スポンサーリンク


家が欲しい。

子どもたちの成長に合わせて、引っ越しを意識する時期だと思う。

今の家賃と同じ程度又はそれ以下での毎月の返済額なら生活できると思う。

住まいのエリアによっても生活水準は大きく異なる。

物価の高いエリアより低いエリアの方が暮らすのは簡単になる。

市県民税や住民税が高いエリアよりも安い地域の方がランニングコストも安い。

家を買うことも土地が坪単価1万円以下の場所も日本全国で考えたら今ならいくらでも出てくる。

このような時代だからこそ、頭金なしで住宅ローンを組んでも生活ができると思う人もいる。

しかし、審査が通るかどうかは別の話。

実際に頭金なしでも住宅ローン審査に通る方法を体験からご紹介していきます。


スポンサーリンク

頭金なし住宅ローンおすすめの発想

住宅ローン頭金なしおすすめ

まずは、諸経費や火災保険、事務手数料などを含めた考え方をしていく上で、頭金なしでも通すための銀行選びについてご紹介していきます。

金利は変動、固定、フラット35どれ?

金利を選ぶ事も大切です。

しかし、フラット35が本当にお得かと言えば違います。

2018年までの超低金利政策にあやかって金利上昇リスクを回避するために選ぶ人も多かった。

しかし、今後はフラット35も金利上昇の動きも出始めている。

超低金利時代に比較すると、徐々に変動金利も3年、5年、10年の固定金利も上昇しているように見える。

しかし、まずは、5年、10年の中で、住宅ローン減税が終わるより先に長期優良住宅による減税解除が先になります。

だからこそ、家を購入した時には、金利よりも先に影響が出る対象がある。

それは、結果的にローン金利以外の負担金増加に注目。

まずは5年間。

この時間の中で家計の変化や子供の成長に合わせた支払いが可能な金利を選ぶ事が大切。

銀行選びは審査難易度で選択

審査に通りやすい難易度は以下のような流れになっている。

通りにくい順に並べると以下のような順になります。

無人バンクやネットバンクメガバンク

都市銀

第二地銀

第三地方銀行

この並びは、時代の流れに関係なく、やはり金利が低い銀行ほど審査が厳しいというわかりやすさがある。

できるだけ審査に通す事を考えるなら、地銀とメガバンク、低金利型をバランスよく選択しておくことが大切です。

申込み方法は単独ではなく、一斉

あくまで住宅ローン審査はもう銀行の窓口担当者や支店長の裁量なんてものはもう古い時代になりつつある。

その根拠は?

銀行の規模を問わず、支店長の裁量は所詮は、事前審査まで。

本審査を行うのは、あくまでも第三者機関であるCICなどの専門機関。

よって、銀行を絞り込む価値も無ければ、必死に担当に頼んでも意味がない。

基本は、銀行に競わせる。

この発想を持たせることが、事前審査の時間を短くするコツにもつながる。

 

住宅ローン頭金なし申込み方法のコツ

あなたがもし今の時点で、どう考えても頭金をねん出することが出来ない。

だけど今ある物件を手に入れておく価値はある。

このように考えているなら、私は、銀行には一切足を運ばないことを伝えたい。

頭金なしの住宅ローン審査準備

細かい点では、以下のような内容も大切。

  • クレジットカードのキャッシング枠をゼロ。
  • 枚数を可能な限り絞り込む。
  • 過去のキャッシングや返済中のローンや分割払いの一括精算。
  • 車のローンやスマホの割賦販売の残高確認。

せめてこのような内容はきっちり仕上げておく事が大切。

さらに、通帳のコピーを求められた際にも複数口座があるなら、できるだけすべての通帳を手元に用意しておく。

このように、少しでも自分たちの書類上の記載内容に不備がないように準備を進める事が大切。

その先に、あなたが通すために知るべきは一括申し込みという方法です。

私が実際に2度落ちた後に通った方法を別のサイトでご紹介しています。

スポンサーリンク

住宅ローン審査に来店不要!3社目で通過した方法

あなたがもし本気で今の物件を手に入れる方法を知りたいと思ったら、私の苦労話を含めて参考にしてください。

スポンサーリンク