スポンサーリンク

住宅ローン返済中の支払いがきつい!と今まさに思っている人は徐々に増えている。

家を購入する時には、きちんと年収や生活費、暮らしに必要な経費をいろいろ夫婦で話をしてきたはず。

予定通りの生活が行われていれば、なぜ無理と思ってしまうような生活になるのか?

  • どうせまたどこかで多重債務になるようなローンやキャッシングでもしたのでは?
  • ギャンブルとかの癖で家買った後に遊んでるんでしょ?
  • 子供がいるのに、簡単に仕事辞めるからでしょ!

確かに車やスマホなど今の生活の中での購入する情報の中には、支払い方法として分割や割賦払いをする話は当たり前になっている。

「ちょっとなら」

「24回で終わるなら」

こんな言葉と金利も無金利となった時には、購入しなくてもよい事に手を出して、今より快適な生活を求める人は多い。

しかし、こうした浪費という問題を別として、それ以外の話でも簡単に返済がしんどいという話は会社を辞めていない人にも訪れる。

私も周りから、住宅ローンを借りる前の収入と住宅の種類や借入の相談を多数受けています。

これまでにも住宅ローン返済がきつい、生活が苦しいといった内容について、以下のような内容尾ご紹介してきました。

住宅ローン支払い不安解消法

住宅ローン支払いは可能?不安確認方法体験記

住宅ローン支払い苦しい

住宅ローン支払い苦しい

住宅ローン支払い苦しい時何から始めるべき?優先順位と注意点

住宅ローン貧乏地獄

住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇新築分譲マンション購入体験ブログ

住宅ローン後悔苦しい生活ブログ

住宅ローン苦しいを家を買う前に見る時の後悔チェックポイントと私の体験記ブログ

住宅ローン支払い厳しい

住宅ローン支払い厳しい

住宅ローン支払いが厳しい現実!転職組の注意点ととるべき行動

住宅ローンギリギリの生活の見直し方

住宅ローンがやばい!ギリギリの生活者がすぐにやるべきこと!

住宅ローン支払いできない

住宅ローン支払いできない状態に陥る典型的な原因と回避策

住宅ローン支払い方法変更

住宅ローン支払い方法変更

住宅ローン支払い方法変更注意点とお勧めの見直し方体験記

住宅ローン支払い後の転職

住宅ローン支払い中の転職

住宅ローン支払いが厳しい現実!転職組の注意点ととるべき行動

住宅ローン支払いがきつい時

住宅ローンがきつい体験

住宅ローンがきつい人におすすめとよくある誤解や注意点体験記

住宅ローン支払い延滞

住宅ローン返済延滞

住宅ローン返済延滞とは?その後はどうなる?最悪の厳しい現実と対処法

住宅ローン支払い額計算

住宅ローン支払い中の転職

住宅ローンと火災保険支払いは要注意!計算注意点

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

今実際に組んでから、貯金がない、貯蓄ができない、親や妻に泣きつかれている、など遅延、延滞、滞納間近になってどうしたらいいか困っている人への情報。

私自身が、新築マンションと一戸建て購入経験者。

そして、私自身も27日に残金が数百円というまさにローン地獄の日々を数ヶ月過ごしたことがありました。

何が問題なの?

どうしてそんな状況になるの?

この問題とするべき点をきちんと体験者が実際に計画不足だったと感じた内容をご紹介しながら運営しています。

今回の記事では、住宅ローン返済がしんどいという家計になる家の典型例とその対策方法を以下の項目でご紹介しています。

住宅ローン返済しんどい理由典型例

住宅ローン返済しんどい返済計画案

住宅ローン返済しんどい時どうする?

自分が住宅ローン相談を銀行に持ち掛けた時には状況は良いみたいな事を簡単に言われている事がある。

しかし、時間が経過して、返済中の中にはいろいろなことが起こる。

マイホームはいつでも買えるが、やはり、ローンでの完済の年齢を考えると早めの方が気が楽になる。

最悪の事態を想定して借りよう。

この意識を元に、今の年収と家計を徹底的に見直す時間としてお役立てください。


スポンサーリンク

住宅ローン返済しんどい理由典型例

住宅ローン返済しんどい

現在の自分の年収の想定と物件の価格、さらに賃貸中の家賃から返済可能な金額を計算。

借入前の家族での話しでの典型例。

しかし、この計算に基づく年収とマンション、一戸建ての返済計画はほぼ無謀となる前提の中にいると確信を持って言える。

住宅ローン返済がしんどい典型例1.家賃と返済額

そも素も家を買う。

マイホームに済み続けるという事に対して、多くの人が完全に誤認している事がある。

それが、賃貸にはない返済や契約が必要な内容をしっかり暮らしの出費の計画に入れていないこと。

一戸建てなら、以下のような内容が必須。

  • 固定資産税
  • 浄化槽のある家は、点検やメンテナンスコスト
  • 10年、20年後の外壁メンテナンス
  • 10~13年目以降のキッチン、トイレ、お風呂、洗面台などの水回りのリフォームや修繕費用。
  • 火災保険地震保険の支払い
  • インターネット回線費用

マンションなら、以下のような内容が必須。

  • 固定資産税
  • 駐車場、駐輪場の費用
  • 管理費、修繕積立費、ネット回線などのサービス利用料
  • リフォームや修繕費用は、戸建と変わらない。
  • 火災保険地震保険の支払いも戸建と変わらない

このような項目は、マイホームを手にした後に必ず時間の経過に伴ってローン返済額を問わず、理由を問わず発生する。

こうした内容のお金がなぜ将来の計画の中に入っていない?

年間の貯金ができないという時間を重ねていけば、あっという間にこのような支払いが必要な時の限界が訪れる。

住宅ローン返済がしんどい典型例2.ボーナス併用

私自身も最初はボーナス併用を安易に選択していた。

しかし、この考え方に夫婦で話し合いをしたときには絶対理由を問わず反対する勇気を持つ必要がある。

なぜか?

家賃の賃料の価格をチェックする時には、絶対ボーナスがあるという計算をして物件を決めていない。

あくまで毎月払っていける月収で振り込まれる金額の範囲内で計算をしている事が多い。

これが当たり前の状況から、なぜか新築となった途端、人生で一生に一回と自分たちに都合の良い言葉を用いて、大丈夫と思い込む。

しかし、この思い込みの先には、簡単に以下のような事態が起こるだけで、家計の資金はショートしていく。

  • 子供が生まれるタイミングや資金調整の時期のずれ。
  • 大型家具家電の新築入居時の購入に関する諸費用。
  • 頭金や諸費用などの住宅購入時に発生する住宅ローン返済以外の出費。
  • 子供の進級、進学に伴う教育費に対しての別途蓄えが無い状態。
  • 火災保険料の値上がりの影響。

このようなことは別に人生の中で、保険に入って払っていくだけの内容のはずが、あっという間に他のことに手が付けられない状態になる人と同じ。

結果的に検討する時には、ボーナスは全て貯金する感じが重要。

ボーナスは年収という感覚よりも家計の万が一の最悪の事態を支えるための家計の保険。

こんな認識が必要なんです。

 

住宅ローン返済しんどい返済計画案

住宅ローン返済しんどい計画注意点

最初の頃は上手くいいっていたはず。

夫婦ともに働いて、少しの節約を検討するだけでやっていけていた。

なのに、5年、10年、15年、20年。

自分たちの人生の時間の経過に伴って先が見えない状態になってきた。

  • 一括なんてとても無理。
  • 火災保険以外の生命保険関連ももう解約するしかない状態。
  • 子供の教育も当然ローンを組むしか対策ができない。

こんな状況にわが子にも教育に対して、進学はすべて自分で返済を依頼しているような家も多い。

自分たちの将来の為の貯金や不安なんて言ってる余裕もない。

毎月今買うお金がない。

早く給料日が来てほしいと月半ばでは必ず言っている。

こんな生活になってしまう光景を私も見てきた。

ではどうしてこんな年数が経過している時間の中で状況が一変しているのか?

仕事のリストラなどの問題ではない返済計画としてご紹介していきます。

住宅ローン返済しんどい計画注意点

結果的に自分たちが車1台や家具家電など全て買い替えを要することを全て打ち出していますか?

  • 車は何年に1回買い替えて、その時の予算はいくらまでの用意をしておく?
  • 家電の買い替えを必要な金額の目安は?
  • 自分の老後の資金の為の保険は、月々いくらで65歳でいくらの受け取りを前提とする?

毎月の給料の中で数千円ではなく、2万円から5万円の予備資金としての運用がしっかり計画できていないと無謀となっていく。

貯蓄が減っていく。

この言葉を言わせているのは、あくまで暮らしの中で、その項目の予算の事を前に買ってからは何も計画をしていなかった証拠ともいえる。

あくまで物を買う時には何を購入する時にもいずれ壊れる、買い替える。

この周期を実際に計画の中に含めてやっていく事が大切なんです。

絶対に安易に聞いてはいけない相談相手

私が実際にローン関連の中で、家を買う時の相談として絶対に耳を傾けてはいけないと思う対象があった。

それが、銀行や金融機関の融資相談。

このような場所で担当している営業の大半は、独身。

そして、最近は実家暮らしとか一人暮らしという状態で自分は家を借りてもし何かあれば実家に戻る程度の認識の子が多い。

実際に私が2015年、2017年とローンの相談をした時の担当営業もどちらも子持ちでもない未婚者。

こういう人に、今の子供がいる実際の家計関連を計算できるのか?

無理です。

当然、自分が体験していないことをただ資格を持っただけのデータに基づくような悩み対応からの答えは、所詮売り込み前提のカバーでしかない。

絶対に相談という先には、お金を借りる場所に対して足を運び、話しを聞くことはやってはいけない。

 

住宅ローン返済しんどい時どうする?

住宅ローン返済しんどい時どうする

もし今の2019年消費税増税前の状況で、返済がしんどいけど何とかやっている状態。

でもいつ滞納、遅延、延滞という3つの文字が訪れるのか怯えている。

こんな生活を送っているなら、間違いなくマンションなら絶対売却査定を出すべきです。

スポンサーリンク


正直、マンションについては私は無理に今の物件を維持することに固執する必要がないと断言できる。

なぜか?

最近は、リフォームやリノベーションを済ませて売却する物件も結果的に増えている。

今の自分たちの住む家のローンの残債があったとしても残債よりも買取が実際に査定額として上回ることも都心部には普通に出ている。

なのに、みんなその場所に住むことに固執をしすぎている。

もちろん既に生活が安定している事もあるかもしれない。

しかし、既に家計がパンク状態の物件をいくら大事にしても、当然支払いが遅れることになっている家計にリフォームは無理。

そして、賃貸を借りる場所もリサーチしていないだけの状況も最近は多い。

だったら、まずはマンション程査定をお勧めしたい。

私も実際に購入価格よりも査定の額の方が多かった。

だからこそ、あなたにも迷っている位なら、先に売却するしないをとわず、逃げ道を確保する為の策として売却査定を含めて計画を立てる事がお勧めなんです。

転職や老後の不安と一戸建ても当然売却から住み替え可能

私は地方の田舎に住んでいる。

しかし、今の物件を手に入れて、正直、子どもを育てる上での環境としては十分だと思ってる。

そして、絶対老後に住む暮らしにおいては、こういう環境の方がやっていきやすい。

こう感じるようになってきた。

既に過去には駅徒歩5分、7分などの便利や好立地を経験していたマンション生活者のやっていることとは思えないと周りからは言われることもある。

しかし、実際住み家を変える事も若い世代にも増えている。

無理をしない。

自分たちが借りる賃貸の契約にはもし保証人関連に苦労があれば、何処にも住めない。

こんな状況だけは避けたいはず。

だからこそ、もう一度今の家から資金作りをする事を考えてみるタイミングとして査定に出すことは大切なことなんです。

スポンサーリンク