スポンサーリンク

頭金なしで家を買いたい。家が欲しいけど今ある貯金は残したい。フルローンとか諸費用ゼロ円って本当に大丈夫?家が欲しいと思った時と貯金の状況は決して必ずしも理想通りにはならない事も多い。

特に、一戸建てに多いのは、分譲地住宅や建売などの状況を突然知った時と自分たちの予算の範囲内だった時。

  • 学区としても自分たちが欲しい不動産エリアだったこと。
  • マンションとは違い、修繕積立費や管理日が不要の安心。
  • 今買う必要がアルカと言えば迷いも多いが、思ってた金額通りだった費用の物件。

こうした自分たちが欲しいと思う基準として、ローンの月々の返済額や頭金ゼロでも購入可能。

こうした不動産会社のチラシやネットの情報を見た時、多くの人が飛びつくべきか考えてしまう。

しかし、こうした一戸建ての費用はかなり慎重に吟味するべき事が多い。

そして、頭金なしの一戸建て購入で貯金をいくら残すべきか?

この考え方は非常に自己破産や住宅ローン遅延、延滞のリスクを背負うことであるかもお伝えしたいことがあります。

マイホームを購入する費用の中で頭金なしの貯金を残すという選択が、なぜ新築、中古を問わず私が止めたいと思うのか?

実際に新築マンション、新築一戸建てを人生で経験した時、家って何が維持するのに大変なのか?

この点を考えた時に、しっかり管理する事の意味をかみしめた体験をご紹介していきます。

新築一戸建てに特に多い住宅ローン支払い費用の支払いサンプルなどがある現実に対して、私が注意してほしい内容を以下の項目でご紹介しています。

頭金なし一戸建て貯金はいくらの価値と誤解

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?と苦労

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?の対象

結果的に、マイホームは住宅ローン審査が通って、自分たちが住宅に住んだ時が完成ではない。

この引越しを終えて引渡しが完了した時から、35年のローン完済の始まり。

物件を見たりするのは確かに楽しい。

でも実際に家を手にして賃貸住宅の暮らしと比較した時の生活イメージは、何が違うのか?

暮らしが変わる?

何に意識をしておかなければ困るのか?

こうした部分を体験から言わせてもらえたらと思います。


スポンサーリンク

頭金なし一戸建て貯金はいくらの価値と誤解

頭金なし一戸建て貯金額

スポンサーリンク

自分は今頭金は出さなくても貯金は300万、500万ある。

これだけあれば、生活はある程度なら暮らしに必要な金額の返済は出来るはず。

こう考えた計画は、あくまで生活費や当面の子育てにおける費用という計画が非常に多い。

でもこれでは、マイホームを一戸建てで手に入れた時の対応は不十分。

情報として実際に生活に関わらない部分も含めて購入する前に確認が必要な内容をご紹介していきます。

頭金なし一戸建て貯金はいくらでも使えないなら意味なし

何かがあった時に困ったと言われても誰も助けてくれない。

もうお金を借りてしまったら、待ったなしで引き落としが始まる。

この状況にいつも何か見落としがないか不安を持つ人も多いはず。

しかし、暮らしの中では、想定の範囲内に全てが動くとは限らない。

家を買って、ローンを組んだ後から、急に何かでお金が必要な事があったら?

この意識の先には何が起こる?

この答えは、貯金がいくらあったとしても、不安しか残らない現実。

つまり、自分が買った金額と月々の返済額を見て、諸費用を確認しても決して高くないと思うべきラインが自分たちに分からない。

この状況で、一気に住宅ローンという長期の支払いがあったらあなたはどう冷静さを保つ?

結局は、お金は使わないけど貯金がある事が安心という人もいる。

でも、この答えは、あくまで数万とか100万程度までの想定における回答が多い。

家が欲しい時は、単純に1000万単位の話になってくる。

だからこそ、頭金を出す勇気がない。

この回答を持つ人は、子供の事も自分の事も明確に支払いをするメリットや理由を理解してから購入した方が良いと思います。

頭金なし一戸建て貯金はいくらの私の答え

一戸建てを購入して、ローン返済額と自分の手取り額の状況を考えた時、家の生活にかかる必要経費の引き落としを終える金額が、貯金2万円を必ず残せる設定を考える。

これが、私が資金として頭金なしで準備する上での大きな目安だと思っています。

もちろん、毎月の手取りベースの身の考え方であり、ボーナス加算は全てしっかり貯金できることが前提。

この状況の資金が毎月マイナスになる状況でなければ、年収に見合う価格で銀行からの借り入れに対しての返済も現在の家賃のように無理なく支払いが可能だと思います。

つまり、自分たちの現在支払いをしている環境の精査を済ませる。

これが、本当に安心して暮らしを続ける為に必要な考え方ではないでしょうか?

 

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?と苦労

一戸建て頭金なし貯金

住宅ローンは長いから今無理をするべきではない。

こう考えた先で住まいを中古で選ぶことを考えるご家庭も増えた。

年収が高い、低いの問題ではない。

あくまで住まいの条件の希望は、本当に住まいのエリアだけでもかなり価値観が変わってくる。

東京都心の人気エリアランキング上位になっているような場所。

生活費や商品物価の高い事が有名なエリア。

地方の都市開発が全く進まないエリア。

実際には、日本全国でも同じような年収でもどこに住むかを考えるだけで、土地も家屋も大きな価値の違いを見せている。

こうした中で多くの方がやっていけると思ったのに、大誤算だった!

この様に話す典型的パターンが一戸建てにはあります。

頭金なし一戸建て貯金を減らす原因1.中古

いくら安い物件があったからと思って、内見を済ませた後、聞きたいことも質問を終えて、買った。

こうした物件では、実際に住んでみないといろいろな事が分からない。

使った後でわかる事の中には、即リフォームを必要とするような内容も出てくる。

例えば以下のようなケースだ。

  • ゴキブリやねずみなど害虫駆除が必要なほどの大変な苦労。
  • 水漏れがある事が発覚した屋根や外壁修理箇所の発見。
  • 雑草が1年ですごい状態になった外構工事が必要な状態の費用。

当然、最初から分かっていたら購入する事は無かったと思う事も後に出てくる可能性が否定できないのが中古住宅。

こうした事は、売る側もしばらくは住んでいなかったこともあって知らなかったということも不思議ではない。

節約をせっかくしておいたつもりの事例もこうした物件選びで失敗したら、いくら貯金があっても特に害虫駆除関連の費用は少ないとは言えない出費を要する。

頭金なし一戸建て貯金を減らす原因2.新築

頭金を出さない状態は、実際に生活の余裕を考えて残すという人だけではない。

新築一戸建てと言えば、カーテンや家電などを買い替えする家庭も多い。

この時だけは長く使う白物家電関連になると投資と思って大きく費用を払う人がいる。

これでは貯めていた現金が頭金と違う方向に出費されただけ。

結局は何を節約するべきなのか?

この答えが、一戸建て購入後の多くの備品や家電により消えていけば、借りる額を減らした方が良かったとなっても不思議はない。

例え、100万円多く予算を残していても、たぶん100万程度なら、家具家電、カーテン、照明等を購入してしまえば、簡単に出ていく。

この様に考えておく方が無難だと思います。

 

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?の対象

頭金なし貯金一戸建て

結局は、お金を残す事も借りる額を減らすために使うことも何かに出費をしている。

少しも出費が無いまま頭金なしで貯金もそのまま残して一戸建て購入の計画を立てるのははっきり言って無謀だと思います。

実際に貯金額というこの対象はいったいどんなお金を意味するのか?

この考え方との越すべき金額をご紹介していきます。

頭金なし一戸建て貯金の対象口座

あくまで普段使っている銀行口座への残高が多く残っているかではない。

私がもし夫婦で少しでも貯金を残すという言葉を住宅購入のために話し合うなら、定期預金で全く使っていないし、解約しなければ使えない環境の金額をカウントすることが重要だと伝えたい。

どういうことか?

一戸建て購入後には、必ず以下のような賃貸住宅にはない必要経費が出ていく。

固定資産税。

火災保険、地震保険の支払い。

2019年には火災保険相場が多くのエリアで値上げする。

この2つは、もちろん会社によっても異なるし、エリアによっても異なる。

しかし、そのエリアの相場は必ずあります。

そして、ネット上でも、見ていくと出てくることも多い。

将来的には、消費税増税の動きも出ている。

介護保険料は今後どうなっていくのか?

社保国保の支払いの金額や市県民税の変化は?

子どもの養育費として習い事が必要な必須科目増の動きは?

一方で、2022年問題で言えば、土地の価格は相場が下がると書いているジャーナリストもいる。

このような複雑に家計ではなく手取りも変化していく可能性がある時代。

だからこそ、現実的な考え方で言えば、貯金と書いてる対象は、一切毎月の生活で触れる事もない対象額。

こう考えた予算を取り入れないと買えないと思いませんか?

何に注意するかと言えば、結局は将来の家計の動き。

未来予測を車の税金なども含めた多角度的な視点で比較する。

こうして家を探す時に、生活とは無縁の使わない貯金を残す事が大切です。

頭金なし一戸建て貯金と買える目安

貯金があるから家を買う。

これは私は結婚をした後で子どもを養う期間を考えてしまうとかなりあいまいな考え方だと思います。

結局子供が私学などに進学するとなれば、次の課題が出てきます。

もちろん、子どもの数も問題に入れなければいけないかもしれない。

まだ車の台数は増えるかもしれない。

最近の流れから、どこまで子育ての資金を大きな額で一回で用意できるのか?

この答えは、今から家を引き渡すまでに利用するサービスや買い物とは全く違う先の未来へのリスク対策。

住宅の営業は、もっと簡単に目先の貯金がある人は建てるという言葉を言うかもしれない。

しかし、それはあくまで将来の資金をまとめただけの事。

フラット35、変動金利、固定金利などが最低の金利になっている2018年にこの記事を書いています。

将来共働きの解消の可能性も数多くの女性たちが考えているじはず。

子どもの頭数から部屋を用意したら家族が増えた。

こんなことを単純に計画や管理しきれているかと言えば、これも出来る出来ないはわからない。

だからこそ、資金管理計画とは、何に費用がかかり、そのお金をどういう状況で自分たちが払うかではない。

あくまでこれからなんでも動かせる色々な病気などを含めたリスクがあなたに訪れた時、いったいいくら余分な用意が住んでいる間に用意できているのか?

この金額は、100万、200万などの額とあなたにこの先用意できる年間の貯金額の目安で変わるのではないでしょうか?

ネットでは、住んだことのある人が大変とか辛い、厳しいという言葉を使って表現している事も多い。

もう最低限の生活を送るので精いっぱい。

この先の長い時間の中で逸楽になれるのかはまったく想像が出来ない。

このような状況になって気付く。

この経験を私も一度マンションを購入した時間で経験をした。

だからこそ、今回のテーマに対して、この記事を読んでくれたあなたには曖昧な点もあると思いますが、少しでもお伝えしようと思ったのです。

将来の予定は出来るだけ長期に厳しい状況を見越してプラスアルファで用意する。

そして、今家計的に貯金が月2万円上がるだけでかなり楽な生活があると思う。

だからこそ、組むローンの金額にも長く安心を持つことが出来る計画を立ててみてください。

スポンサーリンク