スポンサーリンク

住宅ローン返済中!

もちろんまだ完済してない!

残ったローンを一括で返済出来る?無理です。

こんな時にも、もう今のローンの返済から解放されたいと思ってしまう人もいる。

もう賃貸でもいいから最初にこの家を売る事を考えている。

このような時にも対応してくれる不動産会社があるなら知りたい!

こんな声にこたえる無料相談の対応が可能な会社はあるんです。

今は抵当権がついている。

でもその費用を残債を一括できる資金が査定の金額で付いてしまえば抹消が可能になりますよね!

だからこそ、支払いを前提として、まずは理由を問わず1円でも多く購入した家を売却したい人は多い。

そういう人が資金などを気にしないで売却査定が出来る不動産会社が↓

住宅ローン払えない売るマンション


スポンサーリンク

ローンの残ったマンションを売るのは普通

 

別に家を購入してから売却する人全員が完済完了後という事はないんですよ!

一定数は、自分の購入したエリアの相場を先に流れとしてとらえている。

そして、住宅ローンを利用しながら、いつでも売却して次の物件に流れていく。

まるで分譲住宅物件を賃貸の飽きたら住み替えるみたいな感覚で過ごす人は多い。

でもこういう人は、とにかく査定額が上昇傾向ならどんどん動く決断をして得をとるポイントを見極めているんです。

何か問題や注意しなければいけないことは?

もちろん、自分がもうその家に住まないと決める際にも1点注意するべきことがある。

それは、「査定後の売却を決めた時でも、残債が多い場合は一括での完済を必要とする。」

この条件があります。

少しでも高く査定額が出てくれる事を願うしかないとも言えますが、もし高く売れない時には自腹分のお金がかかるのも現実。

だからこそ、きちんと自分の残高の分までは用意しておくことが重要。

他には、もし売れた時に利益が出た際には、翌年に税金がかかる。

だからこそ、自分でこれから売却する時に、利益も出た状態になったら、かならず税金関連の資金として保存をしておくことが一番安定する可能性が高い。

 

リフォームとか内覧とかどういう流れ?

 

家を売却するけど、今住み続けているから内覧と言われても、簡単に片づける位しかできない。

このような悩みを持つご家庭も多い。

しかし、このような場合も特に心配をする事はない。

  • リフォームをするような必要もない。
  • 家具などが多い時の方が間取りのスペースも分かりやすいという意見もある。
  • カーテンがある時の日当たりの違いも分かりやすい

このように、自分で思っているほど、そこまで周りは家具関連がそのままになった状態の内覧画像を気にしない。

一般的にどんな流れで進められるんですか?

もう自分が査定に出し、納得した査定額が出たら、独占契約を結びます。

その時に仲介手数料や全国に広告を掲載して反応を見るタイミングも時期としてどんなタイミングで進むのかを知る。

そして、売りに出すと決めると、すぐに現金での振り込み準備をしてくれます。

その時に、気にするべきは住宅ローン残債と銀行への手続きのtiming。

このような内容は、専門の不動産会社であれば、気にすることなく指導をしてくれます。

その流れの通りにきちんとタイミングを見て、銀行に話を持ち出し、対応してもらう。

こうすれば、もう買取の説明が終わって手続きを終えたら完了。

通常の書類のやり取りは、契約書の締結と同じ。

簡単で身近な話題で解説をするなら、車の買取査定と何も変わらない。

この場合も、結局は車のローンの残りがある時にも一括で精算が出来るような状態であれば、特にデメリットを感じない。

問題は会社の選び方の方が重要

通常多くの人は、地元の不動産会社に一度買取の相談をしたり、通常の書類などの話を聞いたりしている事が多い。

しかし、これはあまり賢い選び方とは言えない。

なぜか?

  • 買取は積極的にしたいが買い手が広告を多く使っていないため存在していない。
  • あまり高い金額で購入すると、売れないリスクを考える。

この様になりやすい為、出来るだけ早めに売りやすい金額を査定で出してくることも多い。

私も自分の地元の業者に出した時には、正直1000万円以上の差が出た。

これだけの差が生まれたら、買い替えの為でもひどいと思ってしまう。

だからこそ、業者を選ぶなら、できるだけ大手で全国から賃貸物件化を目的とする人まで含めていろいろな人を対象にしている会社に売りの相談をする事が大切になります。

スポンサーリンク