スポンサーリンク


早く今の賃貸生活を抜け出して、自分のマイホームの為にお金を使いたい。

家を購入すれば、老後に家賃の支払いから解放される日々を送ることが出来る。

多くの人が、日本全国どこに住んでいていても同じようなことを考えて家を買う。

実際に返済を終えたら、住宅ローンも金利も関係ない。

自分の資産として、自由に必要なメンテナンスをして、生活することが出来る。

確かに無理のない返済計画を立てることが出来れば決してお金的にも家を買う事が難しい派内ではないはず。

しかし、実際には、マイホーム購入後に住宅ローンを後悔している人は徐々に増えている。

支払いを続ける事が困難で、限界を感じる理由は人により異なる。

  • 会社をリストラ、解雇された人。
  • 妊娠、出産により共働きが難しくなった。
  • うつ病や精神疾患で働く事が難しい状態になった。
  • 子どもの数が双子、三つ子などで予定より増えてしまった。

いろいろな自分たちが当初ローンを組む前に支払いをしていた内容とは異なる返済開始より先の新しい動き。

しかし、こうした事を含めて会社を辞めたいと思った時にも毎月の返済を続けなければいけないのが不動産。

車のように乗り換えたいと言って査定に出したら、想像より高く買い取りがあったから買い替えた。

こんな簡単に出来る話ばかりではない。

自分の子供の学校や教育に関わる内容を含めて結婚後の生活で住宅ローンなんて組むんじゃなかったと口にする人の共通点と回避策をご紹介していきます。

これまでにも住宅ローンを後悔しているという人の内容をご紹介してきました。

ローン月々返済額

スポンサーリンク

ローン月々返済額家のシミュレーション後悔注意

頭金なし住宅ローン後悔

頭金なし住宅ローン後悔が多い理由は簡単!破産予備軍になるな!

ローン月々家と車

ローン月々車と家どっちが優先?繰り上げ返済に多い悩み


住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン借りすぎた

住宅ローン借りすぎた後悔原因|給料に対する割合を間違えた悲劇と現実体験記

住宅ローンギリギリの生活と失敗思考

住宅ローンでギリギリの生活者が2019にやるべきこと

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい体験記ブログ

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローンに後悔する人のブログに多い共通点。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う間に見る時のチェックポイント

住宅ローン生活苦しい

住宅ローン生活苦しい時相談してはいけない相手

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

実際に、ローンを払えなくなった先に出てくる用語も正しく知っておくことが大切。

住宅ローン滞納

滞納とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

破綻予備軍にならないための内容も書いています。

住宅ローン破綻予備軍

住宅ローン破綻予備軍になるな!地獄を見たから伝えたい実体験

滞納、延滞、遅延いずれも毎月の月々の返済額すら難しい現実。

そもそも頭金なしで住宅ローンを組むという発想もあまりよいことではないこともご紹介しています。

頭金なし住宅ローン中古マンション選び方

頭金なしマンション購入は無謀?独身購入の悲劇体験記

頭金なし一戸建て貯金額

頭金なし一戸建て貯金はいくら残す?

頭金なし中古家を買う選び方

頭金なしで家を買う中古で後悔する簡単な理由

頭金なし住宅ローン銀行選び方

住宅ローン頭金なし銀行選びに必要なデータ

頭金なし住宅ローン2500万と年収目安

頭金なし住宅ローン2500万の安全確認ポイント|苦悩体験記

頭金なし住宅ローン2000万無難な年収

頭金なし住宅ローン2000万が無謀な人と安全な年収

頭金なし住宅ローン1500万後悔

頭金なし住宅ローン1500万も厳しい?家が欲しい人の注意点

結局は、自分で決めた時の頭金と含めた毎月の返済計画の資金計画の誤算が原因。

これが全ての住宅の種類を問わないそもそもの原因。

でも、多くの人が初めての家探しや住宅購入であり、銀行や不動産会社の言っている事以外なかなか誰にも相談する先がないという現実。

結果的に不動産購入に得や価値を感じる事がない生活に突入する人を救うために、記事を書いています。

私のサイトは、住宅ローンが払えない破綻予備軍にならないための情報。

今実際に延滞、遅延、滞納、任意売却や差し押さえ直前の人がまず相談するべき相手の選び方。

このような内容を自らが27日口座残高が数百円という地獄の貧乏生活を送ったからこそ伝えたい現実からご案内しています。

今回の記事では、結婚後住宅ローンに後悔をする人の返済計画の特徴について、以下の項目でご紹介しています。

結婚後住宅ローン後悔原因3つ

結婚後住宅ローン後悔の防止策

結婚後住宅ローン後悔への対応

自分たちが今子供もいて、物件の支払いを止めるわけにもいかない時、どうすればいいのか?

今まだ契約をしていないが、収入と生活、家族という3つに対して、マンション、一戸建てにも迷っていつ購入しようと思ってる人は資金計画の見直しから。

まずは出来る事をきちんと段階を経て、誰からも無理のない返済計画ですねと言ってもらえるような生活を送るための方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

結婚後住宅ローン後悔原因3つ

結婚後住宅ローン後悔

私は今注文住宅一戸建てを購入して子どもがいる家族での暮らしを自分の収入の範囲内できちんと返済に無理がない生活を送っている。

この計画も過去の経験があったからこそだと思っている。

住んだこともない新築マンションや戸建て住宅での暮らし。

結婚して子供が生まれて、その後に今ホーム購入。

老後までの貯金を考えると、タイミング的にはいつが理想!

こんなライフプランに沿った資金計画を考える家庭は多い。

結婚後の毎月の貯金から年間の支出、旅行や子どもへのプレゼント関連、教育資金等無理のない計画とは何か?

この答えに反する典型的な大きな見落としをしている選択をご紹介していきます。

結婚後住宅ローン後悔原因1.年収と借入金

超低金利時代。

こんな文字にこれまでには全く家を買うなんて考えることも無かった人たちが行動を起こす事も多い。

人口減少、空き家増加。

こうした響きに中古の物件に関心を持つ人も増えた。

しかし、この時住まいを持つという事に対して住み続ける生活の資金や勝手からの税金よりも今の年収に見合う住まい。

こんな探し方をしている人があまりにも多い。

私は自分の周りにいる相談者には、払い続ける生活をするなら、年収ごとに選択するべき物件の価格は以下のラインが限界と伝える事が多い。

年収300万なら1500万

年収350万なら、1750万

年収400万なら、2000万

年収450万なら、2250万

年収500万なら、2500万

年収550万なら、2750万

年収600万なら、3000万。

この金額は正直、高いラインの借入金額と伝えている。

なぜそう言い切れる?

この答えは、金利の選択を含めて、夫一人がすべてを完済出来る可能性を考えた私のマンションも戸建も買って住み続ける生活で感じたボーダー。

正直、これ以上のローンを組んで購入する計画は将来結局は審査を通った時が人生のピークタイムだと思った方が良い。

実際に、以下のような情報に同じ建物でも組んで後悔してる人は嘆き始める。

土地と建物にかかる固定資産税。

どんなタイミングなのかによっても異なるが妊娠、出産など子供の誕生を控えてる家庭が実際に家族が増えた時。

妻がこれまでと同じようにいつでも働ける可能性が低い時の安心の欠落。

これらはまさに、今後の焦りや不安しか感じられなくなっていく。

結婚後住宅ローン後悔原因2.タイミング

なぜ今住宅ローン組んでまで家を買う話をしたのか?

もっと先の将来でも良かったのではないのか?

住宅ローン審査という問題について、現在も申込時期に悩む人は多い。

それは、完済時年齢が審査の中で最も優先順位の高い対象項目であるという問題から始まっている。

住宅ローン審査を受けるための情報を調べた結果、年齢が多くの安心の要因となる事を知った人は今後のタイミングよりも実際今買わないと買えないと考える人もいる。

しかし、そのタイミングと先ほど伝えた借りすぎの目安が全くイメージできていない。

  • 子供で第2子が欲しいと言っている家族計画。
  • まだ生後数ヶ月で実際の家計の違いが分かっていない頃。
  • 営業などまだ実際の年収の安定が分からない頃。

このようなタイミングでちょっと勢いにのったタイミングでまとめた金額を一気に動かそうとする人も多い。

このような人は適用年齢という焦りから、少しでも将来の老後のリスクという言葉を掲げて女性を説得しようとする。

この結果、子育ての資金も曖昧すぎたせいで、少しおむつ代が高くなっただけでも家計はひっ迫。

さらに、生命保険などの加入なんて事になれば、まとめた費用の捻出はさらに厳しい。

こんな状況から、火災保険の費用まで見る余裕はどこにあるのだろうか?

こうした内容をきちんと最初から安く見積もるのはやめた方が良い。

安い分に越したことはない。

しかし検討をする際には、何もかもを少し高く考える。

これが基本として住居を維持するための将来のリフォーム資金を含めた検討には欠かせない情報となる。

結婚後住宅ローン後悔原因3.共働き

結果的に今後の生活で今の年収は合算時の合計額。

このような家計になっている人が、いきなり住宅ローンを組むのは正直借金として女性にリスクが大きすぎる。

正直、金融機関は年齢と年収、健康状態に問題がなければ、誰でも審査を受けることは可能。

しかし、その後の働き続ける事へのリスクは当然女性の方が体力的な限界や子育てに専念する必要性を考える場面も出てくる。

例えば以下のような未来が待っている可能性もある。

  • 更年期障害を患って、日常の生活も大変な時期の生活。
  • パートやアルバイトでの人間関係からの転職を考える。
  • 子育ての育児ストレスから自分を追いつめてしまう時間。

誰でも簡単にいろいろな人生の中での悩みを抱える時間がある。

これからの事を考えるなら、少しでも苦しい時を想定しなければいけない。

その中でも、その後の出費を長期に返済できる。

これが絶対的に安心だと言える条件を考えなければいけない。

それが、いきなり、家族の幸せの為に、夫と同じ年収を長期に考えて、その返済を背負う。

こんな状況を契約書で書いたら、離婚をするとかそういう時にも絶対あんなことをなぜ決断したのだろう!と嘆くときが来る。

時代を問わず、家族を守るための家づくりというのは、結果はどうであれ、夫がすべて背負って、亡くなった時には妻と子どもに家を残してあげられる。

これが本来の形だと私は伝えたい。

どう時代が変わっても夫婦の生活があるのに、奥さんの年収や稼ぎを使ってまで借り入れを行うのは絶対にダメ。

怖いのは、夫の畑亡くなった時に妻一人にその重荷を背負えと言われた時である。

このことを十分理解して考えて欲しい。

 

結婚後住宅ローン後悔の防止策

結婚後住宅ローン後悔回避策

家を買うと決める時期の多くは、30代40代が中心。

まさに子育て世代まっさかりの状況。

しかし、この先の事を多くの人は知らないまま何とかなるとか節約して生活を維持するという言葉を考える。

これがそもそももう古い考え方だと私は伝えたい。

値上げラッシュの時代に生き残る暮らしの設計

  • 資材高騰化。
  • 食物の不足
  • 消費税増税

車一台でも徐々にサイズは大きくなって、3ナンバーが当たり前の時代になってきた。

暮らしの中では自然災害が毎年のようにニュースに流れ、暮らしへの影響を多くの人が怯え始めている。

そうした中でも、自分たちの住まいだけはきちんと守りたいと考える。

この流れの中で最も対処になる考え方は、あくまで生活の維持は、節約ゼロを基準で考える事。

ただでさえ、いろいろな事に費用が掛かるようになっていく。

この事態に節約を次から次に言われても限界はすぐ来る。

暮らしというカテゴリーの中に何をこれからは含めていく必要があるのかを一度リストで一覧にして書いてみて欲しい。

長期計画の中で、子どもの年齢に合わせて絶対に必要になる資金。

これが時系列に沿って、きちんとまとめられる事が当然必要になる。

  • 3歳から6歳幼稚園、保育園無償化時期の食費や被服費の変化。
  • 7歳から12歳の小学校時代の習い事やお小遣いなどの変化。
  • 13歳から15歳中学生時期に部活などに必要な出費や塾通いの費用。
  • 16歳から18歳の高校生時代に必要な学費や通学費などの経費。

たったこれだけの事だけでも、今の年収が全く同じでも毎月の経費はかなり変わってきますよね!

この間に夫が転職をして、今の年収より良い方向にならない状態で安い仕事になってしまったら?

こんな未来が待ってるとしたら、一気に転職した後は地獄の日々になっていく。

固定金利とかフラット35、変動金利による金利上昇リスクなんて問題よりもよほどこういう現実の内容をまとめた金額の方がリアル。

忘れてはいけないのは、目の前にいる子供たちに必要な年齢に応じた費用。

このまとめも何も用意していない人に35年の返済を失敗なく返済するのは無理があります。

 

結婚後住宅ローン後悔への対応

住宅ローン後悔とマンション購入前にやるべきこと

もし今のあなたがもう売却しか方法がないのかもしれない。

今頃になって、あの時に調子に乗りすぎて借りすぎたのが原因だと嘆くような生活になっているなら、まず検討するべき内容をご紹介していきます。

結婚後住宅ローン後悔から離婚を避ける

最近、多くの主婦ブログで、夫のリスクを考えない無計画な行動にもう限界だという声が増えている。

夫婦でやっていくという価値がほとんどない。

むしろ、子どもと自分だけの暮らしなら、そこまで無理がない。

結果的に、夫の娯楽や借金、会社をすぐに辞めるなどの行動と年齢からリスクしかないという人が増えている。

もっときちんと、最初からこういう家族が一緒に居られる事の幸せへの配慮をしていたら、違う選択が出来たのかもしれない。

こんなことを将来に感じるような家を買わなくても正直生きていけるんですよ。

なぜそんなに多くの借り入れをしようとしている?

まずこの言葉を大きく一呼吸おいた上で、買わない時のリスクを考えてみてください。

きっと、今の仕事と同じように、将来に疑問を抱えてる人は冷静になれるはず。

その先に課題が増えると思ったら、もっと目の前の妻や子供の幸せを先に考えてあげてください。

何をするのが本当の意味で大変なのか?

この答えは、単純に借金がある事です。

だったら、素直に売却を考える事が結婚後の生活を守り続ける為に最初に考える選択だと思ってほしい。

結婚後住宅ローン後悔から破綻を避ける

自己破産をする状況を今の住まいで経験するのはプライドが許さない。

こんな男性も多いかもしれない。

しかし、プライドなんて今すぐ一括で完済することが出来ないあなたが口にできるようなものは何もないんですよ。

プライドに価値なんて何もない。

目の前にあるのは、貯金が出来ない生活資金とあなたの借入に対して年収が低いという現実のみ。

結果的に、とにかく先に考えるべきは、今の自分の住んでいる家に住み続けて良いと言ってもらえる状況があるのか?

この方法を知るには、弁護士に相談することが最も近道なんです。

住宅を購入した先に返済に苦労した人が全て自己破産の必要があるのか?

それは大きな間違い。

これも全く知らない人が単純にそれしか思っていないだけの先入観の塊でしかない。

だからこそ、きちんと情報を知った上で、今の暮らしを保つことが出来る方法を知る。

これからの時代にマイホーム購入後の困ったときの返済相談をするべきは銀行ではない。

知人や会社が肩代わりして支払いをしてくれるわけでもない。

だけど、住み続ける方法はある。

この方法を私は、弁護士相談で知ることが出来たんです。

スポンサーリンク

私の体験については、

住宅ローン返済に困ったらどうする?体験者が語るにてご紹介しています。

スポンサーリンク