スポンサーリンク


頭金なしで住宅ローンは組める時代だ!

だったら自分も新築や中古の自分の欲しい不動産を買えるかもしれない。

この時、どうしてもその先の未来という点で、今の貯金が残るということにしか意識が向いていない人が多い気がする。

そして、実際に住宅ローン審査が無事通過。

実際に、引越しを経て、ローン返済分の月々の引き落としが開始。

生活が始まった後の実際の家計は?

苦しい。

辛い。

厳しい。

大変。

失敗だった。

この様に後悔の気持ちが表に出てきてしまう人も多い現実がある。

あなたは銀行からの借入可能額を過信していませんか?

住宅ローン借りすぎた

スポンサーリンク

住宅ローン借りすぎた後悔原因|給料に対する割合を間違えた悲劇と現実体験記

頭金なし住宅ローン無謀や後悔

無謀な住宅ローン頭金なしマンション購入後悔|独身購入の悲劇体験記

住宅ローン払えない。

この言葉に該当するような悩みについて、以下のような内容も書いています。

住宅ローンで生活苦になった人のブログ探しという視点でもご紹介しています。

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローン貧乏地獄

住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン大変ブログ

住宅ローン大変ブログで見抜く現実と対策準備

住宅ローンに後悔する人のブログに多い共通点。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う間に見る時のチェックポイント

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

住宅ローンを延滞するとはどういう意味なのかもご紹介しています。

住宅ローン滞納

延滞とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン滞納ブログ

住宅ローン滞納ブログ

住宅ローン滞納ブログを見る時の3つの注意点

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

住宅ローン1ヶ月滞納

住宅ローン1ヶ月滞納

住宅ローン滞納1ヶ月が重要な根拠と行動すべき事

住宅ローン払えない時自己破産回避術

住宅ローンが払えない時自己破産前の選択肢マンション編

車や保険、スマホなどを合わせてローンはいくらなら生活に困らない?

ローン月々いくらの悩みまとめ

ローン月々いくら?住宅購入前の見直し方計算式に多い失敗後悔体験記まとめ

破綻予備軍にならないための内容も書いています。

住宅ローン破綻予備軍

住宅ローン破綻予備軍になるな!地獄を見たから伝えたい実体験

住宅ローンはあくまで審査が通ればマイホーム購入が確定しているわけではない。

あくまで、審査通過ということは、その金額を完済するまで、返済の日々が始まるというゴングが鳴っただけの事。

頭金なしで住宅ローン組んだらどうなる?

この意識をどう考えておくことが自己破産や家を手放す未来を防ぐことにつながるのか?

このサイトでは、住宅ローンが払えない。

こんな状況にお悩みの方からその予備軍となるリスクを今まさに何か抱えていると思われるご家庭に少しでも情報をお届けしたいと思い、運営をしています。

サイト管理人JKと申します。

今回の記事では、頭金なし住宅ローン後悔という言葉に該当する予備軍にならないために何を資金計画としておくべきかについて以下の項目でご紹介しています。

頭金なし住宅ローン効果は絶対?

頭金なし住宅ローン後悔典型例

頭金なし住宅ローン後悔防止策

必ず頭金なしの人がローン返済中の生活が苦しくなったり、後悔してしまうのか?

将来の老後や子どもの教育関連における出費、貯金などを考えた時の生活費を圧迫させないための計画の為にご覧ください。


スポンサーリンク

頭金なし住宅ローン効果は絶対?

頭金なし住宅ローン後悔
必ず頭金を用意しないとローン審査後は破綻とか自己破産を免れる事は無い。

こんなことを言いたいのではない。

頭金なしを選択するのは、結果論に過ぎない。

しかし、頭金なしの状況を作る上で、どういう背景があったのか?

住宅を購入するために借入をする上で、貯めておくべき金額には理由がある。

いくら銀行に相談しても、相手は価格とそのローンを今組む時としか答えてくれないことも多い。

借りる人がフラット35を含めて、人口減少で減っている。

金融機関は少しでも多くの融資をしたいと考える。

こうなると、言われるのは今かかる手数料や保証料を考えること以外の多くの不安に目を向けない。

この点が非常に重要になる。

頭金なし住宅ローン後悔該当にならない人の特徴

結果的に頭金なしでも家が買えた。

それに、今の生活も落ち着いていてあの時の選択は間違いではなかった。

こうした家族での会話が弾む幸せな家庭になる人もいる。

でも実際にこういう人は何を気をつけていたのか?

これは非常にしっかり細かな生活費や貯蓄に対する意識が出来上がっていただけ。

具体的には以下の様な計算が全て成り立っていなければいけない。

  • 年収ではなく、手取りに基づく計画を行う。
  • 現在割賦販売や分割払いで購入した商品は一切ない状態での住宅ローン審査通過。
  • 子どもの進学や進級など新しい動きが1年程度は無い状況での家計の計画。
  • 車の車検、保険料、火災保険、住宅ローン諸費用等はしっかり現金で最大機関を一括精算。

このように、数年におけるリスクを今の貯金から管理が出来る条件が整った場合での頭金なしを計画した結果。

こんなの自分たちも計画した。

こう伝える人もいるかもしれない。

しかし、それがなぜか天国と地獄を分けるような未来に分かれている。

この違いは何?

 

頭金なし住宅ローン後悔の典型例

頭金なし住宅ローン後悔対象者

なぜ自分の計画はここまで誤算続きになってしまったのか?

こんなに苦しい生活になるくらいなら家なんて買わなければ良かった。

やっぱり無理なローンを組んでしまったのかな?

こんな気持ちになってしまう人もいるのが現実。

ではなぜこういう人がいる?

その理由は分からないではなく、考えていなかったというのが正しい答えになると私は伝えたい。

住宅ローン頭金なし後悔パターン

結局は、頭金なしを選んだ理由が大きな始まりになっている。

頭金なしの理由にこんなことを想像していたなんてことありませんか?

  • 貯金はあるけど他に使う用事があるから今頭金で出すのは避けたい。
  • 今ローンに上乗せしていいなら、まとめて月々で払う方が楽で良い。
  • 諸費用やその他の必要な金額も全て住宅ローンに合算しよう。

これは明らかな誤算ではなく、無謀な計画としか言えない。

何故そう言い切れるのか?

最も重要なのが、一番最初の考え方。

今頭金で出すのは避けたい。

この言葉があるということは実質的な貯金が1年以内又は、2年以内でマイナスされた時、残高はいくら残る?ということがイメージされていない。

例えば、200万円の貯金があったとします。

この状況に頭金なしを選ぶとしても先ほどの事例のように、将来に支払いが無く、2年後まで何事も無ければ、貯金が減らないという人もいる。

しかし、この状況を全て使う予定があるお金という人はどうだろう?

3ヶ月,4ヶ月,6ヶ月先でもし、何か子どもの関係で新しいお金が動いたら?

妊娠が発覚したら?

このような事態が起こっただけで、もうすでに貯金はマイナス状態におけるスタートになりますよね?

これでは、頭金なしだけでなく、実質的な使える貯金なしという言葉が正しい状態になる。

でも銀行はその状況を別に精査しているわけではない。

あくまで200万円または、100万円でも貯金があるという事実を元に審査を進める。

当然、借り換え等を検討しようと思っても、1年未満は、審査そのものが難しいとされるのが住宅ローンの仕組みでもある。

よって、誤算が完全に形になった時、もう生活費が足りない。

貯金が出来ない。

子どもの教育の資金が足りない。

急な病気やケガの対応で家計が火の車。

このような状況に陥る。

だからこそ、あくまで貯金があるという言葉は、実際に残っているお金ではない。

この言葉をまずは意識しておくことが本当の意味で大切なのです。

 

頭金なし住宅ローン後悔の防止策

頭金なし住宅ローン後悔防止

では最後に、住宅ローンを頭金なしで審査を通過させながらも、月々の返済でも困らない生活を手に入れるために出来る事は無いのか?

この考え方をよりシンプルにカンタンな方法で仕上げる方法をご紹介していきます。

頭金なし住宅ローン後悔防止は無いを基準

例えば300万円、400万円、500万円の貯金があったとします。

この預金残高をあなたはどう管理しますか?

Aすべての金額を1つの口座に入れておくことで金額が貯まっている事に精神的な心を得る。

B必要最低限をメインの引き落とし口座に入金し、残りは貯金用として別口座にまとめて預け入れを行う。

C目的ごとに複数の口座を開設し、それぞれに数ヶ月後、1年後、2年後等の用途で分けておく。

この中で最もリスクを避けられるのはどれか?

答えは、A☞B☞Cの順にリスクは回避されていく。

なぜか?

単純に考えていただきたいのです。

人は口座の残高が100万円あると自分で残高確認をしたら1万円の価値は低く考えてしまう。

しかし、この口座が、1万5000円しかなかったら?

お金が無いと思いながら慎重に対応しようとする。

これは、忙しい時ほど、別の口座の残高まで頭がまわっていない状況での意味もあるのです。

結果的に、私も今の生活はまさにこれと同じことをしています。

最初の新築マンションを購入した時には、全てをメインバンク一つにしていました。

しかし、最近は、もう引き落とし口座としての考え方を持つ口座には、3万円程度の誤差修正の入金残高しか毎月残らない。

その他の預金は全てそれぞれの口座に分かれています。

医療保険の年払いの引き落とし

地震保険火災保険の引き落とし

学資保険の引き落とし

これも全てバラバラの口座。

管理が大変そう。

そんなことを言ってることが甘いと私は思う。

それぞれの口座が毎年同じ金額で引き落としが行われる。

この口座に毎年積み立てられる家計が無くて、どうして今から固定資産税を含めた住宅ローン返済の計画が立てられるのか?

逆に私はこうした考え方を求める。

スマホの割賦販売でも結果的に、2年、3年に一回は機種変更をしていく。

毎年家族3人、4人で、毎月1万円以上の通信費を最低必須維持費としていく必要もある。

更に、自宅のインターネット回線も必要。

光熱費、水道代だけでなく、マンションなら、管理費、修繕積立費も必要。

浄化槽のある一戸建てなら、数ヶ月に一回点検費用が必要。

この様なこれまでの賃貸物件に支払っていた家賃以外の費用が必ず掛かるのが不動産購入。

これを踏まえて、さらに、金利の上昇があった時にも備えが必要なのが、変動金利選択の場合や3年5年10年の固定金利選択。

こうした口座管理が徹底できた上で、あなたの銀行口座に頭金なしの条件で、さらに予備の金額が100万円残せるか?

これが大きな目安になるのではないでしょうか?

資産管理を年単位で考える

会社の将来に不安を感じる者も多い。

自分たちの予算を大きく上回る金額を利用できる事が本当に得か?

今から考えて準備しなければいけない将来の老後や子育ての予算は?

支払うのは毎月で叶えることが出来る住宅購入。

しかし、年齢を35年と考えた時、もちろん今の通りの年収で住まいを手に入れる事など考えてはいけない。

土地も家屋も資産価値の下落の可能性もきちんと考える。

総額とは、手数料を含めた完済までに要する期間をいしきしなければ問題の本質は見えてきていない。

収入が多少変動しても、10万円単位できちんと借入金の試算を考えることが大事。

結果的に購入後の生活への影響で日用品の買い物の事を言うような夫婦の会話が増えたらかなり深刻と思ったほうが良い。

きちんと、借入れをする際には年間の負担を考えたプラン作りが大切。

購入前のリサーチ方法

ただ単に貸し出してくれたから得とか金利が低いからというポイントを叶えるきっかけにしてはいけない。

賃貸マンションやアパートと違うのは、住み続ける際に費用負担の内容が変わる。

もちろん、自分たちで修繕したり、維持管理する費用も増える。

人気の土地やエリアなら固定資産税が増える可能性も今後の設計の中でできる限りデータを集める必要もある。

将来子供が増えてリフォームをするとか年数が10年20年と経過して水まわりの故障がたくさん増えてきたときのリフォーム予算の設定は?

家はトータルでチェックする事が大事。

どこまで想定を増やすことが出来るかが住宅取得後の鍵となります。

いろいろな人が無謀と感じながらも消費税などで焦りを感じている。

実際にどんな悩みがあるのかを掲示板で見ておくのも大切だと思います。

3500万の借入を悩む人の心境(マンションコミュニティ)

36歳3000万頭金なしについての周りの意見(Yahoo不動産)

頭金なしで家って変えるもの?(ガールズチャンネル)

手放した人のコメントのあるスレ

頭金と預金残高について語るスレ

頭金なしで家を建てた知人の行動に疑問を持つ(yahoo知恵袋)

新築マンションの手付金や諸費用に多い誤解(yahoo知恵袋)

家買った年齢と貯金ってみんなはいくら(ガールズチャンネル)

 

スポンサーリンク