スポンサーリンク

住宅ローンを組んでみたい。

自分の家を購入する人の多くが選択することになる住宅ローン。

普段の生活でも多少の期間を選択しながら、返済を行う事にどこかで人が慣れてきている感覚もあるのかもしれない。

キャッシング。

カードローン。

車(マイカー)のローン。

教育ローン。

フリーローン。

最近では、30日間無金利ローンという返済期間が1ヶ月以内という条件付きで、リスクなく借り入れを可能という情報さえ存在する。

結果的にマイホームを手に入れる事が出来るきっかけになりそうな関連情報がネットで簡単に手に入るようにもなった。

こうなると、マイホームを計画する時、実際に必要な情報はまだピースがそろっていない状態の人も金利次第で勢いまかせに組んでしまう選択も生まれやすい。

変動金利が安い

固定も3年、5年、10年あるなら、何とかなるかも。

フラット35が1%台の金利はチャンス!

こうしたちょっとした得に飛びつく認識はあくまで家を買った後を知らないから簡単に考えすぎている。

でも一方で住宅ローンだからこそ、破綻という文字がある。

破綻となれば、その後の人生は一変してしまう。

何よりも夫本人は、自分が破綻した一人である事から精神的なショックを受けて立ち直るのに時間がかかることもある。

私自身も賃貸とマンション、一戸建ての購入をしたからこそ伝えられている。

もちろん、家計に対して、十分いろいろな事を見て、何にいっくらが必要なのかを明確に出来た上での状況なら問題が無いことも多い。

しかし、あくまで住宅家賃がローンに変わっただけ。

こんなノリ的な金額の支払先が変わる程度の認識のタイプの人は要注意。

あなたは銀行からの借入可能額を過信していませんか?

住宅ローン借りすぎた

スポンサーリンク

住宅ローン借りすぎた後悔原因|給料に対する割合を間違えた悲劇と現実体験記

住宅ローンギリギリの生活の見直し方

住宅ローンがやばい!ギリギリの生活者がすぐにやるべきこと!

住宅ローン教育費苦しい時の対処法

住宅ローンと教育費で苦しい時どうすればいい?夫婦でまずやるべきこと!体験記

住宅ローンで生活苦になった人のブログ探しという視点でもご紹介しています。

住宅ローン生活苦ブログ

住宅ローンで生活が苦しいブログから学ぶべき現実と失敗対策

住宅ローン貧乏地獄

住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローン大変ブログ

住宅ローン大変ブログで見抜く現実と対策準備

住宅ローンに後悔する人のブログに多い共通点。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローン後悔ブログを家を買う間に見る時のチェックポイント

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

住宅ローンを延滞するとはどういう意味なのかもご紹介しています。

住宅ローン滞納

延滞とは?家のローン返済に困る時の準備対策用語

住宅ローン滞納ブログ

住宅ローン滞納ブログ

住宅ローン滞納ブログを見る時の3つの注意点

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン一週間滞納

住宅ローン1週間滞納はどうなる?体験ブログ

住宅ローン1ヶ月滞納

住宅ローン1ヶ月滞納

住宅ローン滞納1ヶ月が重要な根拠と行動すべき事

頭金なし住宅ローン後悔

頭金なし住宅ローン後悔が多い理由は簡単!破産予備軍になるな!

ローンはいくらにしておくべきなのか?

ローン月々いくらの悩みまとめ

ローン月々いくら?住宅購入前の見直し方計算式に多い失敗後悔体験記まとめ

この様な内容に共通してくる部分は必ず存在する。

何を考えておけば、今後自分が危険な状態出の生活を余儀なくされるようなことがなくなるのか?

金利の上昇の影響とか2017年から2018年にかけてのリスクとかそんな単純な見方ではまだまだ甘い。

このサイトでは、住宅ローンが払えない。

こんな状況にお悩みの方からその予備軍となるリスクを今まさに何か抱えていると思われるご家庭に少しでも情報をお届けしたいと思い、運営をしています。

サイト管理人JKと申します。

最近は、住宅ローン破産予備軍なんて言葉が検索として増えている実態。

この点について、事実上ほぼ破綻と変わる事もないような生活を見てきた私が伝えたいリスク回避。

今回の記事では、実際に私が自分の生活で危険を感じたマンション購入や不動産取得という流れについて感じたことを当初を振り返りながらご紹介していきます。


スポンサーリンク

住宅ローン破綻予備軍条件は変わる

住宅ローン破綻予備軍

スポンサーリンク

一昔前なら、以下のような行動にも多くの人は不安を持つ事もない状態があったかもしれない。

結婚したから家を建てる。

独身貴族でも今後の将来に備えて、自分の住みやすい条件にピッタリな物件をマンションで買う。

親が持つ土地が余っているなら、その場所で息子や娘夫婦が次の世代に向けて家を建てる。

こんな流れを持つ人たちが当たり前のように存在していた。

しかし、この行動がその後大きく人生が変わる要素が超初心者の計画でもそんなに大きく変わっていなかった。

しかし、最近は、絶対という言葉もかなり覆すことが簡単になったほど多様化する時代になった。

住宅ローンで失敗する予備軍の流れ1.夢

全体の市場では、当然大きな影響を与えているような数ではない。

だからこそ、私たちは一般的にニュースなどを見ていても詐欺などの報道に比べて実際に見ている事や事例を聞く機会も少なくなっているはず。

ただタイプ的に見た状態を考えていくと、私は次のような方法を考えている人たちは競売という人生に変わる因子を持っているかもしれないと思う。

頭金なしの住宅購入検討者。

共働きで最も年収が高い時を狙って購入を決めた夫婦。

生活の中で新築物件を一戸建てで希望している人。

人気の土地やエリアでの生活を計画している人。

☞現在の一定の情報だけをベースに家を選ぶ点も非常に危険。

どういうことなのか?

つまり、家を買うとか建てるという行動をあくまで一定のリスクを抱えているというよりも希望を前にして検討を重ねる。

住宅ローン利用者が増加したのは、2016年頃が圧倒的に増えた。

この理由は、大規模な金融緩和政策による影響なのだと思う。

しかし、その希望は、あくまで借りる前に年収が増えた事をきっかけにした。

これでは、自分たちのライフプランの先に検討要素が無い状態で計画していたとも言えます。

住宅ローンで失敗する予備軍の流れ2.頭金

最大で稼げた時の状況を想定。

その後も増えるを前提とした毎月月々返済額以外の貯金も増える前提。

教育も投資もあくまで余裕があるからこそできること。

この流れを勝手に余裕がある生活を送っている人という中に当てはめようとする。

結果的には、「こんなはずではなかった」

起業との間で月額の固定給の一部が多少削られる計算。

老後の生活の為に必要な貯金をしたいのに、消費税や固定資産税の増額による負担。

このような些細な動きに家計を設定しなおすことが出来ない。

こうなると、当然頭では想像がついてこないので、もう本当にいつ何が起こっても不思議が無い状態にはまっていく。

 

住宅ローン破綻予備軍は評価の見直しが大切

住宅ローン破綻の予備軍

結局少しでも調子が良いとなった時ほど慎重になる事がこれからの時代を生き抜く為には本当に大切。

今お金がかからない時期が一時的にあったとしても、結果的に本当にこの半年以上前からの期間が、特別な対策もなしに貯金額を大きく変動させていないか?

こう自分の胸に胸に問うことをしているとと、決して、借りておいて良かったと思えることは少ないはずなのです。

むしろ、安全という事情を配慮するなら、少しでもその余った分を約1年はそのまま何を手を付けないお金として残せるか?

こう考えるだけで、家賃以外の次のような轅にも柔軟な対応を取ることが出来る時期も見えてくる。

住宅ローンで失敗する予備軍はこんなことも見落とす

自分たちは大丈夫、安全だ。

この言葉をどこか楽観視しながらが考えている場合は、以下のような内容をまずはチェックしておこう。

マンションの固定資産税や修繕積立費や管理費は何年後にどれだけの金額があがる予定になっていたのだろうか?

一戸建ての購入を希望するなら、いくらを子供たちに残すべきなのだろう?

このように、将来の次の自分が子育てなどに必要な金額すら見えていない。

今必要な最低限度の家計合計額。

将来必要な最低限度の現状プラス加算分が含まれた家計合計額。

この金額が絶対と言っていい。

同じということはない。

いくら子供が小さくても、何か今とは違う方法で一定額が上がっていくことがある。

住宅ローン利用者でこげつくことが多い割合

結果的に売却、競売などに該当する人に多い特徴がある。

それは、年収の5割という言葉が重要

何が5割なのか?

生活に必要な以下の状況が全て計算された状況に対して、私はよく住宅ローンを組むとしても生活を含めた家計は、3割が限界と常々伝えている。

必要な物を買う費用。

貯金をする。

保険料の予備枠を作っておく。

子供が増える、増えた。

この様な状況を見越すとしても全て最大の金額を以下の3つで考える。

生活費全額(光熱費、水道代、ガス代、通信費、交際費、小遣い)

住宅関連費用(一戸建てなら住宅ローン、マンションなら管理費などの経費一式)

貯金額(毎月最大月々いくらを貯金するべきかを念頭にマイナスする分)

この対象が合計で5割を現状で超えた場合、間違いなく教育や今後増える課題にはついていけない。

ある意味たったこれだけの結果で、単純に生活の幸せ実感度が変わる。

この計算を私は自分の実際の経験があったからこそ、本当に注意してほしいと思ってしまう。

独身のマンション購入も増えてきた。

女子が結婚を頭にいれるよりも今の企業で仕事をしている間の方が幸せを感じるという人も少しずつ出てきている。

こうした暮らしも購入する前が一番幸せだったとなってしまうかどうかは単純に月額の計算の狂いが本当に少しずつ積み重なった結果に過ぎない。

常に対策を頭にいれなければ生きていけなくなる。

これからもし不動産を購入する事を考える人がいるなら、少しでも注意してほしいのが、1ヶ月の必要経費と貯金とローン全ての合計のプラスマイナス。

曖昧な項目はあってはいけない。

このくらいの気持ちでとりかかるべき課題だということを知ってほしい。

資産を持つのは値段ではない

よくいろいろな検索をしている人の中で、借入の可能額や限度額という視点が目立つ。

でも決して私に事前に相談をもらった時には必ず伝えている事がある。

「住宅ローンは通すことが目的ではない。」

「あくまで完済までの資金をあまり無理をしないプランならきっと購入前に比較しても幸せを感じられる」

別に私は特にお金をとったりしているわけではありません。

あくまで、無料で対応している。

多くの家庭が、夫の収入を軸として家族を抱えている同じ立場。

だったら、少しでも同じように元の生活より少しでもローンを組んだ価値を感じてくれた方が良いと思ってしまう。

新築マンションの苦労した話は、決して高くない管理や修繕などの費用としても例になっている。

ちょっとした病気をしただけでは別にローンは止まらない。

社会の動きの中で月収や年収が減額しても支払いは変わらない。

だったら、少しでも無理をしない考え方の方が大切。

今では私は家族のための万が一の資金を元保険の営業をしていた妻からいろいろな管理をしてもらっている。

こうした事を別に払っていけるようにしないと最後には子供たちに残せる資産以外の資金がなくなってしまう。

今を生きるだけでなく、完済できた時をきちんとイメージできる計画を立てましょう。

スポンサーリンク