スポンサーリンク


住宅ローン滞納1ヶ月目。

銀行からの確認の連絡は来ていない。

このまま何事もなく終わる?

返済の督促も電話も通知も今は何も届いていない。

こんなことはほぼないと思います。

住宅ローン滞納1ヶ月を経過している中で、返済期間開始から完済までの期間ずっと払い続ける生活は続く。

だったら、ちょっと滞納した分はまた払える時に払えば良いのではないか?

人は何か自分にとって苦しい理由がある状況になった段階では、どうしても今後の自分の事が先になってしまうことがある。

銀行は毎月一定金額の引き落としを契約の通りに行う。

もちろん、遅延した対応なら、分割で師は払う事を可能とする場合もあるかもしれない。

しかし、今後の金額の支払い状況が全く払えるかどうか未定状態。

この様な利用をしている事が電話や相談での対応で見えた状況ならあなたならどうしますか?

銀行にとっては、住宅ローンはあくまで契約書から返済中というのは、まだ満額の利益を確保していない状態。

当然、遅延や延滞は利益の上乗せの対象だから良いという考え方だけが先ではない。

住宅ローン払えない。

この言葉の対象に今の段階が適している可能性があるなら、対応も状況に合わせて残りの残債を一括で支払ってもらわないと困るとなっても流れとして不思議はない。

住宅ローン払えないという悩みについて、前には以下のような情報をご紹介してきました。

住宅ローン貧乏地獄


スポンサーリンク


住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローン生活苦ブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローン生活苦しい相談

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローン大変ブログ

住宅ローン大変ブログ

住宅ローン大変ブログで見抜く現実と対策準備

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う前に見る時のチェックポイント

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

実際に、ローンを払えなくなった先に出てくる用語も正しく知っておくことが大切。

住宅ローン滞納

滞納とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン1週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

業者からの代位弁済の通知

残りを一括で払えるか今後の見通しの相談を行う。

任意整理や競売の相談。

裁判所からの通知

権利喪失,差し押さえや自己破産決定。

この流れ以外の対処として、弁護士に相談する費用を払って、交渉説明。

誰もが出来れば住んでいる期間の間では、おkのような通知を受け取る事も連絡が来る事も第三者に相談する状態も全て終了するまで何も無縁でいたい。

しかし、以下のような内容もある時代だからこそ、誰がいつこのような状況になるのかは未知数。

リストラ

精神疾患になって仕事が手につかない状態。

給料をもらえる額も簡単に変わってしまう時代。

ボーナスカット

月収の手取りが手当カット。

子育てや子供の予定も希望の通りの状態ばかりではない。

子供の予定外の数の出産。

お金を借りるというのは、金額の少ない多いの問題ではない。

住宅ローンで言えば、借りた側は、債務者であり、銀行は債権者。

不動産は全額返済するまではあくまで担保。

これからの生活を送らなければいけないが、それおりも早く残債の全額返済もしなければいけない。

現在の口座残高も少なく、もう自分たちは結果としてなぜ住宅ローンなんて組んで成功したと思っていたのか?

こんな夫婦の会話になっている家庭もあるのかもしれない。

私のサイトは、住宅ローン払えないということbに陥りやすい方が実際に体験している事が多い悩みやその時の対処法をご紹介したいと思い運営しております。

サイト管理人JKと申します。

今回の記事では、住宅ローン滞納1ヶ月という結果になりながらも今の家に住み続けたいと思う人が回避できないこれからの流れの現実にどう先を見て行動しなければいけないのか?

この点を以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン滞納1ヶ月が非常に重要

住宅ローン滞納1ヶ月以上は要注意

住宅ローン滞納1ヶ月でのポイント

結果的に連帯保証人にまで催促をお求められるような事もあったら?

期日に送れるということがいったいどの程度の話に発展していくのか?

こんな簡単に考えていられる時間ではないと思います。

まずは自分の家をマイホーム購入実現をしたなら、何とかして守る。

自宅を失うなんて事を自分が体験した時、今後の人生に対しても大きな精神的ダメージになる可能性も高い。

だったら、今行動するべきことはいったい何か?

この点を主にご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅ローン滞納1ヶ月が非常に重要

住宅ローン1ヶ月滞納

スポンサーリンク

1ヶ月自分のマイホームでの住宅ローン返済は、時間を経過しながらも問題の解決が出来なかった。

この話が、そのままになっているという現実があれば、多くの人はもう難しいかもしれないと危機感を感じてしまうと思居ませんか?

銀行側としても催促してスグに払ってくれるなら、もちろんそのまま遅延損害金を上乗せして終わるかもしれない。

しかし、この「今後の返済の可能性」がどの程度あるのかは確認するのが非常に難しい話になっていく。

だからこそ、連絡が来たり、通知が届いたりという時の対処は非常に大切になる時間と言えます。

住宅ローン滞納1ヶ月物件ごとの行動

正直もうこの生活が続けば未来は自己破産になる可能性は十分ありそうだ。

このように考えてしまう時間を過ごす方もいるのかもしれない。

だとしたら、今の物件が差し押さえになるまで黙って見過ごすべきか?

それは違う。

弁護士費用を分割で払ってでも、相談する事に意味のある交渉説明をしてくれるケースもある。

任意売却の方が物件の査定の価格は当然高い可能性がある。

もちろん新築マンションの場合は、買った価格よりも高く買い取りが行われる可能性もゼロではない。

自宅を債務整理の対象とされた場合、競売の入札の方が格段に価格が落ちる。

同じ家を催告などの連絡から、失っていく時の査定は、専門の業者が市場の価格で買い取るよりもかなり低い。

やはりいくらかでも残った残債を全て完済できる可能性や見込がある方法は知っておくことが大切。

ほんとうにあなたが今後の時間で最悪の答えを出していて、もう回避は難しい。

こんな状況になったら、まずは残った金額をまとめて払える可能性が担保となった物件に価値があるのか?

この視点を大切にしなければいけないと思います。

住宅ローン滞納一ヶ月を住宅ローン滞納3ヶ月目,住宅ローン滞納4ヶ月目,住宅ローン滞納6ヶ月。

こんな時間の経過になってしまってから支払わないという答えが結論として出てしまうことやカードローンで借りながらのローンをローンでつなぐなんて生活は考えない方が良い。

早く現在の状況の整理をする。

これからの長い時間のために少しでも高い金額で売却をする。

この話が進めたらどうなるのかを知ることが最悪のトラブルを招かない最善策だと私は思っています。

 

住宅ローン滞納1ヶ月以上は要注意

 

結局は、少し時間が経てば、もうその時の時点ではいくら遅延損害金などの追加請求をされても問題なく払える。

このような方は特に権利を失う心配もないのかもしれない。

しかし、元金に記載のある金額を払うことが出来るかどうかだけが問題?

あなたは金利や遅延損害金などの詳細をもう1ヶ月延滞している今の時点でどれだけ詳細の把握が出来ていますか?

住宅ローン滞納1ヶ月は遅延損害金も進んでいる

取り立てが来る状態。

こんな状態になった時、もう何とかして今だけ待ってもらう。

こんな生活をいくら繰り返しても、出てくるのは、詳細を見たら、遅延損害金の額が上積みされている現実だけ。

1日の時間が過ぎれば、当然債務を負っている人には厳しい現実がまた突きつけられてしまう。

「ブラックリストは消費者金融などでお金を借りなければ、対象にならないんでしょ?」

昔、住宅購入を検討している知り合いから、とんでもない誤解をしていると目を疑うような質問を受けた。

まあ高鹿に一般的にはブラックリストと言えば、借金というのは、消費者金融でカードローンやキャッシング。

こういうイメージはあるのかもしれない。

しかし、住宅ローンも融資。

当然ながら、ブラックリスト入りするのは当然。

負債を減額する交渉を申し立てる。

こんな報告を周囲が知ったらあなたのような人にお金を貸すのは無理ですと言わなければいけない状況になりますよね?

つまりは、時期と対応はとても大切になっているのです。

時間的に3ヶ月,4ヶ月,6ヶ月という状況はもうすでに滞納ではなく、延滞と考えられる程度に文字が変わっていく。

もう払えないという現実をあなたは今すぐ行動して、少しでも内容的に自分たちにとっては、ありがたい条件を引き出すための情報を知るべきタイミングだと私は思います。

スポンサーリンク