スポンサーリンク


頭金なしでも家は買える時代。

ローンを組むなら、今無理して頭金を払う必要はないのでは?

ゆっくり35年という期間を使って住んでから支払いを住宅ローン返済で月々払うだけ。

家を購入する人の中には、購入する家の金額や年収を問わず諸費用を含めてすべての支払いを住宅ローンに合算する人もいる。

建売住宅。

ローコスト住宅。

土地と建物の住宅購入。

中古のマンション、一戸建て。

さまざまな形でマイホーム購入の夢は実現することが可能になる。

しかし、頭金なしの住宅ローンを無謀だったと審査を通過して、引渡しも終わった時に思い返す人も多いのが現実。

その原因は何か?

自分自身が新築マンションを購入して月数百円の残高生活で見た地獄の日々から反省を活かし伝えたい事がある。

これまでにも頭金なしの住宅ローンについては、以下のような内容を綴ってきました。

 

今支払いをしている内容が多いから貯金を残したい。

でもマイホームは欲しい。

こんな衝動から不動産という大きな買い物に乗り出すことを考える。


スポンサーリンク


住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローンに後悔する人のブログに多い共通点。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う間に見る時のチェックポイント

頭金なし住宅ローン後悔

頭金なし住宅ローン後悔が多い理由は簡単!破産予備軍になるな!

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

実際に、ローンを払えなくなった先に出てくる用語も正しく知っておくことが大切。

住宅ローン滞納

滞納とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

滞納、延滞、遅延いずれも毎月の月々の返済額すら難しい現実。

そもそも頭金なしで住宅ローンを組むという発想もあまりよいことではないこともご紹介しています。

頭金なし住宅ローン中古マンション選び方

頭金なしマンション購入は無謀?独身購入の悲劇体験記

頭金なし一戸建て貯金額

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?

頭金なし中古家を買う選び方

頭金なしで家を買う中古で後悔する簡単な理由

頭金なし住宅ローン銀行選び方

住宅ローン頭金なし銀行選びに必要なデータ

頭金なし住宅ローン2500万と年収目安

頭金なし住宅ローン2500万の安全確認ポイント|苦悩体験記

頭金なし住宅ローン2000万無難な年収

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収

頭金なし住宅ローン1500万後悔

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

多くの人が住宅ローンという言葉に年収に対していくら借りる?とか金利を含めて月々いくら返す?

今の家賃で支払いをしている金額程度なら大丈夫と考えて、マイホーム生活を考え宇人が多い。

貯金があっても将来に必要なことは多い。

だったら、なぜ今買う?と考えるよりも今欲しいし、買えるなら買う。

こんな計画を持つ人に言わせてもらいたい事があります。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないた目の情報。

家を買ってから、実際に延滞、遅延、滞納など生活がきつい、厳しい、返済が無理と悩む人の取るべき行動。

このような内容を自分のリアルな体験の中からご紹介しています。

今回の記事では、頭金なし住宅ローンが無謀であるラインを以下の項目でご紹介しています。

頭金なし住宅ローンが無謀な人の特徴

頭金なし住宅ローンが無謀ではない人

頭金なし住宅ローン無謀と意見の違い

頭金なし住宅ローン無謀な決断の先

別に住宅を買うのは今でなくてもよいのではないのか?

35年のローンを払う生活を考えると、会社員生活終了の年齢を気にしなければいけない。

どちらも言っていることは間違ってない。

でも家を買ってからマイホーム貧乏みたいなことになったら何も幸せを感じることはない。

家を買う時の貯金の残高や買う前に意識してほしい内容をご紹介しています。


スポンサーリンク

頭金なし住宅ローンが無謀な人の特徴

頭金なし住宅ローン無謀

頭金なしの住宅ローンを考える人は年々増えていると言われている。

そして、その対象は明らかにハウスメーカーで購入する人よりもローコスト住宅や建売物件購入を考える人に多い。

この現実から、何を生活の中で気をつけるべきなのか?

頭金なし住宅ローンの無謀計画の根底

「タラレバ」

こんな言葉がどこまで想像できているだろうか?

  • 買う前にもう少し貯金してたら。
  • 賃貸と同じ金額と言われたのに、税金や保険の支払いがあったら限界。
  • 子どもが双子なんてなったら?

このように年収や会社の給料とかボーナスなんて事だけでなく、家を買う時には全体に気を配る必要がある。

固定資産税

子供の数と部屋数

子供の成長と教育費

自分の生活に使う白物家電の買い替えサイクル。

車の保険やガソリン代、保険料

生命保険加入。

ざっと並べただけでもいくら賃貸マンションで生活している人でも全く今の生活に関係ない項目がある。

マンションなら、これ以外にも月々の管理費、修繕積立費などの支払いも強制的に加算となる。

つまりは、家を建てる場合でもマンション住まいをする場合でも理由はなんであれ、当面の引っ越し後の生活を税金を含めて1年以上のストックは欲しい。

 

頭金なし住宅ローンが無謀ではない人

頭金なし住宅ローン無謀対象外

頭金なしで新築買う事が全て悪いという事ではない。

あくまで、いくら貯金残す?

この答えと物件の価格に基づく月々の返済方法次第によっては、毎月の生活と税金は簡単に払い続ける事が出来る。

頭金なし住宅ローンと資金管理

物件価格の半分とは言わない。

しかし、銀行から口座引き落としをされるのは、強制的に毎月同じ日に引き落としが行われる。

この時に、頭をよぎるのが、いつまで今の口座の残高だけで耐えられるのか?

この答えがいずれ訪れる可能性がある以下のような万が一のリスク対策につながる。

  • うつや病気での退職を余儀なくされた時。
  • 解雇、リストラなどの対象に入って職を失った時
  • 夫婦共働きの合算年収の計画が崩れた時

簡単に言うなら、収入減の実態により負担がどう変わるか?

この答えとして、今残されている資金があれば、十分5年、10年分くらいの税金は返せる。

こう言える人は、変動でも固定でもフラット35でも金利を問わず契約してから苦労はないはず。

せめて、税金は全て会社の給料を期待しなくても返済計画が成り立つ。

賃貸とは違う部分でかかる対象に対してきちんとフォローできる資金があると言ってる人は、ローンの月々と賃貸の家賃比較だけで済む話。

これが大きく価値が異なってくるのです。

 

頭金なし住宅ローン無謀と意見の違い

マイホーム購入予算が大雑把すぎる。

今買わないと金利が上がるかもしれない!

妻と夫のマイホーム購入計画にむける話は、かなりいろいろな点で平行線になることがある。

夫婦の意見の亀裂が増える情報

家を買う時に頭をよぎるのは、男は支払い。

女は家族を守るセキュリティや教育機関などの通学や医療機関を利用する時の周辺環境条件など生活をするための情報。

全く言っていることも組んでからの悩みも違う者の意見の先に、住宅ローン返済の話もすれ違いが多い。

  • 金利が低いなら変動金利にするべきだ。
  • 上昇リスクを考えるなら、フラット35にしておくべき。
  • 借り換えも予定すれば、今は通るならどこでも良い。

こんな風に自分が返済になる事だと夫はお金の事ばかりを考えて、予算の話を中心にしてくる。

妻的には、その後の生活が思っている通りの立地や生活に問題があるわけではないならという家事、育児的んな負担を考える。

つまり、年齢というよりも互いが全く違う未来を想定している。

だからこそ、意見が合わないというなやみを抱える状況になっている人には、まずは問題にする論点が全く違う。

この認識を持ちながら、支払っていけるかどうかは夫の仕事。

生活の中での食費や交通費などの経費については妻の仕事。

このように、お互いが自分がメインで行っている対象へのリスクを状況の確認から始める事が重要。

借り入れを簡単に考えるタイプの夫

車でもスマホでもなんでも新しいものが好き。

まだ使える対象でも、簡単に買い替えをしてしまう。

いつまでも何かに支払っている生活が止まらない。

こんな悩みを抱えている妻が、必死に家計の経費から調整している家族もある。

こういう点を言われて自分も思い当たる内容がある!

こう言ってる人は、借金、融資という言葉に対してもこう考える傾向がある。

「返済すればいいだけ。」

この言葉は今融資がおりるかどうかしか考えていない可能性が高い。

買ってからの内容は、買った後に考える。

これからのことなんて誰にも分らない。

他脚化にそうかもしれないが、家計と家族の将来を全く検討しないし予測もしないまま生きていくのは難しい時代。

  • 年金問題。
  • 退職金がない。
  • 仕事で少し嫌な事があるとすぐやめてしまう

こんなことばかりを行ってきて今も低金利の期間だからと検討している人は?

☞結果として多くは売却を行っていることも多い。

しっかり自分が何にいつまでいくらを払っている?

定年を迎えた後はいったいいくら残っている?

一括で完済することが出来るのはいつ?

持ち家を維持するというのが、大きな人生の計画になる。

買う事がすべてではない。

毎年の生活の変化にもきちんとそれまでの期間で用意した金額からねん出できることが大切。

あれが足りない、これが必要。

1つ一つは小さいことかもしれない。

でもその積み重ねがいつしか売却までの破綻ルートにつながっていく。

売却の心配不要な大丈夫はどこから?

基本として注文住宅でもマンションでも最も大切なポイントは、10年目までの返済計画。

なぜ10?

子どもがいる人は、

5歳は15歳で高校生

10歳は20歳で大学生。

このように、今必要な学生の教育費は大きく変わる。

数千円では済まない金額差が発生しているポイントと言える。

さらに、長期優良住宅や住宅ローン減税や控除などを利用している人も得となる期間が無くなる時期でもある。

徐々に、夫も妻も体力が変わってくる。

パートに働きに出る職場選びも本当に大きく変わってくる。

まずは5年、10年は本当に手取りが不安定な状態でもやっていけるのか?

これが審査が通るかどうか以上に確認をしておくべき無難な生活を送るために必要な条件だと私は伝えたい。

不動産屋の巧みな言葉に騙されるな!

ある意味、不動産は全てが投資だと私は常に身内から教わってきた。

いくら買えるから買うという事を意識しても、利息を払ってまで手に入れる価値は何か?

これは、あくまで地域を問わず、購入した価格目安を同じような金額で売却ができるかどうかという資産価値の問題。

買いやすい価格は、その分売却査定の時の金額も条件も悪い。

これは、どんなモノでも同じですよね。

かなり人気で治安も安心のエリアは当然古い物件でも3000万円以上簡単に値段がつく。

反対に、100万円、200万円、300万円という金額で実際に土地や建物は売買されている時代でもある。

スポンサーリンク

これだけの差があるのは、保険の支払いが高いとか条件がいろいろあって結局お金を別の意味で作る必要がある物件もある。

年間支払額と家賃相場。

こんな文字で月々5万、7万で住宅ローンは払えます!

こういう文字が大きく出ているようなチラシは、あくまでネット回線も維持も全く入れない金額でしかない。

組めるから買うは間違いであることを意識しておくことが大切。

 

頭金なし住宅ローン無謀な挑戦の先

頭金なし住宅ローン無謀な決断の先

今後本当に修繕も修理も全くしない。

メンテナンスもしない。

仮にこんなローンを払うだけの生活を予想しているなら、大幅に計画は崩れ去る。

所詮家は老朽化していく。

仮に修繕しようとしても場所によっては、10万、20万は簡単に必要になる。

車検と同じと考えてもよいかもしれない。

それがパーツの数で増える。

全てにテコ入れをしなければ、その部屋は年数の積み重ねでどんどん傷んでいく。

保証があったとしてもあくまでその全額をカバーしていることは絶対にありえない。

いろいろな箇所が痛み、そして、ローンの残りの年数よりも家の寿命の方が短くなる?

まさかとは思うかもしれないが、それくらいいろいろ出る問題は過去に比べ心配は多くなっている。

その典型例が、自然災害による影響で修復や修繕が増える可能性。

引っ越し後はもういろいろ旅行に出ることも無理になった。

過去に比べ、人生の中で買い物をする判断がシビアになった。

離婚をちらつかされる生活に怯えている。

どこが夢の実現だ!

残りの自分たちの人生はまさにローン地獄だ。

持ち家貧乏になってしまった先に、結果的にあと少しの2割程度が払えず、自己破産する人も今は普通にいる。

じっくり慎重に考えておくべき問題を先送りしてはいけない。

しっかり頭金なしで作る貯金額と出費は最大限リスト化してすべて使い切るのに何年?

この答えが出てから住まいを考えてみてください。

スポンサーリンク