頭金なしで家を買う。

理論上、この考え方を絶対にダメと言うことを誰も言わない。

しかし、現実的な考え方をしていくなら、この考え方は浅はか。

何とかなる。

どうにかする。

必死に働く。

この決意は大切かもしれない。

でももっと現実を見てほしい。

生活費をどこまで考えている?

子どもの養育費や奥さんが働けない共働き解消の状況へのリスクは?

子どもが出来た時の健診費用や出産の為の入院費用は?

これから子どもを育てていくことを計画している家庭でマンションや家を建てる計画をしているからこそ、考えておくべき事はたくさんある。

なのに、頭金なしでも将来何とかなるという根拠はどこから出てくる?

実際に頭金なしの状況での物件購入をそれぞれの記事で、後悔する人の典型例をご紹介しています。

頭金なし住宅ローン後悔

頭金なし住宅ローン後悔

頭金なし住宅ローン後悔が多い理由は簡単!破産予備軍になるな!

 

頭金なし住宅ローン申込金額毎の注意点

住宅ローン頭金なしで組む金額

自分たちの家はいったいいくらくらいの物件を購入するのか?

土地と建物の購入予定。

土地ありの建物のみの購入。

地盤強化やリフォームなどを含めたローン利用。

いろいろな選択肢がある中で、そもそも無謀と考えるべき人と安全の境界線を体験からご紹介しています。

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収|苦労体験記

頭金なし住宅ローン2500万の安全確認ポイント|苦労体験記

頭金なし住宅ローン金利の選び方を含めて、申込み方法もご紹介しています

頭金なし住宅ローン審査おすすめの方法

頭金なし住宅ローン貯金なしの家探しのコツと注意点

 

頭金なし住宅ローンでも幸せをつかむ

住宅ローン頭金なしで組む成功法

頭金なしで家を買う事は、銀行も許容の範囲にしている事が多い。

家を買うことを計画する上で、絶対的に意識しておくべきことさえクリアにしている事が最も大切。

その中でも最も意識してほしいことがあります。

住宅ローンは頭金なしでも組めるがその先が大切

とにかく最初の時点で、支払いが必要な事項をすべて洗いざらい書き出すことを徹底してください。

我が家が実際に試算した時に作ったのは、以下のような表です。

住宅関連費用に必須な項目 収入試算額
水道 太陽口発電売電価格シミュレーション
光熱費 子供手当
ガス代 給料手取り
通信費(光回線や固定電話費用) ボーナス分÷12ヶ月換算金額
スマホ
食費
外食費
車の保険料やローン総額(月換算)
生命保険(支払い分÷12ヶ月)
子どもの保育園費用(バス通園などすべて含めた金額)
子どもの習いごとに必要な費用

子の出費と収入の合計を必ず毎月という換算額で計算をすることが大切。

6月7月8月の夏の出費とか12月1月2月という冬のボーナスを計算ではあいまい差が残る。

今後の住宅購入後には、上記には含まれていない火災保険や固定資産税の支払いや住民税やマンションなら、駐車場や駐輪場、管理費、修繕積立費などを必要とする。

一戸建てでも、住みながらの修繕費や修理費用はあくまで自分たちで費用を捻出する必要がある。

だからこそ、曖昧に年間計画にしてしまうと、何かあったときに対処ができなくなる。

必ず毎月の換算に合わせた計画をしておくことが重要になる。

頭金なしの代わりの繰り上げ返済目安確定

頭金を100万円捻出できない部分の貯金を100万円繰り上げ返済でも何かに使う自由な貯金をどのくらいのペースで用意できるのか?

この計画がリアルにできる人は、たいてい困らないと私は思っている。

家を修理する対象は、たいていは、高い水回りの関係でも数十万円。

つまりは、それ以上の数百万円をかけての修理や修繕は簡単には訪れない。

しかし、この100万円を10年以内で用意が出来なければ次の苦労が待っている。

それが、以下のような項目である。

  • 住宅ローン減税解除。
  • 火災保険2回目の支払い時期。
  • 外壁などの修繕工事。

このようなまとまった金額が年収を問わず訪れることになります。

この10年ひと昔という時期に、水回りの故障率も高まるのが住宅設備の特徴と言えます。

ですから、100万円を家の為に使える資金準備が10年以内に可能な家計計画を立てられる返済計画であれば、無難な生活を送ることも可能になる。

この意識を元に、計画を立ててみてください。