スポンサーリンク

家が欲しい。

でも貯金もまだ何も用意していません。

今の賃貸での暮らしがいろいろストレスになっている。

どうしたら家を買うことが出来ますか?

こんな相談があったら、あなたはなんて答えたいですか?

私なら、どう答えるのかを確認してほしいことを含めてご紹介していきます。

住宅ローン頭金なし貯金なしの情報について、検索の中からこのページにご訪問頂きありがとうございます。

これまでにも頭金なし住宅ローンについては、色々な角度から記事を書いてきました。

頭金なし住宅ローン中古マンション選び方

スポンサーリンク

頭金なしマンション購入は無謀?独身購入の悲劇体験記

頭金なし一戸建て貯金額

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?

頭金なし中古家を買う選び方

頭金なしで家を買う中古で後悔する簡単な理由

頭金なし住宅ローン銀行選び方

住宅ローン頭金なし銀行選びに必要なデータ

頭金なし住宅ローン2500万と年収目安

頭金なし住宅ローン2500万の安全確認ポイント|苦悩体験記

頭金なし住宅ローン2000万無難な年収

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収

頭金なし住宅ローン1500万後悔

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

私のサイトは、住宅ローンが払えないと悩む人にならない為の新築や中古の物件購入の注意点。

さらに、払えない状況になってしまった時に相談するべき相手の選び方などを自らの体験を含めてご紹介しています。

今回の記事では、住宅ローンに頭金だけでなく、貯金もないという状況の中で挑戦するべきかという考え方について、まず確認してほしい要素をご紹介しています。

無理なローンを組んでしまった

無謀だった。

こんな言葉を万が一でも審査が通過した後に感じてしまうようなことが無いように、注意してください。

住宅ローン頭金なし貯金なしの確認ポイント

住宅ローン頭金なし貯金なし

年収も家族構成も子どもの年齢もそれぞれ違う。

東京、大阪、名古屋、福岡などの都市部周辺と田舎の地方の暮らしの生活費の水準も違う。

ガソリン代や駐車場代、市県民税や住民税の違い。

家を買うということはその後に、固定資産税も払うことになります。

地震保険、火災保険もエリアにより大きく異なります。

このような状況の中で実際に家づくりを目指す上でまず見ておかなければいけない現実をご紹介していきます。

住宅ローン頭金なしでも貯金なしの危険性

お金がない。

生活が苦しい。

支払いがきつい。

こんな言葉を毎月の言葉にしている事はありませんか?

電気代、光熱費、水道代、スマホなどの通信費などいろいろな支払いで口座が常にプラスになっていかない生活環境。

この状況では、さすがに家を買うのは無理。

なぜか?

単純に家を買った後の生活は、賃貸の時よりもまとまった出費を伴う事が増えるから。

どういうことか?

以下のような項目を考えていきましょう。

  • 3ヶ月おきに2万円以上の支払いを必ず支払えるか?(固定資産税シミュレーション)
  • 年払いで15万円前後を毎年1回支払えるか?(地震保険、火災保険の支払い)
  • 子どもの養育費が今から習い事を増やし、月3万上がったらどうする?(養育費想定)
  • もし、夫の給料が月数千円でもダウンする又は転職するために失業給付に切り替わるとしたら?

このように、いずれ訪れる可能性も考えておくべき支出項目は、十分いろいろな形があります。

このほかにも、自動車保険や車検代など地方にいけば、さらにこのほかの項目も追加されている。

結果的に、生活をしていくことも子どもがいるだけでかなりの計算が違ってくることになります。

「今の生活を維持」

この言葉の意味が何を示すのかを出費が増える前提で計画が立てられない時には家を買うのは難しいと思った方が良いのです。

でも、ただ諦めるというのは、多くの人が納得もしたくない。

そこで、まずは何をするべきかをご紹介していきます。

 

頭金なし住宅ローンでも貯金なし家探しのコツ

住宅ローン頭金なし貯金なしと将来設計

会社の給料に期待をできない。

終身雇用なんて言葉も今の時代にはなかなか難しい可能性もある。

こんな時代にどうやって生活をしていくべきなのか?

この答えを考える時に必要な視点をご紹介していきます。

住宅ローン審査前のシミュレーション

無理なローンや返済の計画にならないようにする。

この視点で最も大切なのは、見落としを防止する事。

  • 家を買う時には、物件や土地の費用のほかに何が必要なのか?
  • 賃貸の暮らしの時よりも費用が掛かる項目は何か?(マンション、一戸建てそれぞれ異なる)
  • 自分たちの将来の老後の貯金はいつから始めるべきか?

このような基準を元にして、自分たちの現在と未来、さらに子どもたちのために残すべき預金。

2つを大きく分けて計画を立てる必要があります。

ネット検索で調べるに多い落とし穴

住宅購入に関する情報すべてをネットで検索しているだけで自己満足している人が多い。

だから以下のような点を錯覚していることがあるのです。

  • 同じような年収の人が家を買ったというブログを見て自分たちも大丈夫と考える。
  • 子どもの人数が似た家計で似たような数字だから大丈夫なはず。(地域差が不足)
  • 住宅購入をしたばかりの記事を見て安心をしてしまう【その後の修繕やメンテナンスはわからないまま】

このような状況では、何かしら抜け落ちている情報が多い。

結果的に、住宅ローン審査前に支払う諸費用や住宅購入時に必要な頭金以外の諸費用を見落としてしまうことも多い。

こういう細かな金額の積み重ねが簡単に支払い困難や延滞、遅延、滞納という対象になっていく原因となっていく。

つまりは、少しでもネット上はあくまで事例の1つという程度で、自分たちの今の生活をじっくり見つめなおす場所ではないことを意識して頂きたいのです。

住宅ローン審査通過後を想定した家族計画

今これから子供が欲しいと思っている。

だとしたら、これからの子育てに必要な資金計画を知っておくことも大切なこと。

よくあるのが、以下のような行動と月々の返済額が払えなくなる悩み。

  • 学資保険を組んで早く将来の資金を作ろうとしたら、今の生活が圧迫された。
  • 保育園の受け入れ先の毎月の月謝を知らず、5万円以上かかる現実に愕然とした。
  • 双子など計画とは全く違う子供の数と状況に慌ててしまう。

このように、子供がどう生まれてくるのかを含めて、家を欲しいと思う時には数も時期も奥様の仕事の関係もご主人の今の年収だけでなく、転職の可能性まで幅広く意識を向けなければいけない。

結果的に見落としを1つ2つと増やす事が、将来の危うい生活となり、破綻予備軍とつながっていく。

1つ1つは本当に毎月数千円から1万円、2万円の誤差かもしれない。

しかし、その誤差が、ボーナスでは補填ができないような年間支出のバランスとして厳しい生活につながっていく。

何かあっても大丈夫。

この言葉をどこかで頭に入れられる状況を選ぶ事の出来る環境作りが本当に大切なんです。

まずは家計と将来の必要な資金を明確化する。

たったこれだけでも十分価値が違います。

頭金なし貯金なしで住宅ローン審査を通過させる第一歩

まずは、物件の中でもマンションで市場価値をチキンと確認する事が大切になります。

  • 人気の学区の中古はいくらくらいなのか?
  • 新築で安いマンションの物件はいくら位なのか?
  • 管理費や修繕積立費などはどのくらいかかるのか?

全く想像ができないという男性には、まずはマンションからでよいので市場価格と変動している値動きだけでも把握することが非常に大切。

買い時を見極めるという視点でまずは6万戸以上の全国のマンションの価格を閲覧できるサイトを利用して情報を集めてみてください。

新築、中古マンションの価格妥当性がわかる【住まいサーフィン】
頭金なし住宅ローン貯金なし購入可能な物件探し方

今回ご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク