スポンサーリンク


頭金なしの住宅購入。

年収とかローンで借り入れを申し込む金額で何が違うのか?

審査は頭金なしでは通らないのか?

審査が通った後の生活も今と変わらない月々の返済に困らないローンを組みたいと思う人は多い。

しかし、返済額や金利が低いというお金の計算をしている人は、頭金が100万でも1000万でもマイホームのローンに後悔や苦労をする。

頭金なしの住宅ローン2500万の考え方について、検索結果の中から私のページにご訪問いただきありがとうございます。

これまでにも私は頭金なしの住宅ローンについて以下のような内容をご紹介してきました。

頭金なし住宅ローン中古マンション選び方

スポンサーリンク

頭金なしマンション購入は無謀?独身購入の悲劇体験記

頭金なし一戸建て貯金額

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?

頭金なし中古家を買う選び方

頭金なしで家を買う中古で後悔する簡単な理由

頭金なし住宅ローン2000万無難な年収

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収

頭金なし住宅ローン1500万後悔

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

月々いくらにローンを設定しておくべきなのか?

ローン月々いくらの悩みまとめ

ローン月々いくら?住宅購入前の見直し方計算式に多い失敗後悔体験記まとめ

今これから住宅を購入するために頭金を必要としている人も購入前の諸費用もすべての問題を35年の返済に充てて考えている人もいる。

私のサイトは、住宅ローンを払えないという悩みを抱える破綻予備軍や無理な借り入れをしてしまったと後悔しないための情報を自らの体験からご紹介しています。

私は別に頭金なしをすべての意味で否定するわけではありません。

しかし、マイホームに必要なのは、諸費用の金額と月々の返済額がすべての問題ではありません。

35年先までを見据えるという中にはいったい何を考えておく必要があるのか?

これを自らが新築マンション、新築一戸建て購入をして返済をしていたからこそ伝えたい考え方としてご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

今回の記事では、頭金なしの住宅ローンで2500万の返済に関する情報を以下の目次でご紹介しています。

頭金なし住宅ローン2500万月々返済額目安

頭金なし住宅ローン2500万と年収の目安

頭金なし住宅ローン2500万と住宅の経費

この記事がこれからの住宅ローン審査を受ける人にとって、可能な限り、物件以外の想定を広げる情報になることを願っています。


スポンサーリンク

頭金なし住宅ローン2500万月々返済額目安

頭金なし住宅ローン2500万返済計画

2500万の家のローンを返済する時には月々いくらくらいの負担になるのか?

今の家賃と比較しても大変にならないのか?

こんな計算をしている人の為に具体的な金利を想定した上でのシミュレーションをご紹介していきます。

頭金なし住宅ローン2500万シミュレーション

変動金利、固定金利、フラット35等の条件の違いがあるとしても、毎月約どのくらいの金額を家の家賃代わりに支払うのか?

下の表にまとめてみました。

2500万住宅ローン月々返済額

以下の想定からご紹介しています。

情報項目 詳細
借入金 2500万
頭金 0円
金利タイプ 変動金利
返済期間 35年
金利 0.95%
保証料 0円
団信 0円
ボーナス加算 0円

単純に毎月の家賃と同じ感覚で返済をしていくと毎月の貯金や生活費なども想定しやすいと思います。

この時の月々返済額は、69,990円

 

頭金なし住宅ローン2500万と年収の目安

頭金なし住宅ローン2500万と年収目安

2500万の物件を購入しても毎月の生活に必要な金額を払い続けることができる人もいる。

全く反対に同じ金額でも全く生活が成り立たないほどひどい状態で後悔する人もいる。

ローン審査を受ける前の段階で絶対的に意識しておくべき年収の目安を自らの体験を通じてご紹介しています。

頭金なし住宅ローン2500万年収の安全地帯

今これから子供が欲しい家庭もある。

不測の妊娠や今後の人生で完済までの間には会社を辞めて転職をする人もいる。

奥さんが専業主婦になる人もいる。

高校、大学と子供が私学に進む家庭もある。

毎月のお金の捻出方法も項目も都市部と地方では全く参考にならないこともいくらでも出てくる。

いくら同じ家賃の物件に住んで暮らしている人同士でも他の流れが全く同じということはない

だからこそ、安全地帯を考える時の絶対的なポイントとしては、年収としての返済負担率という計算が住宅ローン審査同様に個人が組んでしまう前に考えておく必要がある。

私が計算をしている理想は、年収の4.5倍が安全地帯。

つまりは、年収の22%が目安。

ということは、2500万におきかえると、555万円が私的には理想の年収と言える。

 

頭金なし住宅ローン2500万と住宅の経費

頭金なし住宅ローン2500万と生活目安

家計の中で無理のない計画を考える。

この時の収入額が落ちることも考慮した上で、銀行から借りる時に多く借り入れをしようと思えなくなる現実を体験からご紹介していきます。

頭金なし住宅ローン2500万と生活費変化

自分が住む条件の多くが変わる。

何に支払いをしていたのか?の項目にない生活に必要な費用が必ず訪れる。

年間で払う固定資産税。

不動産の取得状態により、新築の場合に買ってから引渡し前までに契約する状態になる必要がある火災保険や地震保険。

つまりは、残高が厳しいという言葉をまだ月々の返済が始まる前からどの程度を別の預金として項目順に並べて避けているのか?

この資金計画には、2500万を借りながら、子供や保険などを比較していくと、3000万円の元金を払うくらいの意識や用意を考えておく必要がある。

実際には、金融機関に審査の申し込みにかかる費用や金利の比較しか注意していなかった。

こういう人にとっては、やはり生活の中で比較するべきポイントを賃貸と限定してしまうのは要注意。

何か足りない。

常にこの気持ちを持って、いろいろな対策を考えておく必要があります。

引っ越しから控除までが遠い日々

頭金となる費用をなしにして、建物や駐車場何台などの現在の全額を考えて家具などを入れられる収納スペースなどを考える。

アパートや賃貸マンション暮らしから融資を受けて、フラット35で金利上昇リスクも回避完了。

この生活中でも実際に建物に入れば、それなりに住んでいて、準備が不足していた事も徐々に見えてくるようになるし、目につくようになる。

このような時が、ライフプランと貯金目安が崩れるタイミング。

結果的に、家族が税金というシミュレーションを見て、年間に支払う合計をシミュレーションしたらどうなるのか?

このようなことを家族で何か言っていたかと言えば全くあdれも考えていない。

こういう状況では、さすがに準備も何もないため、すぐにこんな言葉が出てくる。

  • 夫婦の収入だけではローンを組みすぎたのかもしれない。
  • 生活費がもっと節約できればよいがそんな状況でもない。
  • 地域を変えて移り住んだら、新県民税や住民税の違いに驚かされた。
  • 子どもの養育費などもかなり違っていて、簡単に2万円程度の資産が変わってしまっている。

特に、2万円3万円程度がかなり重要なラインになるのが、住宅ローンが厳しい生活になる目安と思った方が良い。

年間で24万円から36万円がずれてくる。

これでは、今までの生活で買えるはずのものがあっという間に家族の誰かに影響を与えることになっていく。

こういう事を含めて、まずは生活水準を安定させること。

実際に手に入れた生活の先の新しい年度を迎えるまでの出費をできれば十分意識を向けて下さい。

生活費を想定するだけでは十分とは言えない。

この言葉に共感できればそこまで悩みを抱える必要は無いと思います。

住宅ローンは極論年収400万でも500万でも2500万は誰でも審査が可能です。

でもその後の人生で借入金が大きく感じるような生活ではどこにも幸せは存在しない。

不安ばかりが膨れ上がって、結果的に借り換えのタイミングを探す日々。

さらには、給料日やクレジットカード決済日が来る度に、知らない対象物に細かく細部を知らせてほしいという夫の苦言が出てくる生活も想定される。

そんな低い水準の生活ではいくら新築の物件に住んでも何も心は落ち着かない。

しっかり先を見据えて考えておきましょう。

スポンサーリンク