自分たちで家を購入した。

いろいろな理由があって、購入した人が家を売るという話は実際にある。

私のサイトは、住宅ローンが払えないという悩みを抱えてしまうケースに関連した回避や対策、どのようにすればよいのかをご紹介しています。

この記事では、一戸建て売却理由という点についてご紹介していきます。

実際にどんな人でも住宅を購入してから何もない生活というだけではない。

相続を元にした売却という方法もある。

2018年以降には東京オリンピックもあって、その後の時価などを調べて売れるタイミングで売ってしまってもっと良い場所に引っ越しを検討する。

こんな売主がいても不思議はありません。

転勤によってもっと条件の良い地域に長期に住んでいられるなら、売却の査定次第によって、どんんどん切り替える感じの人もいる。

住まいを手にいれる時の考え方というのは、多種多様な考え方があるのです。

一戸建て売却理由の典型例

一戸建て売却理由

以下のような時にトラブルを避ける意味でも売る方が良いという結論に至ることも珍しいことではない。

  • 今の家族としての夫婦間トラブルから離婚の話し合いをする人。
  • 住宅ローン以外の借金も増えて住宅ローンの返済困難となった人。
  • 購入した後にトラブル続きになり、リフォームを要する問題が発覚した場合
  • 自分の家が今の新築の暮らしよりも賃貸の方が気が楽と考え直した場合。

いろいろなケースがあります。

マンションでも一戸建てでも近所のトラブルが気になり、なくなく家を失いたくないけど精神的な苦痛を逃れたいというケースもある。

自分たちの暮らしという点でも気にすることは人により違います。

売りたいから売る人もいれば、売りたくないけどローンなどの問題から競売などの問題になって売りに出されたという人もいる現実。

だからこそ、築浅とか築年数の長い物件など中古の不動産情報を見ていくと色々な家を見る事が出来る。

中には、海外赴任や長期滞在を前提として、日本国内に残った資産で税金を払うのはもったいないといった意見もあったりします。

自殺よりマシな逃れるための考え方

住宅ローン返済の最中に実際にリストラや定年後、ボーナス払いが払えないなどの何かしらの問題を抱えている夫婦もいる。

このような時知識がない時には、返済が困った悩みを誰にも相談ができないまま悪いケースでは自殺などというキーワードを考えてしまう人もいるのが現実。

しかし、実際に自殺をしても免責期間という情報を確認していないとトラブルや問題になるケースがあります。

さらに、フラット35の団信の場合は、要注意。

団信支払額対象期間
フラット35 毎年債務者の年払い方式で成立
銀行ローン 返済期間の一括払い

このように、団信の扱いの違いがもとで、団信が解約された状態になっていると、もし仮に債務者が自殺をした場合でも、自殺後の借金はすべて残るということになります。

地銀の住宅ローン審査後の対応

このような事態が発生してしまうリスクから、うつ病が簡単に住宅ローンを通せないという実態があります。

さらに、保険の明細にて、1年未満の自殺は適用外。

このような内容を残すという時代背景もあります。

さらに、故意の自殺についても適用外という内容もあります。

こうしたことをあえて記載しているのは、決してお金のトラブルとなったからと言って、別に話を聞いてもらえる場所が何もない。

こんな気持ちになっている人に、まずは不動産会社に相談しながら、売買による方法から住み替えという選択肢があることも知ってほしい。

 

一戸建て売却理由は告知される?

 

中古の不動産購入をこれから考えている人もいる。

しかし、最近は住宅ローンが払えないことなどで家を手放す人もいる。

こういう情報は、個人が売買の取引をする際には効かせてもらえるのか?

こんな意識を持つ人もいると思います。

一戸建て売却理由は開示情報義務に基づく

不動産売買契約の取引には、開示をしなければいけない事例と条件や内容によっては、個人情報として言えない内容とに分かれている。

例えば、マンションにおける告知義務がある内容というのは、以下のような点。

  • 設備票によりどの部屋にどのような設備が付帯している状態で引渡しをされるのか?
  • 心理的瑕疵(購入する側が心理的な面で購入を見送る可能性のあるような要因)は自殺や自己などの事故物件はどこまでさかのぼるべきかが定められていない。

このような内容が一部として伝えるべき内容と伝える事に曖昧性を含む情報がある。

さらに、自殺や事故物件では、都心と地方という住まいのエリアでも解釈に差が生まれている。

2年前の自殺があった分譲マンション物件でも、都心では、2年前の自殺を告知していないことに瑕疵に該当しないという判例もあります。

よって、事実を開示する事への難しさというのは買主は常に検討材料として意識しておく必要があるのです。

 

一戸建て売却理由は不明瞭前提

 

結論として、やはり先ほどの例と同様で、購入した後にいろいろな情報を近所の人から教えてもらったということは少なくないと思います。

例えば、以下のような事例が一戸建ての場合には考えられるのです。

  • 物件の正面に位置する道路が通学に便利だが事故も増えているスポットであったこと。
  • 親と一緒に実家暮らしをしていた家庭の騒音がすごかった住んでいた人の情報。
  • 建物自体の空き家になってからの年数がどの程度だったのかという事実。

このような住み始めてから知った事と開示の義務などを考えていくとなかなかすり合わせが難しい。

実際に、名義となった人も親がなくなって子供が手放すような状態のときには正直内覧も任せて不動産会社に売買上の運営を一任しているケースもある。

つまりは、依頼している人すべてがその物件の事を正確に把握しているとは限らないのも現実。

ローンがいくら残っていたのかすら知らない。

説明を求められても自分が暮らしていたわけではないから最近の家の状況は知らない。

このような事例も実際最近は東京などの都心の独居暮らしの物件では当たり前に出てくる内容。

契約をする時には、できるだけこうした売主側からの情報を聞ける内容を選ぶ事も大切なのかもしれない。

又は、売主をよく知る物件だからこそ、直接相談をもちかけられて購入を検討することもあるかもしれない。

話を聞いて、少しでも不安があるなら、基礎を含めて第三者による査定をしっかりしてもらうことも大切ですね。

ブログ公開の大半は成功事例

不動産を売るという決断をした話をブログで公開している売主も中にはいる。

ブログから情報を集めるという人も多い。

しかし、見ていくと、以下のような情報の方が多いのも現実。

  • 相場より売りに出した時高く買い取ってもらえた体験者の声。
  • 売った後の家族や自分の状況を書いた内容。
  • 家を売却して解放された人の体験。

このようにトラブルや問題を抱えた時にわざわざ新築住宅ローンの苦労話を公開している人は少ない。

離婚や家族の問題などの点もやはり個人の知られたくない情報。

でも、成功例であれば、ブログを書いていても楽しい。

結果的に、家を探すという中でどんな理由で売ったのかという点でも明るい話題になる人たちの情報がブログでは集まりやすい。

こうした点から考えると、なかなか中古物件を探す人の目的にはたどり着けない現実もあるのではないでしょうか?