スポンサーリンク


賃貸と持ち家って結局どっちの方がメリットあるのかな?

金銭的に得するのはどっちなんだろう?

今の自分の住む物件の家賃と周辺の建売住宅や分譲地などの月々の返済額を見て、迷う人も多い。

しかし、家賃を支払い賃貸生活をしている人の多くがなぜか生活の比較をすることに見落としが多い状態になっている。

結果的に、住宅ローンを払えないという事に悩みを持つ人も増えている現実もある。

しかし、今後の人生の中でずっと賃貸生活をしていくことは当然限界を迎えることもある。

実際に購入をした事に満足ができたと感じる理由もご紹介しています。

持ち家と賃貸どっちがいいのか体験記

持ち家と賃貸どっちがいい?地方の購入満足体験記

賃貸と持ち家老後比較リアルな声

賃貸と持ち家比較を老後準備で考える失敗注意点

今回の記事では、実際に私が地方に住む中で、賃貸で住み続ける生活は無理だと感じた要因について以下の項目でご紹介していきます。

賃貸と持ち家どっちが金銭的に楽の結論

賃貸と持ち家はすでに金銭的に差がある

賃貸と持ち家金銭線的な負担は老後が顕著

賃貸と持ち家どっちという考え方に月々のローンの支払いを土地や家屋という物件の価格にするのか賃料にするのか?

こんな簡単な考え方では失敗する可能性もあります。

きちんと自分たちの資産を作るための考え方として注意してご覧ください。


スポンサーリンク

賃貸と持ち家どっちが金銭的に楽の結論

持ち家と賃貸どっちが金銭的に楽なのか

私はこれまでに新築マンションも注文住宅も両方を購入してきました。

そして、人生の中で、大きな誤解をしていたという事を買ってから学んだ内容もあります。

でも、結論として地方に住む人ほど家を買うメリットは大きい。

都市部に住む人ほどその価格以上の価値を本当に感じられるかは正直疑問。

これが私の結論です。

なぜそうなるのか?

理由は、比較する時のお金の流れと得をする時間と内容を見ていくと分かりやすいと思います。

賃貸と持ち家の比較で金銭的負担の現実

結果的に家があることは何が残るのか?

この答えは、資産と言う人が多い。

しかし、私からしたらこの考え方よりもこう答える。

「引っ越しする先の受け入れてもらえる物件がない可能性を回避できる事」

建物は老朽化していく。

当然、今建っている物件もどちらにしてもオーナーが家賃とのバランスから解体を決意する事も想定が必要。

さらに、生活に伴う変化は引っ越し先の生活でも影響を考えなければいけない。

結果的に、家を購入していない状態では、自分の生活を維持することすら厳しい状況に追い込まれる可能性がある。

借りられない。

賃貸の家賃すら厳しい生活になる可能性は、否定できない。

年金暮らし以降になれば、多くの人が身動きが取れない状況になる。

結果的に、住宅ローンを安全に払った後の方が余生の生活は見えると思います。

これが何を元に金銭的に考えるのか?ということを悩む人にとっての私から伝えたい答えとなります。

1ヶ月に直せば、2万円程度の差が生まれるのが木造住宅を購入する方法で生まれる固定資産税や火災保険を含めて家賃と換算した時の計算の差。

この金額を支払ったことでデメリットばかりが生まれることは基本的に数年の間のローンの計算が間違っている証拠だと思います。

不動産会社の営業から聞かされる維持費とは大きく異なる可能性があるのは、人気のエリアなどの固定資産税などの維持費。

さらには、火災保険の更新などで発生する差額。

こうした事にも私は元保険営業の妻からおすすめできると言われた方法もご紹介しています。

そもそも大きな支払いがないかあるかという事がリスクと考える事自体が目先の事しか見えていない可能性がある。

 

賃貸と持ち家はすでに金銭的に差がある

持ち家と賃貸金銭的な負担

私が住宅を購入した時にも、当然仮住まいには賃貸物件を使った生活を送る。

その時の支払いの状況から考えても、正直これから長い時間を賃貸で住むメリットはないと思えた内容もあった。

賃貸と持ち家の決定的な生活の差

安い家賃で少しでも駅から近い場所を必要とする人も多い。

駐車場が2台以上必要と考える共働き夫婦も増えた。

この状況下で当然出てくる情報は以下のような内容になっていく。

  • 築年数は30年40年という物件。
  • 追い炊き機能すらないお風呂。
  • 節水タイプになっていないトイレ。
  • システムキッチンも節水がない。
  • 食洗器などの設備も当然ない。
  • ih等の設備も無い。
  • エアコンは古い。

このような状況では、結果的に光熱費、水道代、ガス代、さらに駐車場費用も掛かったら?

この答えは、正直新築購入後のローンの返済額と変わらない暮らしになっていく。

そして、地方で大きな差になっていくのが結婚後の複数台の駐車場問題。

子どもたちが成長し、親の車を借りるという言葉を口にしても、全員が車を使えば、駐車場代はその分必要になりますよね?

つまりは、一戸建てを持つ事でこうした場所の確保ができるだけでも月1台につき数千円という節約が可能。

毎月の節約費用 35年分(420ヶ月分換算)
3000円 1,260,000円
4000円 1,680,000円
5000円 2,100,000円
6000円 2,520,000円

正直、車1台だけでローン返済期間の時間の中での差が生まれてくる。

これが2人、3人となった時の状況を考えたら、子どもたちにいくら払ってもらうのかも考えると金銭の自由を心配することが多い。

毎月の生活ではそれぞれが少しずつの差になっている。

しかし、将来的にそれぞれが35年分かけて蓄積した金銭の額は、大きなものになっていく。

結果的に固定資産税を毎月1万円程度の計算でさらに保険を掛けたとしてもその分が光熱費や水道代等も合わせたら、住み続ける環境の維持はとても簡単になっていく。

 

賃貸と持ち家金銭線的な負担は老後が顕著

持ち家と賃貸金銭的な負担とつら

あなたの今の厚生年金や国民年金の支払い額に準じた年金受給額はいくらになりますか?

毎月30万円以上ある中でもその暮らしを続けるエリアの物価の高い状況があれば当然負担にも差が出る。

さらに、以下のような事はあらかじめ将来に備える準備も必要な対象の1つ。

万が一自分が体調が悪くなって家賃も医療費もかかったら?

保険に必ず入っていて、収入に対する保障もしていなかったら?

子供がニートになって部屋で引きこもりの生活を始めるようになったら? 

こういうことは別に今でも普通に起こっている問題も多い。

当然、子どもの生活費も追い出すわけにもいかないから支払う。

ほぼ生涯の生活を子供も養う事になる状況も想定が必要になる時代。

こうした中で、あなたが老後も家賃を払う事は金銭的にリスクではないのでしょうか?

持ち家から賃貸も可能な選択肢

賃貸からマイホームに移行するには、住宅ローン審査に通過させなければいけない。

当然、完済時年齢などの条件から、簡単ではなくなることも多い。

しかし、購入した住宅での住まいから賃貸にする事は簡単になるケースもある。

マンションを購入している時には、賃貸化して、自分がもっと狭い掃除も簡単な物件に引っ越しすることも選択が可能になる。

こうなれば、年金とは別に家賃収入という収入源確保も可能になる。

金利を払うのはもったいないとか所詮20年、30年なんて言葉のブログ記事もよく見かけるようになった。

しかし、これらの声には、結局は今しか見えていないことが多いと私は思えることも多い。

高収入で経済の波もまだまだ将来に期待ができる業種や職種の中にいる人なら将来も不安が少ないと思う。

しかし、知能に住み、これからもまだまだ人口減少や過疎化が進む可能性。

独居老人という状況を気にしなければいけない独身の立場。

このような中でさらに保証人も身元引受人も兄弟姉妹がいないような人がこれからはもっと増えるだろう。

そんな時、誰かの負担になるとか手間がかかることをしたくないとかたくなに断っていたら、最後には孤独な時間が待っている。

最終的には、自分で自分の身を守れる環境をどうやって用意する?

この答えを今の私たちは考えておかなければいけないのだと思います。

購入する前からいきなりリフォームの計画を出していくことは難しいと思います。

しかし、賃貸派でも結局は故障した時に自分の資金ではなくても相談して修理を依頼する。

この時のオーナーの資金の状況によっては、対応時期にも違いが出やすい。

結果的にライフスタイルを問わず、何か他の意味がある内容にきちんと意味のある出費を1ヶ月2万円程度を考える事はなかなか日常の生活では思っても実行ができない。

日用品も資材の高騰化により、思っている以上にどこに住んでいても値上がりしたというのは誰でも経験している時代。

結果的に、将来を意識した総額をどう計算するか?

この計画の際に修繕費やその他のサービスを利用しても経済的なデメリットは家を持っている方が安いことも多い。

私自信も自分の家族になら早い段階で自分の好きな土地をきちんと探すポイントや今の年収ならどのくらいの価格を探すべきか?

このような内容を子どもたちにもローンを組む時にはきちんと設定を教えていきたい。

結果的に、ローンを組むのはきちんと自分の生活と将来の計画が出来た人から早い時期に払い始めた人ほど得をするのではないでしょうか?

実際にみんなはリアルにどんなことを考えているのか?

こんな内容は、掲示板などで見ていくのも参考になると思います。

yahoo不動産掲示板

ママスタ掲示板

e-maple掲示板

スポンサーリンク