スポンサーリンク

住宅ローンを組む。

せっかく住宅を購入をした生活を手に入れたのに!

今の家のローンがどれだけ生活を圧迫しているのか!

こんな気持ちになってしまう方もいるのも現実。

住宅ローン返済が何より気になる。

こんな状態になってしまっている人が年収を問わずブログで何を今思っているのかを綴っている。

夢のマイホーム。

この言葉を多くの人が、実現させる為に、初期の費用も返済の金額も金利を含めて選んでいる。

その時には、貯金の有無を含めて、自分たちなりに貯金の残高や将来のお金も計画を立てていたはず。

しかし、実際の暮らしに入ってからの現実は?

結局、返済に追われて、貯金なんて全くできないような状況になってしまった。

こんな生活になぜハマるの?

住宅ローンが払えない事については、以下のような内容も書いています。


スポンサーリンク

住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

 

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

 

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローンというのは、実際に組む前でかなり特徴が出てくる部分もある。

そもそも年収とマイホームという内容をどうお金を軸に計画を立てたのか?

これが家計の管理や節約を含めて毎月の計画の中でブログでもちょっと違和感を感じるべき部分がある。

マイホームを購入した後の家の中が暗い。

こんな重たい雰囲気になるのは多くの人が望んだわけではない。

でも、実際にローン地獄。

まさに、仕事でお金を稼ぐのは、今の家の返済のため。

生活なんて二の次。

こんな生活を送る中では、何を理由にしている場合でも年収を問わず相談が出来ずに家を買った事をただ後悔している人も実際にはいる。

多いかどうかではない。

不動産を手にするということは私自身も経験をしてきた。

こんな状況にお悩みの方からその予備軍となるリスクを今まさに何か抱えていると思われるご家庭に少しでも情報をお届けしたいと思い、運営をしています。

サイト管理人JKと申します。

今回の記事では、住宅ローン大変ブログ!みたいな内容を書いている人の記事を読む時に何に気付くべきなのか?

こんな視点を軸にしながら以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン大変ブログ閲覧ポイント

住宅ローン大変ブログ閲覧注意点

住宅ローン大変ブログ参考注意点

自分たちに近い生活を送る人の書いている記事を読めばいいはずなのでは?

こんな視点では計画が狂ってしまうリスクがあります。


スポンサーリンク

住宅ローン大変ブログ閲覧ポイント

住宅ローン大変ブログ

スポンサーリンク

住宅ローン返済が厳しい、キツイなど色々な表現がある。別にこういう人たちが豪邸を買って、維持管理の金額が莫大にかかった暮らしをしているということではない。分譲、建売、ローコストなどの住宅を購入している場合でも計画的に考えても未来に不安を持つ人も多い。

しかし、ブログを見るという環境だからこそ、意識しておくべきポイントがあります。

住宅ローン大変ブログ閲覧ポイント1.開始

最近公開されているブログの中には、我が家の家計みたいな内容で、月収の収支などを出している人もいる。

しかし、そもそも毎月の支払いの話以上に大切な事がある。

それは、いったいいつ支払いが始まったのか?

住宅ローンを組んだのは、いつ?

この答えが非常に大切なんです。

なぜか?

頭金やら節約やら毎月の返済額ということは、正直家計とは言わない。

それよりもローンを組んだ時の相手の金利の情報が非常に重要になってる。

住宅ローンブログを書いている人の中には、以下のように様々な時期がある。

  • 住宅ローンを組んでから2年3年目の人。
  • 住宅ローンを組んでから10年以上経過している人。
  • 住宅ローンを組んでから20年経過している人。

生きている時代が違う。

これは、実際にはかなり話が異なる部分が多くなる要因の一つとなる。

単純に考えて、20年前と10年前と2年前では以下のような内容は違う。

消費税のある生活を送る期間

固定資産税額の違い

金利の違い

保険料の支払い(一括完了と最長5年、10年の現在)

こうした部分を考えていくと、いくら頭金が同じでも毎月の生活にかかっていた資金の違いも大きく異なる。

これは、もっと細かく見ていく視点もある。

住宅ローン大変ブログ閲覧ポイント2.物件

実際に家を建てる買い方をした人とマンションも買う金額が同じでも資金の使われ方は大きく異なる。

マンションには、維持管理費用が毎月必要になる。

一戸建ての場合は、現在の生活費以外には、浄化槽などの点検などに必要なコスト以外は毎月の支払いには存在しない。

こうした中で、比較するなら、毎月の貯蓄は必然的に変わる。

例えば、以下のような条件でも毎月の支払いは変わる。

同じ会社。

同じボーナス。

同じ月収と手取り。

同じ年収。

同じ子供の数と年齢、学区。

このような生活を送る2つの家族が会ったとしても、買った後の生活に要する毎月の必要な経費は違いますよね?

だからこそ、対象の物件の情報を見分ける事も大切な事

 

住宅ローン大変ブログ閲覧注意点

住宅ローン大変ブログ実態

生活が苦しい、辛い。

このような言葉を口にしている方の多くは、どうしても子供の養育費が必要となっているケースが多いと思う。

その先にちょっと気を付けてみていくと大きな特徴があるような気がします。

住宅ローン大変ブログ分類1.仕事

住宅ローンを組む時の仕事はどんな感じ?

この答えには、職種や年収とは違う視点が大切になる。

それは、共働き想定と夫の年収という年収に対する想定の違い。

夫婦が共に仕事をしている。

この条件で住宅ローンを両方の収入を合算して計画した感じの人も実際にはいる。

しかし、この場合は、単純に、2つのリスクを想定していない。

1つは、夫が会社をリストラされたり、体調不良を理由に離職する事へのリスク管理。

もう1つは、奥さんが子供を妊娠、出産などに伴い、離職を必要とする環境になった時の対処。

この単純な部分を家を買うことに対しての憧れを優先してしまった。

こうした時のパターンは、あくまで住んでから払った金額ということではない部分が原因になる

もともとの生活で住んでいた家賃よりちょっとでも安いくらいの感じで住宅ローンを組むことが失敗しないための鉄則。

この視点から考えていくと、生活費の家計よりもかなりこの点は重要と言える。

住宅ローン大変ブログ分類2.資産

実際に住宅ローン返済を開始した後の生活の中でも夫婦で必要とする所有物にも家計に影響する対象がある。

その典型例が、車。

最近になってもちろんハイブリッドなどの買い替えでちょっとでも税金対策やガソリン代節約をしている人も多いはず。

しかし、単純に以下のような予測をしていない人もいる。

車の税金以外の保険に関わる対象が事故を起こし、上がってしまった人。

ガソリン代高騰化を予想していなかった人。

こういうちょっとした差額は確実に1年という時間の中で考えていくと、大きな差を作る。

固定資産税や土地などの場所の条件も確かに払いの額に違いがあると思う。

しかし、それは、全く新しい土地に住むということを始めない限り、ある程度の想定が可能となります。

しかし、自分たちの生活の中で必然とされる対象の維持に対しての値上げの影響を受けやすい計画になっていないか?

この点は、給料がいくらであるかではない。

その人たちの借りた後の想定基準が大きく異なる。

 

住宅ローン大変ブログ参考注意点

住宅ローン大変ブログ参考例

まだ計画の段階。

家を買いたいとちょっと思っただけで、本当に契約などの行動はまだしていない。

もちろん、結婚した後の生活で子育てがあれば、本当に必要になると思っている。

変動金利の低金利政策に2016年頃は、リーマンショックの落ち着きを取り戻し、経済が動き始めた。

更に、2018年はゼロ金利政策終了間近に消費税増税までのカウントダウン。

まさに、家を買うという金額の大きな買い物への大詰めの時期に差しかかった。

こういうタイミングでは、多くの今借りている賃貸物件に不満を抱く人が多少の無理をしてもいを買うべきかと考える。

しかし、住宅ローンが大変というブログを見て、是非注意してほしいことがある。

住宅ローン大変ブログの家計簿

この動画で紹介されているのは、家を手放す事を決断する人の相談が増えているという現実。

年間200以上の相談が来ているという現実。

このような背景を知りながら、実際ににほんブログ村などのサイトを見ながら、他人の家計簿を参考にする。

この考え方では、35年の計画が立てられない現実をご紹介していきたいと思います。

住宅ローンが大変な人の脱出方法

戸建てよりも深刻なのがマンション。管理費、修繕積立費、その他駐車場や駐輪場、インターネット回線費用等月の経費が必ず必要になる。この状況が続くと正直生活ができない。

私も実際に同じ経験をしました。そして、その状態を解消してくれたのが1つの会社の存在だったのです。

その会社は、

「お困り不動産どうする」

不動産の問題は、ローンの返済だけではありません。遺産や再建築不可、事故物件等いろいろな事情を抱えている人も多いのです。こういう物件でもどうしたらその人の悩みが解消できるのかを提案してくれるからこそ利用価値は高いのです。

スポンサーリンク