スポンサーリンク

住宅ローン滞納ブログ読んで競売や任意売却の体験を見たい。

住宅ローン滞納

住宅ローンは銀行からの借金。

当然返済が契約書にある期間での期日に支払いがされるのが通常の対応。

しかし、返済時に予定の額が払えないということや支払いが後になってしまうということも当然可能性はゼロではない。

ただ払えない人になれば、shっ金を抱える期間には、滞納、延滞等に該当する人になる。

金融機関は住宅金融支援機構等に連絡をする事で、代位弁済等でリスクを抱えないような仕組みも出来ている。

しかし、債務者はあくまで契約書の内容の通り、自分で毎月の金利を含めた返済予定となる額を通知等を受けずとも支払いをしなければいけない。

このような中でも、2015年,216年,2017年にも、問題の解決が難しいため、以下のような方法を取った人もいるはず。

銀行からの督促関連通知の受け取り。

裁判所を通じての自己破産手続き。

督促などの後に専門の業者による競売や任意の売却の続き。

債権者は、債務をできるだけ満額回収することが優先される。

当然引越しなどもう2度とする必要が無い生活を送るために多くの人が住宅を自分のマイホームとして購入しているはず。

それでも、現実として、収入が減ったり、離婚したり、転職をしたりといういろいろな事情を含めて、ローンを組む前と後の生活が一変している人も多いはず。

このような時、多くの人は今の自分と同じ経験をしている記事をブログから探そうとする人も多いはず。

私のサイトは、住宅ローン払えないということbに陥りやすい方が実際に体験している事が多い悩みやその時の対処法をご紹介したいと思い運営しております。

サイト管理人JKと申します。

不動産は多くの人に夢と希望と幸せだけを届けてくれているわけではない。

でも、自分が困った時、誰に何をどのように相談すればいいのか?

このような事を考えた時、無料相談を探す時、ブログを見て参考にするという考え方にちょっと意識しておくべき部分がある。

今回の記事では、住宅ローン滞納ブログを見る時、チェックしておくべき内容を以下の項目でご紹介していきます。

住宅ローン滞納ブログ閲覧注意点

住宅ローン滞納ブログ弁護士対応

住宅ローン滞納ブログ銀行の対応

自分の自宅だからこそ、とにあく今なら何とかなるのか?

この答えを売却以外にも選択が可能なのかを含めてまず調べるなら意識しておくべきポイントを知る。

こんな感覚でご覧ください。


スポンサーリンク

住宅ローン滞納ブログ閲覧注意点

住宅ローン滞納ブログ

スポンサーリンク

今すぐにできるだけ相談する先を知りたい。

この様に考える人も多いと思いますが、やはり支払いをしている金額も税金も自宅が事務所となっているなどの特徴もいろいろ人により違う。

債務を持つ人にもいろいろな人がいる。

債権者となる金融機関も今と昔の流れが銀行の仕組みや体制を含めて大きく変わってきている。

こうした時代だからこそ、まずは自分と似た人のブログを探す。

この意識を必要としながら、以下のポイントをチェックしておくことが大切になるのではないでしょうか?

住宅ローン滞納ブログ弁護士対応

住宅ローン相談ではなく、トラブル対処の開始となった際に、弁護士に相談をしている人も多いはず。

払えない事に対して、自分たちがどういう対応を取るべきか?

この悩みに対する解決の考え方や方法についての考え方も人により実際には大きく違いがある。

    • 即売却と選択をする人もいるかもしれない。
    • 毎月督促などの通知が何階も来ているのに、放置している人もいるかもしれない。
    • 可能な限り自分の自宅を出て行かない方法を探したい人もいるかもしれない
    • とにかく自己破産だけは避ける解決方法を探す人もいる。

このように、人により、弁護士に対応を求める時の趣旨が全く違うのです。

いくら専門の問題解決の方法を提案してくれる人でも、あくまえ内容が違う。

これが、同じ住宅ローン滞納ブログの中でも見極めが必要になる部分なのです。

住宅ローン滞納ブログ金融機関対応

住宅ローンの債権者である技能も督促などの方法に大きな違いがあるのも現実。

実際に2015年、2016年、2017年、2018年と住宅ローンを私も支払いしている状況。

この中で、銀行によって大きく取扱いのカタチが違うと思ったのは以下のような経験もしている。

口座残高の不足の際には、引き落とし不可とする銀行だけではない現実。

1月から3月、9月から12月など数ヶ月の間ボーナス払いの方法を採用する人が特定の加算分も払っている。

こうした時、つい状況として急な出費を伴う時、注意していたと思っていても忘れてしまったものがあったとしたら、口座残高不足の状況は誰でもカンタンに起こると思っておくべき。

こうした時、何か購入したものがある時のクレジットカードなどの決済は、あくまで口座残高不足で引き落とし不可が前提。

しかし、銀行によっては、その分を自分たちの口座であるからなのか、-として計上して、回収済みとして処理にかかるケースがある事を知った。

生活が苦しくなくても当然こういう問題は起こりえる。

最近は、クレジットカードも多様化して、引き落とし日も契約先の会社により異なる事も珍しくない。

このような背景に柔軟に対応をしている最近の銀行の対応ととても厳密で1日たりとも何が理由であろうと許さない。

こうした銀行の対応の違いでは、本人の苦しみや連絡を受ける内容に大きな差が生まれます。

よって、同じブログという体験を通じた声でもやはり、答えは千差万別。

過去数年と10年以上前も違う。

実際にお金がどう動いているのかだけでは情報が足りない。

あくまで、銀行、弁護士、通知内容、それぞれの対応と時期を含めて、しっかり内容を探す事を意識してみてください。

スポンサーリンク