均を知ることが出来ているのになぜ?

幼稚園や保育園に通わせる時でさえ、住宅の家計を見直ししなければいけないなんてこともある。

賃貸との違いも多い中で、学費や教育費という子どもの学習には欠かせない情報をなぜ見落としている?

このような内容をいくら文部科学省などの公式サイトを今から確認しても情報が足りないですよ!

この言葉が私が今これからの人に考えるべきと伝えたい内容です。

これまでにも住宅ローンと教育費という内容については、以下のような情報を公開してきました。

住宅ローン教育費破綻予備軍

スポンサーリンク

住宅ローンと教育費で破綻急増中?予備軍思考と回避に必要な選択方法

住宅ローン教育費老後資金準備体験記

住宅ローンと教育費と老後資金準備でプロの講師が納得した人生設計

住宅ローン教育費苦しい時の注意点

住宅ローンと教育費で苦しい時夫婦でまずやるべきこと!体験記

住宅ローン貧乏地獄

住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇新築分譲マンション購入体験ブログ

正直いくら市場調査をしているサイトを見て知った気になってもなぜか確認すると忘れていたという事が多い現実。

特に多いのが、マイホームの返済をしている時に必要な諸経費のデータ。

この現実を知ってからではもう子供が一定以上の年齢に達していたことでもうライフプランの変更が間に合わない。

このような事態になる事が多いのです。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

実際に今生活が苦しい、返済が厳しいと悩む家庭において、相談してはいけない相手とするべき相手の選び方についてご紹介しています。

私自身も新築注文住宅と新築マンションの購入経験があります。

そして、現在は子供を育てるリアル子育て世代の親です。

当然、住宅ローンを返済しながら毎月貯金も無理のない範囲で行っている。

このような状況の中で、これからシミュレーションを使用としている人から誤算だと気付き始めた人も知ってほしい情報をご紹介していきます。

今回の記事では、住宅ローンと教育費シミュレーションの注意点を以下の項目でご紹介しています。

住宅ローンと教育費シミュレーション不足要因

住宅ローンと教育費シミュレーション誤算注意

住宅ローンと教育費シミュレーション成功方法

自分のライフプランに基づく情報として何を知っておくべきなのか?

今賃貸中の生活でまだ購入する前の人にも無理な返済プランを予定していないかを考えるポイントとしてご覧いただきたいと思います。


スポンサーリンク

住宅ローンと教育費シミュレーション不足要因

住宅ローン教育費シミュレーション

公立のデータしか見ていない状態でまさか自分の子が私立に実際行くなんて思っていなかった。

まあこんなありきたりな状況の条件が原因でダメになったという世帯はちょっと違うと思ってください。

もっと具体的に想定が全くできていなかったという事が起こる背景をご紹介していきます。

住宅ローンと教育費シミュレーションの欠落ポイント

確かに毎月の返済額と教育費という組み合わせの条件は将来のライフプランに向けては大切な情報。

しかし、この2つの目安を知っただけで本当に安心なのでしょうか?

特に典型的な情報不足という対象は以下のようなデータへの算出が全くできていない計画です。

  • 小学生の授業内容に基づく習い事の目安の欠落。
  • 保険の総額が10年後の更新の際に値上がりしていた現実。
  • 物件に関わる固定資産税の資産価値が買う時よりも値上がり。
  • 経年劣化に対するリフォームや修繕などの計画。

特に首都圏や都市部の生活を送る人たち向けには30歳から40歳前後の頃に係る計算として資産価値の見直しが最も興味深い話になる。

4年間おきに見直しが起こる土地や家屋の市場価値見直し時期。

学生で言えば、小学生も低学年から高学年になっている。

学生で言えば、高校生から大学生に進学している。

このような時期にたった1人の変化に応じた対応もあるのに、簡単に家計の見直しができない。

特に保険料というのは、住居の維持管理における非常に重要な内容。

全国どこでどんな条件の家を建てたとしても、結局は将来に備えるための支出としては欠かせない。

さらに、返済の計画ばかりで、今の家の補修や修繕という算出を買う前に全く考えていない人もいる。

目安として外壁メンテナンス費用は、単純に30坪前後でも70万円から100万円はひつようになる。

この価格を即金で実際に準備する計画は月々で考えれば、9千円前後で貯金を算出していれば足りる話。

しかし、これを全く考えていない状態なら?

当然算出外の対応を求められる見積りをみて資金の準備が足りない状態になっていく。

貯蓄を切り崩す事を繰り返し、結果将来のリスク回避を取り戻す負担はどんどん増える。

こうした資産は家を買う前の情報で結局は営業などを含めて試算を質問されなければ言わないことも多い。

さらに、ファイナンシャルプランナーや金融機関の住宅ローン担当者でも実際のそうした不動産取得の細かな背景は知らない。

結局は誰もが他人ごと。

別にリスクの対象として候補にすら考えていなかった。

このような内容が出てくることがポイントになります。

 

住宅ローンと教育費シミュレーション誤算注意

住宅ローン教育費シミュレーション誤算注意点

今の年収や仕事と頭金を含めての資金と貯蓄の管理からリスクを考える。

これは確かにこれからもその状況が全く変わらないという想定に基づいている。

逆に悪くなったらどうなるのでしょうか?

年収想定額が20%下落で赤字転落

上手くいっていた時の年収ではない。

別に節約をしていたわけではない時の家計。

本来このようなタイミングでもきちんと収支が安定している時に家は買う対象と考えるべき。

しかし、少しでも良い条件で合計の額を借り入れ可能な状態で計画したい。

あたかも見栄を考えた借り入れをすると、単純に変動の金利の上昇ですら危うい状況になっていく。

せめて月額の給料が20%下がっても家族の生活に必要な概要は全てクリアできるか?

その答え次第では、中学生の授業料ですら、不安を抱える可能性があるという事を知っていただきたい。

進路と家賃、生活費相場の見落とし

私立の大学で4年間学ぶ時の合計の授業料は把握した。

それはあくまで、子育ての中での授業料だけですよね!

その学部がどういう地域のどんな生活環境のところで通うのか?

  • 駅徒歩10分圏内が10万円のエリアで進学させる?
  • 生活費として地方の3倍の食費がかかるエリアで月額の仕送りを考える?

進路の概要というのはただ授業を受けさせることが納付する対象ではありません。

仕送りゼロで全ての生活に必要な対象をアルバイトで稼ぐ生活を子供に強いるのはちょっとおかしい。

それぞれの希望する学部や学ぶ内容によりある程度はプライベートな時間を犠牲にする必要がある対象も存在する。

結果として、アルバイトで生活も考慮しなければいけない程度の環境でまともに勉強の準備もしようと思えるか?

このように年齢と経験値を考えたら、投資をする価値がどんどん下がってしまうことも考慮しなければいけない。

学生の仕事は学業と口で言っている親が、結果として家計が苦しいから子供には働いてさらに勉強もしてこいという内容を用意する。

これってそもそもおかしい方向に行っていないのでしょうか?

新築でも中古でもマンションでも一戸建てでも家を買う予算と子供を育てるための教育費は結果としてどちらに投資するべきか?

当たり前の話ですが、この内容に対して住まいを売却してでも進学して目標を達成するまでの支払いをなにがなんでも行う。

これが親が本来行うべき行動ですよね!

それでも親は老後の生活の為に住み続ける事を選ぶ。

そして、子どもには奨学金を自分で返済を行うように頼む。

挙句、周りの人も同じように支払いをしているなんて説得を試みる。

こんなことを実際に行っているなら、正直子供が親の行動を見て学ぶのは、親は何もしなくて産みっぱなしで放置するものと思っても何も言えないと思います。

 

住宅ローンと教育費シミュレーション成功方法

住宅ローン教育費シミュレーション健全な策

本来進学を前に全ての用意が可能な状況を作るのが当然の話になっていく。

住居を購入した時点をスタートとしても、子どもが高校に行くまでには、15年という年数がある。

この間に、保険料なども含めて10年を一区切りの時期と思って必死に100万円単位でまとめておくことが親のやるべき事。

物件の価格を問わない貯蓄の法則

単純に平均値を考えましょう。

10年で仮に授業料、家賃、生活費、首都圏の生活と考えれば、当然私立の4年制でも1500万円以上は想定の範囲内。

1500万円を15年なら、100万円ずつの年間貯蓄が必須。

それ以外にも35年分の保険料の価格の値上がりも別で計上して木造なら、45万円が30年分で払う金額目安。

さらに、先ほど伝えた外壁などのメンテナンスコストは100万円で他の水回りなどの修繕の可能性への対処も準備。

こうした発想の中には車の価格等はほぼゼロに近い推移です。

ですから、車や白物家電の買い替えなど多くの私生活での想定を考えたら年数ごとにきちんとその環境に合わせて使っていけるお金も別で用意。

文系と仮系なんて事を問わない。

きちんと1人の子どもを4年間大学生活を親の仕送りのもと大丈夫と言えるだけの全予算はいったいいくらになる?

この計画を考えたら、せめて2000万円から3000万円(車などを含め)以上は家を買った後で18年余りで使っていく計画の見直しをしなければいけないのです。

これが子どもの数に応じて増える。

こうした動向をきちんと親の立場で考えていく事ができますか?

6年制となる話ではさらにスケールが大きいし、科t何に何かサービスを受ければ解決するレベルではありません。

きちんと積立を行う流れを意識して、あくまで習い事やお小遣い、スマホ代等の通信費の上昇も踏まえた検討をする事をお勧めします。

スポンサーリンク