スポンサーリンク


家を買うな!とか買う価値なんてない!

住宅ローンを組むのはバカだ!

住宅を買う人や欲しい、買いたいという人もいれば、まったく反対に家なんて買う必要はないという人もいる。

不動産は、あくまでローンで買う人が圧倒的に多い。

そして、本当の意味で自分の家になるのは、あくまで住宅ローン完済をした時点。

その前は何を理由にしても、返済に遅延、滞納、延滞となれば家を失う。

自己破産、競売、任意売却などで自分の家を手放す必要が迫られる。

今の生活を維持していけるなら買ってもいい。

こんな気持ちになって買った人も生活に無理があるとか厳しい、限界、きついと嘆く人が増えている。

これまでもにも住宅ローンが払えない悩みについて、以下のような内容を綴ってきました。

家なんて買うんじゃなかった

家なんて買うんじゃなかった!地獄の日々経験者が対策法を解説

ローン月々返済額

スポンサーリンク

ローン月々返済額家のシミュレーション後悔注意

ローン月々家と車

ローン月々車と言えどっちが優先?繰り上げ返済に多い悩み

住宅ローン教育費苦しい時の対処法

住宅ローンと教育費で苦しい時夫婦でまずやるべきこと!体験記


住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローンカツカツ生活反省ブログ

住宅ローンでカツカツな日々反省体験記ブログ

住宅ローンギリギリの生活と失敗思考

住宅ローンでギリギリの生活者が2019にやるべきこと

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローンに後悔する人のブログに多い共通点。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う間に見る時のチェックポイント

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

実際に、ローンを払えなくなった先に出てくる用語も正しく知っておくことが大切。

住宅ローン滞納

滞納とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

人は別に賃貸でも暮らしていけるというのも嘘ではない。

住宅を買ってローン返済にお金を使っても賃貸で毎月家賃を払っても同じ居住費という考え方もできる。

しかし、今と将来。

この2つを考えたら、老後にお金を持っているかどうかわからない。

だからこそ、将来は毎月の家賃の支払いから解放される暮らしを求めて人は少しでも今はちょっと無理をしても家を買うことを意識する。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

今まさにローン返済が少しでもきつい、厳しい、無理、限界を感じて毎月不安の中にいる人はどうしたらいいのか?

この2つを新築マンション、一戸建て住宅購入経験であり、何よりローン地獄貧乏の極貧生活を1年経験してきたからこそ伝えたいリアルな体験をご紹介しています。

会社に勤めて、ようやく自分の暮らしも安心ができる時を経験する人もいる。

しかし、この先何があっても大丈夫と確信を持つ根拠はどこまで持っている?

この答えを含めて、人生とお金の計画と不動産購入という視点を以下の内容でご紹介しています。

マイホーム貧乏になる人の特徴

マイホーム貧乏になる時の行動

マイホーム貧乏になるは回避可能

別に、マイホームを買ったからローンの払いがあって大変になって貧乏になるわけではない。

あくまでその対策をきちんとしていなかっただけだと今の私は自分の家を持っていても感じている。

支払い的に大丈夫、やっていけるはず。

この言葉を夫が簡単に口にしている時には十分注意が必要です。


スポンサーリンク

マイホーム貧乏になる人の特徴

 

結果的に賃貸から新築や中古の住宅を購入する。

この結論を出す時に、多くの人が今なぜ必要なのかの答えを見誤っていると私は感じる事が多い。

その典型的な特徴をご紹介していきます。

家を手にする時期と誤認

特に多いのが、以下のような動機を前提とした住宅購入。

  • たまたま見つけた今の暮らしの家賃に似た毎月のローン返済シミュレーション記載の物件情報。
  • ハウスメーカーなどのキャンペーン応募で当たった新築一棟応募企画。
  • 銀行のローン無料相談の会場で支払いで情報として今がお得と聞いて信じてしまった人。
  • 家族が増えたことで今の住まいの状況が狭いと感じるようになった。

このように、何を買いに行く時にも常にそのための準備をしてきた人と突然の故障などにより予定外の衝動買いや出費をしている人がいる。

この2つは、結果的に住宅という対象だからこそ、事前の情報の不足が簡単に起こる。

車を買うとしても自動車保険や車検の費用が必要。

これと同じように不動産にも確実に購入したあとには誰にでも住んでいく中で払うべき物件維持に必要な経費がある。

これが、なぜか年収や子どもという価値に話がすり替わって、夫婦で相談の上、借り入れをする決意にまとまっていることが一番多いと思う。

問題はそのあとが、住んでから貧乏になる理由だと私は警告の意味を込めて伝えたい。

 

マイホーム貧乏になる時の行動

 

車でも家でも自分が手にした状況で一番ピークを迎えている人は少ない。

その後の関連商品を購入した上で満足を追求する。

買えると買わないの価値の違い

実際に私も頭金を払って家を2度買った。

しかし、1回目の当時は他にも欲しいものがいくつも残っていた状態だった。

これが、私の家計が独身一人暮らしだったのに、余裕もないギリギリの生活にハマった最大の原因だった。

対象の建物が最初はマンションだった。

当然暮らしには余裕があったと思っていた。

しかし、ローンを組んでからも買い物は増えてしまった。

生活に必要な寝具や家具

ホームシアター関連のAV機器。

この位の生活プランで満足していればよかったはずだった。

なのにいつかは、その環境に目を向けてさらにステータスを考えるようになってしまった。

身なりをもっときちんとしなければ恥ずかしいだろう。

どこかマンションに住む人の条件みたいな事を自分の中で描き始めてしまっていた。

別に誰に悪い事をしてるわけではないのに、必死にいろいろなモノに投資を始めてしまった私の暮らし。

結果的に自分の生活を考えるよりも良い物を家の中にそろえるコレクターのような感覚が先になってしまった。

こんな状況を一言で表現するなら、「買えるなら買う。」

これが最も持ち家を持つ時の悪い人生プランの設計だと私は痛感した。

負の連鎖を気にしない感覚。

こんな事を言わせてもらった方が考える時間のきっかけになると思います。

完済、税金より今

どこかで家は買える時に買うという考え方もある。

日本は、老後に向かって貧乏になっていくという人生プランがどこか成立している。

海外に住む知人は、不動産は投資だとはっきり言う。

買える価格で購入した後、必ず売却では建てる時と同じより高い方が圧倒的に多い。

だからこそ、家を買う事がステータスみたいに思われている。

これが、税金免除などの待遇も本当に日本と大きく違う。

だからこそ、家は投資だと言われている。

これだけの違いがあるなら、日本でも別に売却しても何も損がない状況があるのかもしれない。

しかし、実際は全く違う。

リフォームが必要になる将来の設計も必要。

固定資産税は土地の評価額で上がる可能性がある。

税金は税率もふくめてみんな給料からの天引きの額も増える。

こんな月々の生活の話以前に、給料が減るみたいな話が本当に消費税3%以降はずっと続いている。

結果的に本当に過去と同じ物を同じ価格で買えるのかと言っても買える商品はどんどん減っているのが日本の現実。

こういう時代に審査基準であったり、金利が安いというだけで浮かれる。

この現実からだけ得を感じる人の行動はやはり将来も以下のような言葉に引き寄せられるリスクがある。

  • 無金利
  • キャンペーン
  • キャッシュバック

こうした響きはもちろんどこか得を考えるし、新しい事を取り入れるのに買えるチャンスになっているようにも見える。

しかし、これはあくまで維持や買い替えのサイクルも見えてないのがリアルな目線。

買える時の大丈夫は過信。

本当に大丈夫というのは、じっくり検討した時間を使った人が組むローン。

生活の比較だけではない。

そもそも金持ちはお金を使わないという事を多くの人が知らない。

本当の金持ちは、質素な暮らしを好む。

もちろん、一時的な買い物をする時に本当大きな額を動かす。

しかし、その後は次の投資までの対策として、ほぼ色々なことに予算をゼロ状態にして計画をしていく。

これがもし何かあった時の為の判断と言える。

結局は、買える時に買う人たちは、どこか焦りを抑えきれないのかもしれない。

 

マイホーム貧乏になるは回避可能

 

今の私は自分のマイホームを一戸建てにして購入して引っ越しをして、住む間に年収は倍になった。

ようやく1000万円という状況はクリアできた。

でも今住む家の中にある環境は、じっくり判断して長く維持できるものしか買っていない。

節約の本質は何か?

場所を問わず、固定資産税を払い、住宅ローン減税で調整をしながら、子どもの教育費や老後の貯金をしなければいけない私たちの暮らし。

この状況の中で、いつがタイミングとして大切なのか?

この答えとして私は、自分の周りにいるみんなにはこう話す。

単純に結局いつ貯金を作って、一括は65歳で可能なのか?

これが結局最後の老後で少しでも早く楽になる人たちのやっている事なんだと思う。

人生の選択は日本のどこに住んでいても、こう考えるべきなんだと思う。

同じ時間を過ごし、同じ税金を払って過ごす人が自分の近くにはいるはず。

その環境がなぜ家庭により大きく差があるのか?

この答えは、年収に対して借り過ぎていたのかもしれない。

旅行を行き過ぎていたのかもしれない。

家族の人数が増え過ぎたのかもしれない。

リストラになったのかもしれない。

給料や年収が減ったからかもしれない。

でもこのいずれもすべてを自分の人生で想定外にしていない状況なら?

冷静に客観的な目で自分の人生プランを今後を含めて考える。

こうすれば、ある意味、大きく間違った選択はしないはず。

スポンサーリンク