スポンサーリンク

家が欲しい。購入したい家が見つかった。費用は1500万円程度なら今の貯金を残した中で金利を含めても支払いができる?月々はいくら程度の支払いなら住宅ローンが可能?

頭金なしでとにかく毎月の返済額をクリアできるかどうかを考える人も多い。

  • 土地を保有する人の建物だけが欲しい人。
  • 中古住宅で程度のよい状態を希望する人。
  • 毎月の返済計画の計算と生活費を考える人。

マイホーム購入前に必ず必要なお金の計算。

約35年の期間分を計画するという一般的には似た計画がなかなか存在しない住宅購入計画。

物件を所有した後の維持費、固定資産税などの税金の支払いは計画の中にありますか?

子育てに必要な実際の貯金を維持する月々の手取りで貯められる金額は買ってからも維持できる計画を立てられますか?

自分が今支払いしていることをただ電卓ではじくだけで足りると思っていたら大間違い。

これまでにも住宅ローンが払えないという現実に悩む人に多い悩みをご紹介してきました。

住宅ローン生活苦しいブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

私のサイトは、住宅ローンが払えない,厳しい,生活が苦しい(厳しい)という体験にならない為の情報や延滞、遅延、滞納という事態に陥る可能性のある人がどうしたらよいのか?

こうした内容を何より自分がまさにマンションを買った時に経験したことを含めてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、頭金なしで住宅ローン1500万円を組むという計画はどの程度無謀であり、危険が潜むのかという点について以下の目次でご紹介しています。

頭金なし住宅ローン1500万返済額目安

頭金なし住宅ローン1500万と生活困難

頭金なし住宅ローン1500万返済の苦労

自分たちがこれから子育てに関わり、育児のための養育費や老後の貯金も用意しなければいけない。

こんな生活を送る世代が今の時代の金利が安い事などで勢いで家を買うことが可能なのか?

どこに無謀とか無理という線引きがあるのか?について読みながらイメージしてみてください。


スポンサーリンク

頭金なし住宅ローン1500万返済額目安

頭金なし住宅ローン1500万円

スポンサーリンク

まずは、1500万の住宅ローンを組むという計画を立てる時には実際にいくらくらいの支払いを毎月のペースで行うことになるのか?フラット35のイメージで、あくまで一律の金利のシミュレーションを見ていきましょう。

最頻金利を使った返済額イメージ

この金利は、2018年10月を想定した金利をシミュレーションイメージとしてご紹介しています。

金利は、1.41%で計算されている。

1500万住宅ローン返済額シミュレーション

あくまで金額のイメージは最小の条件。

借入金1500万

諸費用:なし

頭金:なし

保証料:なし

ボーナス加算:なし

このような条件で計算を出したとしても、毎月45,269円の返済となります。

返済額以外の別途費用

家を買うのなら、中古、新築、マンション、一戸建てを問わず、どうしても生活費の前に毎年支払う必要があるお金がある。

  • 年4回で支払う固定資産税
  • 故障、修理などに伴う修繕費やリフォーム費用。
  • 火災保険や地震保険

貯金がない状態ということがなければ、月々の返済額プラス毎月2万円か4万円程度を最低でも毎月のローン以外の負担額として計画ができることがきわめて重要。

この計算が出来ていないと、諸費用にかかる金額やその他の生活の前に必要なマイホームの維持管理費だけで思ったよりも厳しいとかきついという言葉が聞こえるような状態になってしまう。

 

頭金なし住宅ローン1500万と生活困難

頭金なし住宅ローン1500万後悔

新築の建物なら大丈夫。

大手の不動産が建てた物件なら大丈夫。

マンションなら、外構工事などに支払う必要がないから大丈夫。

いろいろな仮説を考えて、無理しなくても買える物件をさgす人も多い。

買えると思う上での算定基準を考える時、思った以上に維持費がかかりすぎるということ以外に生活が苦しいとか厳しい状況になる要因があるのか?

実際に現金が出せない現実を含めてご紹介していきます。

頭金なしで買える家もある

別に、頭金を持っていなければ家を買うのは無理ということではありません。

銀行にとっても借り入れを許諾することに対して、意識としては完済が可能そうだと思える状況なら、別に条件などを付け加えることなく、借りてほしいと考える。

しかし、実際に生活をはじめた後に買えると思ったというだけで、実際には少なくみつもっていただけ。

こんな状況になってしまう人もいるのです。

以下のような注文住宅なら、1500万でも買える家は少なくありません。

  • 築30年、35年等の年数の古くなっている事を気にしない。
  • 賃貸を借りる時よりも返済額が少なくなる見積もりイメージが出来ている。
  • 将来子供が大きくなった時にも夫婦の年収では十分に返済に困らない現在の暮らし。

こうした考え方を持つ人は、検索して出てくる物件の中で支払総額という目線で、大きく資金を上回る事がない限りは購入が可能なように見える。

頭金なし住宅ローンはここに注意

一旦資金を利用することを今までとは違う問題が出て払ったら?

例えば、以下のような想定が必要になる。

  • 車や家電の買い替えが必要になった際の支払い。
  • 車検や車の保険料などの現在の支払金額が同じとは限らない部分のまとめ払いが出ていく金額。
  • 暮らしの契約の中でもインターネット接続やスマホの端末増加、消費税増税など負担が増えてる部分のイメージ。

単に家探しをして 建てられたものを買ってるだけの負担ならそこまで何か言う必要も無いかもしれない。

しかし、現実は借り入れをしたのちにいろいろな予定をしてくれないと準備が整えられない対象ももちろん出てくる。

手元に100万円残しても限界?

自分たちの暮らしの負担を考えると、決して契約した後の安心の材料はこれまで通りの光熱費ではないという可能性も出てくる。

しかし、単純に以下のような相談が予定されている必要がある。

夫のリストラや転職、転勤の相談。

固定資産税の値上げの危険性

火災保険料などの見直しによる負担増。

簡単に言ってもこれだけのリスクを背負う覚悟が必要になるのです。

 

頭金なし住宅ローン1500万返済の苦労

なにも2000万、3000万の融資を受けたいと思っているわけではない。

今もうすでに支払っている金額と近い価格の毎月の返済であれば、積んでいく上での注意するべきことはないはず。

子供の成長からもう限界とか無理と感じる人も融資を受けている。

これでは、これから時代も環境も変わっていく中で生活費が足りないという大変な状態を夫婦で話し合う必要が出てくる可能性も本当にある。

頭金なし住宅ローン1500万と繰り上げ返済

自分がこの先、他の部分で何か毎月の返済額が変わる。

結果的には買わなければいけない子どもの服や習い事などが増える。

☞かなり厳しいとされることもある。

たったこれだけの事が増える事が心配の要因になってしまうケースもある。

今の家賃と同等だけでは足りない。

例えば、年収200万円の状況でシングルマザーが家賃4万円台の賃貸物件に住んでいる。

このような条件なら、同じような条件ですよね?

この質問に対しての答えはNO.

あくまで同じと言われてもそうですねと答える為には、年間20万円程度今の家賃にプラスして支払いが発生しても大丈夫な状態ですと私は実体験から答えたい。

この考え方がまず最初に必要になります。

頭金ゼロで貯金を用意では足りない

今は夫婦で共働き。

いずれは専業主婦。

このような状況で頭金なしで家を買うのもかなり危ない。

子どもがいるいないを問わない。

夫がすべての費用を支払えるだけの余裕が最低のライン

この計画が無いと、会社員、公務員という種類や年収が450万、500万だから大丈夫という計算では誤算が生まれやすい。

変動や固定5年10年などの今を一時しのぎするような計画を立てる場合もかなり危険。

その根拠は?

10年経てば、結果的には住宅ローン減税期間も終了。

その後の負担額が増えることを忘れているケースも多い。

しっかり、細かな金額をチェックしておく必要があるのです。

以上が最低限自分がこれからの生活に困らないようにするためにいしきしなければいけない項目となります。

このほかにも自分の子供が進学や進級した先の教育の費用や部活などに必要な費用など細かな計算もせめて全く知らないということがない準備をしておくことも大切です。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

関連記事:住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇新築分譲マンション購入体験ブログ

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク