住宅ローン払えないマンション売る

スポンサーリンク

家のローン返済が厳しい。

住宅ローン残ってる状態でも売れるなら売却したい。

こう思ってる人も多いはず。

毎月の返済だけでなく、ボーナス加算をしている人も悩みを持つ。

住宅ローンボーナス払い払えない対策

住宅ローンボーナス払い払えない時やってはいけない事とすべき事

住宅ローン貧乏地獄

住宅ローン貧乏地獄の現実と脱出劇マンション購入体験ブログ

住宅ローンにおける後悔などについても記事を書いています。

住宅ローン後悔ブログ

住宅ローンブログを家を買う前に見る時の後悔チェックポイントと私の体験記

住宅ローン払えない時自己破産回避術

住宅ローンが払えない時自己破産前の選択肢マンション編

住宅ローン教育費苦しい時の対処法

住宅ローンと教育費で苦しい時どうすればいい?夫婦でまずやるべきこと!体験記

ローン月々いくらの悩みまとめ

ローン月々いくら?住宅購入前の見直し方計算式に多い失敗後悔体験記まとめ

不動産は、どうせ銀行や金融機関に相談しても住宅ローンが払えない時は、いずれ競売なんて流れになってしまう。

リストラなんて理由にすらならない。

他にも病気の際にも全てが対象というわけでもない。

でも競売による査定の額は、本来の市場価値より下がってしまう。

だったら、自分で相談して、少しでも高く売りに出せる方法を知った方が得だし、メリットも多い。

任意売却。

この言葉をまずは知って、抵当権がある場合でも誰でもカンタンにまずは今から依頼が出来る方法がある。

その方法をご紹介していきます。

もちろん、相談も見積もり査定も全て無料。

住宅ローンの残債があっても売れる!

まずはこの情報を私が実践した方法をご紹介。


スポンサーリンク

住宅ローン払えないマンション売却注意点

住宅ローン払えない売る

私自身が実際、マンションの残債ありの条件から、住宅ローン返済の状況を問わず、一度少しでも高く値段がつくなら売りたい!

こんな気持ちになった時、購入した後の残債あり物件について対応した内容をお伝えしていきます。

住宅ローン残債ありの影響力

住宅ローン払えない売る悩み

住宅ローンを払えないと今まさに悩んでいるご家庭の中では、今依頼に出してもメリットが薄いのか?

こんな自分たちの支払い状況という環境から考えてしまっている人も多い。

しかし、以下のような特徴がある。

マンションは完済前という条件でも別に査定そのものには何も影響がない。

債務を売却した時の買取根で精算が出来れば何も問題はない。

本当に売れた時には今住んでいる家から引越しを要する事情はあります。

しかし、ローン残債という問題が完済条件を満たす場合でしか売れないということはない。

抵当権があるとしても、結果的に完済をすればいい。

この事実を知らない人はまだまだ多い。

だからこそ、必ず債権者に売却の計画とか期間なんてことを相談する必要はない。

むしろ、相談することの方がデメリットが多い。

数十万でも裁判所からの命令で自宅を売却査定される時より高い方が得になる。

借り換えまで検討ができない人ほど競売にかけられる前に早く時期を選ばず売らないケースを問わず、手段として知っておく必要がある。

これがある意味、マンションだからこそチャンスになっているケースもある。

 

住宅ローン払えない時売る売らないも自由

住宅ローン払えない売る前の勇気

もし仮に、不動産会社の査定が自分たちが思っていた相場の条件よりも100万でも高いという場合なら、多くの人は売りたいと思ってしまうはず。

しかし、反対にこの相場の予想とは違い、査定額が完済分にも到底届かない。

その残りの分は一括精算してくれないと困る。

こんな状況に立たされたら、当然今あるお金で何とかできないから困っているのだから、売却を諦める。

決して、マンションの残債ありの条件で査定を出したら、スグに自分たちの理想と違いがあっても交渉を持ちかけて来るようなことはない。

あくまで、不動産会社もサイトを利用して申し込みをしてくれる顧客が売ってくれるなら、契約をした上で、具体的な利用を進めてくれる。

あくまで査定は、車と同じような感覚で良いのです。

売る気全開の人も売るかもしれないという人も査定に出すのは自由なんです。

住宅ローン払えないから売却は普通の選択

あと100万円、500万円と知りながらももう限界。

トラブル関連の話になる前に銀行の残高を問わず出来る事はやっておくべき。

現在の家計が一番難しいとなってしまったら、どうしても今の生活を優先するためにローンのボーナス払いが厳しいこともある。

買い替えを希望するケースもある。

結局は、自己破産や競売という状況に立たされる環境を抜け出したい。

こう考えるご家庭は、決してマンションなどの一括査定サイトを利用する意味がないということはないのです。

 

住宅ローン残債ありマンション査定に驚き

住宅ローン払えない売るマンション査定

私自身が実際にサイトを利用し、自分の持つマンションを査定に出したとき、驚愕の実態が分かった。

住宅ローン残債ありマンション査定の価値

住宅ローン払えないマンション売る行動

今の生活も困っているけど、子どももいるしこれからも生活は絶対にしていかなければいけない。

多くの家庭が自分の今の生活を続けていくために自分の家のローンを払い続けられない時には売っている。

この時、以下のようなメリットが実際に存在します。

法的な手続きをされるよりは、精神的な負担が軽い。

資金が必要ない。

こういうちょっとした少しの違いが、今の生活の中で対応しなければいけない問題に対してある程度時間を使える環境を作る。

もう自分の中では、限界。

こんな状態になるまで、精神的に追い詰められているとしたら!

まずは、数ヶ月先ではない、今の自分をもう少し楽にするための行動を取るべき。

私は正直、マンション査定を出してからは、生活を続けていく上で、かなり気分的にも資金的にも気持ちが楽になった。

まずは、今困っている状況に対して、冷静にこれから何をしておけば一番自分が楽になれるのか?

この考え方をご紹介していきます。

 

住宅ローン払えない時売るなら査定方法が命

住宅ローン払えない売るコツマンション

さまざまな商品が今はネットでなら買取が可能になってきた。

時計、アクセサリー、車、ブランド品、キャラクターグッズに着物や衣類。

とにかく、取引が可能な商品を各社業者ごとに分かれて問題を解決している。

単純に、売り手側からしたら、出来る限り高い金額を希望する。

しかし、不動産に限らず、以下のような内容は売買という契約の中での試乗では覆すのは難しい。

購入する者が少ない(需要が無い)商品は、価値が目減りしていく。

いくら自分が希望する査定額があったとしても、市場の1.5倍以上なんてことはどう考えても無理。

収入が減り、ローンが払えなくなった状態から、売買を1つ1つの業者や地元の不動産会社に訪ねても結局は、時間との闘い。

これは別に、買取対象一覧が並ぶ買取専門店でも同じことが言えますよね?

同じように、不動産も需要と供給が常に問われていく。

ではどうすればいいのか?

住宅ローン残債ありマンション査定のコツ

住宅ローン払えない売る注意点

今の状況で査定にかけて、通常程度の買取値段なら、いくらくらいになる?

車の買取等を行う運営サイトでは、よく最低価格から、最高価格の買取金額が出ている事も多い。

こういう値動きは、あくまで、借金の有無を問わない。

しかし、出来る限り査定に出す時に多くの査定を出してもらうことは、次のメリットを生み出す。

不動産を例にするなら、仲介手数料等諸費用と呼ばれる対象額の差額交渉。

融資を受けた借金全額返済に向けた価格目安と市場価値の動向への意見。

金額を少しでも上げてもらう為に出来る事の確認。

今査定に出すメリットデメリットの比較。

査定ではなく、賃貸にするという方法を用いる流れへの提案。

大きな子供がいて、引越し等にも書類など手間がかかる時、月々の学費なども銀行から教育ローンを借りる家庭も多い。

こうした時、月々の対処するべき対象が多くなり、何から取りかかるべきかを困ってしまうケースもある。

当然、貸していくことが出来るなら、ただ自分たちが引越しにかかる手間と料金が足りていれば、何も問題はなくなる。

結果的に、複数社への一括査定を行うということは、将来の選択肢への知識を増やす事につながる。

 

住宅ローン払えない時売る覚悟がない末路

住宅ローン払えない売る迷いの末路

一般的には、多くの過程では、できれば家を手放したくない。

出来る限り、返せる金額だけで何とかしのぐ方法を探したい。

このように考えている人も多いはず。

しかし、結果的には、家を出る出ないという相談に対しては、弁護士に相談するしか方法が無い。

担保とされている不動産。

あくまでローン返済の義務を負っている間は、債務者。

この状況から今の自分にできる事を探していく上で、無料で売る相談が出来るし、処理としてもネットで申し込みをすれば終わるのは、正直、査定のみと言える。

残債ありマンションの無料弁護士相談も時間と勝負

住宅ローン払えない売る相談

最近は、いろいろな相談を弁護士や司法書士でさえ、分割など安い月々の支払いと可能と言わなければ出せない家庭も増えている。

結果的に、出ていくような相談なら、せめてローンの残債が消える方法をもっと簡単に手に入れられたのでは?

こう考えたところで、所詮は人が入ったら、その人に任せる流れが強くなる。

銀行からの督促も迫っている。

自分たちが安い賃料の物件に引越しする覚悟も家族との話し合いだけで終わる。

こういう状況にもしあなたが追い込まれているなら、まずは売るための査定がスタートライン。

この査定額がきっと、新しい次の弁護士探しをする時にも時間短縮のヒントにもつながる。

個人が債務者であったとしても、今自分で出来る事はゼロではない。

だからこそ、まず自分で出来ることを済ませる。

利益をそこまで恐れる必要もない。

利益を出してはいけないわけでもない。

あくまで詳細は結果を見てから。

自分がもし病気でその結果、ローンがゼロになる制度の中にいるならあなたはもう既に申請を済ませているはず。

今このページを見続ける状況は、そういう状況ではないということ。

だとしたら、今の事情に銀行が応じてくれる可能性も低い。

自分のところに督促状を持って説明に来る連絡が来るのをあなたは黙って待ちますか?

それとも、一通りは自分のような事例でも即現金で支払うという会社を買い手として探しますか?

結果的にサイトで気軽に査定してもらい、その査定額を知ることで借り入れ額より少なくなるとしても強制的な退去を命じられる時より低いことはないはず。

だからこそ、先に査定を行っておく価値は非常に高いのです。

この考え方が非常に大切になります。

住宅ローン払えない売るマンション

スポンサーリンク