スポンサーリンク


自分の今の年収に見合う返済額がある。

年収が多い少ないではない。

返済負担率という言葉の存在をきちんと理解して無理のない期間と返済額を計画しなければいけない。

住宅ローンを利用する時にはつい自分の夢の実現のために収入における借入はいくらが可能なのか?という視点で考える人も多い。

借り入れとして4000万円が必要な物件が欲しい。

頭金をいくらか入れて、期間を30年、35年等で計画して借りるのは可能でもその後の生活は?

実際に家を買う事ができたとしても、その後のことをどの程度考えるかによっては簡単に自己破産や競売、任意売却という状況も可能性は出てくる。

これまでにも住宅ローンで4000万円を借り入れる年収とのバランスで1つの例をご紹介してきました。

年収650万4000万住宅ローンはきつい

スポンサーリンク

住宅ローン4000万年収650万は無謀?理想はいくらくらい稼ぐ人?現実体験記

ただ単にローンを組むという事を可能とする程度と借り換えなどもスムーズに行えるように考える視点は別。

あくまで情報として通すための情報を見たい人向けの内容を今回はご紹介していきます。

私のサイトは、住宅ローンを払えない破綻予備軍にならないための情報。

実際に返済期間中に生活が厳しい,苦しい,支払いがカツカツとか家計が赤字になっている時に相談してはいけない相手や相談するべき手順をご紹介しています。

私自身も新築マンションを購入後に毎月28日には口座残高が数百円という返済貧乏生活を1年過ごした経験がある。

今では新築注文住宅を購入して、ローンを組む生活を子育てをしながら教育費の用意を見据えた貯蓄もしながら平穏な日々を過ごしている。

今回の記事では、住宅ローン4000万円借りるにはどうすれば効率的なのか?という悩みについて、以下のような内容をご紹介しています。

住宅ローン4000万借りるには?無駄な思考

住宅ローン4000万借りるには?誤解注意点

住宅ローン4000万借りるには?成功ルート

私自身も過去に住宅ローン審査を利用して3度落ちた経験を持つ。

この時にはいくら頭金などの資金を用意しても無駄な事もあることを銀行担当者の説明から聞くことが出来た。

結果がどうであれ、まずは通す方法を知りたい人向けの内容としてご覧ください。


スポンサーリンク

住宅ローン4000万借りるには?無駄な思考

住宅ローン4000万借りるには

金額がある程度高いとなぜか人は何か情報を見る前についこんなことを考えてしまう。

  • 人脈
  • 心象や印象
  • 物件の価値

ある意味、情報として一部は関連する内容もある。

しかし、実際にほとんど個人が検討する価値としては意味がないという内容を知っておくことも重要な事。

住宅ローン4000万借りるには人脈もムダ

もう時間の問題で住宅ローン担当者という銀行の窓口担当者はいずれ消えていくと私は考える。

その理由は単純に、営業担当には何の権力も意味も価値もないからだ。

住宅ローンの借り入れ可能な額がコネで変わるなんて事があれば、返済負担率の意味も価値も亡くなる。

銀行は全て1円単位まですべてデータでのみ取り扱いを行う金融サービス機関。

つまりは、人の思考が介入するべき対象は存在していない。

よって、フラット35、変動、固定など金利をの種類を問わず、銀行の窓口の有無を問わず、基本として自分を売り込むという意味が全くないことを知ってほしい。

住宅ローン4000万借りるには頭金も無意味

頭金をある程度出す能力がある!

例えば、一昔前の発想で、物件価格の2割程度を頭金とする事が可能な人がいたとする。

4000万円なら、1割で400万円。2割なら800万円となる。

これだけの額を一度にねん出することができる事はそれは印象の良い行動と言えるのか?

そんなことは正直どうでもいい。

銀行が知りたいのは、審査基準の中では以下のような項目が重要になる。

  • 完済時年齢
  • 返済開始時の年齢
  • 返済負担率

このような状況をシミュレーションする上で、資産価値との整合性がどの程度採算が合うのかを知りたい。

実際に頭金が多いだけで、その後の人生にも安定的な収入が入るという確証はどこにもない。

  • 予期しない倒産の可能性。
  • リストラなどを行う可能性。
  • 本人が病気などで退職を検討する事態の発生。

このような内容も普通に出てくる時代だからこそ、頭金が負担の軽減となり、審査で優位な働きをもたらすというのはかなり誤解している対象と言える

 

住宅ローン4000万借りるには?誤解注意点

住宅ローン4000万借りるにはどうすればいい

出来るだけ夫婦の希望を家を将来手にいれる為には多少の無理を承知でもきちんと審査に通過する方法にたどり着きたい。

このように考える人の中には、以下のような考え方を持つ人もいる。

夫婦連名ローン申し込みとその後のリスク

年収1000万円の夫一人でローンを組むのは不安がある。

自動車やその他のローンを抱えている際には、出来るだけ無難な方法で審査を通過させようとする人もいる。

こうした時、少しでも余裕を見せる為に、妻の年収も合算させて通すような事を考える家庭もある。

しかし、審査を無難に通過させる状況としてオススメできる方法ではありません。

離婚のリスク

財産分与のリスク

片方が働くことが無理になった時のリスク

この3つの対応を必ずもう1人がすべてを完済するまで頑張るしかありません。

こんな状況を片方に何かあった時、背負わせる事が本当にあなたがマンションでも注文住宅でも家を買うメリットを感じる支払い方法と言えるのでしょうか?

子供がいる時に、月5万円程度は家賃でかかる可能性がある大学進学の時期の支払いは本当に大丈夫?

このような将来の想定をきちんと確認した上で、年収が少ない方がすべての負担を背負うことが可能。

今だけうまくいった状況から支払いを予定するのは決して得策とは言えないのです。

 

住宅ローン4000万借りるには?成功ルート

住宅ローン4000万借りるにはの第一歩

少なくとも、頭金が100万円、200万円、300万円と1割にみたない状態でも通過をさせる方法。

ローンをこれから組めるようになるために何をしておくべきなのか?

どこに申し込みをすれば通るのか?

こんな内容を知りたい人に環境の確認を含めてご紹介していきます。

住宅ローン4000万借りるには年収いくらが目安?

少なくとも金利が低い時期は、年収の7倍でも借り入れが可能になる可能性はある。

つまりは、極論で言えば、年収600万円以上なら、保証料の有無を問わず考えたら、通る可能性はゼロではない。

もちろん支払いを続ける無難な年収とは違い、どこの金融機関や銀行、サービスであったとしても金利が低いことはポイントとして大切。

金利が変わってしまえば、月々は6万円が8万円にも10万円にも変わってくる。

だからこそ、金利が安いのはどこななのか?

こんな違いを検索しながら知っておくことも大切になる。

でも自分たちの住んできた家賃相場がある程度大きな金額となるなら、そこまで金利が急激に上がる事が無ければ、しっかり年数を長くすることで支出のバランスはクリアするかもしれない。

住宅ローン4000万借りるにはどこで審査を申し込む?

新生銀行

楽天銀行

フラット35

ネット銀行

このように単純に審査基準を抜きに考えてみれば、金利が変わっても問題ないと思えば、変動金利の安いプランがある銀行を比較して総利息から選ぶことも探し方としては可能。

しかし、このような内容でもあくまで申し込みを行うなら、一括で行う方法の方がかなりリスクを回避することにつながっていく。

なぜか?

銀行を探し、1社ずつ審査を受けると、落ちた後の審査の難易度は上がる。

一度他の銀行が却下の判断を下した人。

このような状況で会社の状況や試算の細かな内容をチェックしてくる可能性もある。

こうなると、3000万円でも4000万円でもたいした違いがない状況となっていく。

あくまで毎月の返済額以前に続ける能力がありそうかどうかの判断は本審査が全て同じとは限らない。

理想通りの額を借りたいなら、まずは1度で同じタイミングで審査を行ってもらうことが重要。

この内容はあくまで自分の体験に基づく情報となる。

相場などは関係なく、あくまで自分の借り入れをしたい人は上限が銀行によって変わってくることも多い。

返済限度の年齢は、70歳もあれば80歳という条件を提示している銀行もある。

これはかなり大きく負担額も変わってくることが予想できる。

よって、自分の状況を知るなら、まずは複数一括申し込みを行ってその内容次第で自分の今後の将来を考えるポイントにするべき。

住宅ローン4000万借りるには若い方が勝ち

当然、金利が低いことも重要です。

しかし、借りる人の年齢が老後や年金生活になる年齢まで借り入れを行ってしまうとどうなるのか>

この答えは、自分の年金が足りないということになれば、簡単に老後破産や資産売却という元の暮らしに戻る必要が出てくることもある。

よって、住宅ローン審査を無事に通過させるように考えるなら、一括での申し込みをご案内したいと私は周りの人にも伝えている。

やはり資金よりなによりもある程度は1ヶ月単位で、ねんうぃおきちんと年間支出も確認しながら考える事が無難と言える。

スポンサーリンク